これはイイ!ヤマハCG192



ちょっと必要があってギターを買った。
エエッ!与太さん、ついにエステソ?サントス? いえいえ、そんな…。ヤマハのギターですよ。それも‘つるし‘の量産モデルCG192。 ところがどっこい、これが素晴らしくイイのだ。


DSCN5212 (560x560) DSCN5210 (560x560)


ヤマハは60年代の終わり頃から本格的にクラシックギターを作り出し、ヤマハグランドコンサートギター通称GCシリーズとして手工品の高級モデルをラインアップしてきた。同時に入門者用の量産モデル(CGシリーズ)も多数発売してきたが、音が硬くて音量感も乏しい、ネックが太く弾きにくい等々、量産モデルに関してはあまり良い評判はなかった。70年から80年代の入門者用ギターというと松岡製かアリア製あるいはコダイラ製と相場が決まっていた。そんなヤマハの量産モデルが2010年にラインナップを一新した。今回手にしたCG192はその量産モデルの中では最上位のもの。とはいえ、実売価格は6万円でおつりがくるレベル。入門用量産品とはいえ、かなり廉価だ。


DSCN5190 (560x560) DSCN5203 (560x560)

DSCN5196 (560x560) DSCN5194 (560x560)

DSCN5202 (560x560) DSCN5200 (560x560)


表板は松と米杉の2種類が用意されている(いずれも単板)。両モデルを試奏してかなり迷った。一聴したときの音量感で米杉のモデル192Cを選んだが、松モデル192Sも明るくクリアな音で十分に鳴っていた。横裏板はローズの合板。ネックはマホガニーで、かつてのカマボコ型の断面形状と違って半円形に近く、押さえやすい。指板にはこのクラスの量産品としては異例ともいえるエボニー(黒檀)を使用。それほど緻密な材ではないようだが、きれいに仕上げられている。ヤマハのカタログによれば、表板には5本のファンブレイシングとサウンドホール近くに短い斜めの力木が走っている。ペグは価格相応の見かけだが、巻き心地は滑らかで悪くない。弦長650mm。指板幅はナット部で52mm。全体の形、大きさ等はごくオーソドクス。その他見た目の特徴としては、ヤマハのHPにも書かれているように、ネックと駒の塗装がつや消しのマットな仕上げであること、ヘッド部に懐かしい音叉マークが復活していることなどがあげられる。細部の仕上げも、ヤマハ管理下の中国工場での量産製品として十分に品質管理されていて大きな不満はない。

以前のヤマハ量産モデルを知る者にとっては、このCG192の音は驚きだ。
まず低音から高音まで全体が豊かに鳴る。6本の弦を12フレットまですべて音出ししたが、どのポジションでもストレスなく音が出る。サステインも極めて優秀で、高音ハイポジションの詰まりも少ない。低音ウルフは60年代以降のモダンギターとしてオーソドクスなG#にあるが、それほど突出しておらず、その下Gから開放Eまで十分なボリュームをキープしている。和音の調和も良好で、ローポジションだけでなく、7フレット、8フレットあたりをセーハして出す和音も音量、音の調和感などでストレスを感じない。仕様書では高音弦が<ヤマハハイテンション弦>となっているのだが、そもそもヤマハハイテンション弦なる製品はカタログにはない。見るところ明らかに通常の弦より細くかつやや乳白色で、どうやらサバレス社のアリアンス弦が付いているようだ。

自宅に持ち帰り、手持ちのラミレス3世やハウザー3世他と弾き比べをしてみたが、音量感、全域の均一な鳴りっぷりは遜色ない。さらに、音色でもがっかりするようなところもない。量産モデルとしては異例に音の品位が高いのだ。 米杉とアリアンス高音弦という組み合せの特徴だろうか、高音域のピュアさが少し不足している感じはあったが、これも弦を例えばサバレスのニュークリスタルあたりに替えるとまた違った印象になるだろう。今回ぼくは、あえて表板が米杉のモデルを選んだが、音にクリアさと奥行きがほしいなら松のモデル(192S)を選んだ方がいいかもしれない。通常このクラスの量産楽器と、10倍の値付けの工房品とは、ちょっと弾いただけで世界が違い比較対象にはならないのものだが、このCG192は比べてみようかという気になるレベルに達している。

このモデルが発売になったとき、ヤマハのサイトで荘村清志が絶賛し、鈴木大介のブログにも量産モデルとは思えないとのコメントがあった。また設計担当の何木氏のコメントにもあるこのモデルの成り立ち等、今回手にしてじっくり検分して、それらのコメントがあながちリップサービスだけではないことを実感した。近いうちにこのギターを使って何か録音してみよう。


ヤマハによるこのモデルCGシリーズのプロモーションビデオ。…フランス語…わからない(^^;



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シフのバッハ:パルティータ



関東地方は相変わらずぐずついた天気が続いている。きょうも時折り雨まじり。気温も上がって蒸し暑く、少し動くと汗だくの一日だった。事情あって夕方早い時刻に帰宅。今夜は少々早い音盤タイムとなり、こんな盤を取り出した。


201609_Shiff_Bach_PartitaLP.jpg 201609_Shiff_Bach_CD.jpg


先回の記事でそのバルトークを取り上げたアンドラーシュ・シフ(1953-)の弾くバッハ;パルティータのLP。十年程前の大阪出張の折、梅田の中古レコード店で安く買い求めた。ミントコンディションの英デッカのオリジナル盤。シフの弾く一連のバッハ演奏は2枚組のCD(写真右)で出た際にいつくか手に入れて、一時期よく聴いていた。バッハ鍵盤作品のモダンピアノによる演奏をよく聴くようになったのは、グールドよりもこのシフの盤がきっかけだった。

さて評判通り「歌うバッハ」であるこのシフの演奏。実はその後あまり聴いていない。解釈がロマンティックに寄り過ぎているのが少々鼻につくようになったからだ。1983年9月に録られたこの録音は、デジタル録音の初期とも言える頃で、英デッカにしてはLP・CDとも少々音の抜けが悪く鮮度感に乏しい。残響も多めで、曲の解釈と合わせて、いささかBGM的なのだ。もちろんグールドのバッハとはまったく世界が異なるし、美しい音色でよく歌いながらも中庸をいくマレイ・ペライアのバッハの方が音楽として正対して聴ける。 …と、こんな風に書くとシフのバッハは真剣に聴く対象でないかのように思われてしまうが、決してそうではない。「歌うバッハ」としてのシフの演奏はワン・アンド・オンリーに違いなく、いささか疲れた夜に聴いているとすこぶる安堵を覚える。グールドやペライアと刺激される脳内部位が異なるとでもいったらいいだろうか。とりわけ、このパルティータ全曲や豊かなメロディーにあふれるフランス組曲はシフのよさが出たいい演奏だと思う。


この盤(といってもCD)の音源。パルティータ第1番変ロ長調BWV825


同じく第6番ホ短調BWV830



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

A・シフ バルトーク<ピアノ作品集>



先回の記事でチョイと宅録ヘッポコ演奏を記事にした途端、アクセス数が減ってしまった(爆)。なんてこったパンナコッタ(死後、もとい、死語ぉ~)。 え~、さてぇ…九月最終週の月曜日。週明けからソコソコ頑張って8時少し前に帰宅。ひと息ついてネットを覗くと、きょう9月26日はバルトークの命日とあった。それではというわけで、久々にこんな盤と取り出した。


201609_Shiff_Bartok.jpg  201609_Bartok_Phono.jpg


若き日のアンドラーシュ・シフが同郷のバルトーク作品を弾いた一枚(だいぶ以前に一度記事にしているのでそれを再掲する)。手持ちの盤は10年程前に日本コロンビアの廉価盤シリーズ・クレスト1000シリーズとして出たもの。DENON・PCM録音隆盛期1980年千葉県八千代市民会館ホールでの録音。収録曲は以下の通り。

 ・舞踏組曲Sz.77
 ・ルーマニア民族舞曲Sz.76
 ・3つのロンドSz.84
 ・15のハンガリー農民の歌Sz.71

バルトーク(1881-1945)は現代作曲家として、またピアニストとしても第一級であったが同時に、当時実用化されたばかりの蝋管録音機(フォノグラフ=写真右)を持ってハンガリーの農村に伝わる民謡や舞曲の収録を進めた。またそれらを素材にして楽曲も作った。この盤に収められている曲はそうした彼の仕事の成果といってよい作品。いずれも民族的素材を使いながらそれぞれに料理の手法が少しずつ異なる。
<舞踏組曲>は初め管弦楽曲として作られまもなくピアノ用に編曲された。この組曲では民族素材を当時の先進的音楽手法で料理してクリエイティブな作品に仕上がっている。<ルーマニア民族舞曲>は全6曲を通して色濃い民族色と、どことなく暗い影と寂しさをもつ。<3つのロンド>は一転して明るくチャーミングでときにコミカルでさえある。バルトークは広義には新古典派の範疇に入る作曲家だが、自身もピアノの名手だっただけに、その表現や手法は中々多彩で楽しめる。

ぼくとほぼ同年齢1953年生まれのシフは録音当時27歳。ラーンキやコシチュと共に<ハンガリー三羽烏>として人気が高かった。日本発のデジタル録音であったDENON・PCM録音の特性もあってか、すべての音がクリアでタッチもやや硬質に感じる。演奏もその音色に見合った明晰な表現で、のちの一連のバッハ録音とは別人かと思うほどだ。


<ルーマニア民族舞曲三題>
シフの盤。音質劣化が残念。オリジナルCDはずっと高音質。


フルートとギター


管弦楽版に民族調のメンバーと演奏がジョイントしたもの。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

チョイと宅録<佐藤弘和:48のやさしい小品集>~続~



昼をはさんで少々時間があったので、久々にチョイと宅録。
二ヶ月程前に宅録した佐藤弘和小品集<風の間奏曲~48のやさしい小品集~>の続きで、前回とは少し雰囲気の違う曲を選んでみた。


DSCN5181 (560x560)  DSCN5185 (560x560)


先回も紹介したように、この曲集は1997年4月から1998年3月までの一年間に渡って月刊現代ギターに連載されていた小品をまとめたもの。佐藤氏いわく、ピアノによくある「子供のための小品集」のようなものがギターにもあったらとも思いで作曲したとのこと。おおむね初級から中級向けの小品が並ぶ。中上級者ならほとんど初見で通せるだろう。いずれも1分にほどの長さ。コンセプトは「やさしく弾ける」「分かりやすく、親しみやすい」だそうで、その意図は十分に反映されている。

きょうはその中から先回の続編として5曲を録音した。録音は安直なレコーダーZOOM社Q2HD。真昼間だというのに照明がほしいほどのどんよりとした暗い空模様。逆光も手伝って画質は酷いが、ヴィジュアル重視でもないのでご勘弁を。付属ソフトのなんちゃってマスタリングでコンプレッションが盛大にかかっている。まともなオーディオセットで聴くと、酷いなあ〜という感じだが、スマホやノートPCのスピーカで聴くにはこのくらいでちょうどいいかもしれない。例によって初見+アルファでほころびだらけだが、のんびりつま弾いたひとコマということで、ひとつ…


佐藤弘和 48のやさしい小品集から<夏の朝>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から<前奏曲>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から<悲しいワルツ>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から<子守唄>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から<パストラーレ>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ 平均律クラヴィア曲集2 第9番ホ長調 BWV878



飛び飛びの休みが続くと曜日の感覚が希薄になる。仕事の進行も何となく分断される感じもある。加えてきょうは昼前から頭痛に見舞われた。…と、いろいろ理由をつけ、きょうは三時で仕事を切り上げた。我ながらやる気の無さがみえみえの一日。まあ、こんな日もあるさ。 帰宅後、ぬるめの風呂にゆっくりつかって何とか頭痛も癒えた。久しぶりにバッハ平均律でも聴こうかと思い、グールドかアファナシエフか悩んだが、グールドに。例のボックスセットから取り出した盤には平均律第2集の9~16番が収録されている。録音は1970年。


201609_Bach_WTC_878_Gould.jpg  201609_Bach_WTC_878_Gould_2.jpg


第9番ホ長調BWV.878.シャープ4つのホ長調はギター弾きには弦の調律の関係でお馴染みの調性で、弾きやすく明るいイメージがある。ヴァイオリンにおけるニ長調に近い感覚だ。鍵盤楽器での調性のイメージはぼくにはよく分からないが、この曲を聴く限りバッハの平均律でも共通したイメージを感じる。前奏曲はいかにも前奏曲らしくフレーズがよどみなく流れる曲想。楽譜をみると、2声が追いかけっこをしている形だ。16分音符が横に流れるフレーズを歌う中、8分音符の跳躍的なリズムが時折アクセントになって曲が進む。そのまま合唱や弦楽合奏で演奏してもいいくらい自然で滑らかな曲想だ。楽譜もそんな感じといったらいいだろうか。ごく自然なモチーフで始まるが、いくつかの奇跡的な転調を伴って曲は穏やに、そして深く厳かに進む。この1970年の録音ではフーガの出だしは極めて決然としたタッチが始まるが、下記の晩年に近い映像でグールドはまったく異なる解釈で柔らかな音色でテーマを繰り出していて実に興味深い。


ニコライ・デミジェンコの演奏で前奏曲とフーガ。前奏曲に続き、4分05秒からフーガ。


グールドによるBWV.878のフーガ。晩年の演奏。1970年録音に比べるとずっとテンポが遅い。


エマーソンカルテットによる弦楽四重奏版のフーガ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

<九月の雨>



きょうの休日も降ったりやんだりの一日。今年は梅雨が長引き、盛夏になったかと思ったら、今度は台風連続襲来。加えて秋雨前線も居座り、このところずっとスカッとした晴れ間がない。程々の雨降りの日に、渋めの音楽で静かに過ごすはいいものだが、室内干しを余儀なくされた洗濯物が我が道楽部屋まで押し寄せるに至っては、ロマンティクな気分も吹っ飛んでしまう。
さて、あすはまた仕事。ちょっとリラックスしようかと、こんな盤を取り出した。


201609_Sarah_Vaughan.jpg  DSCN5176 (560x560)


サラ・ヴォーン(1924-1990)の数ある録音の中でも代表格といってもいい<Sarah Vaughan at Mister Kelly's/ミスター・ケリーズのサラ・ヴォーン>。サイドメンはジミー・ジョーンズ(p)、リチャード・ディヴィス(b)、ロイ・ヘインズ(ds)。タイトル通り、当時シカゴにあったクラブ<ミスター・ケリーズ>(今は大阪に正式な継承店がある)でのライヴ録音。1957年8月6~8日のモノラル録音。手持ちの盤は90年代半ばにリリースされていた輸入盤。オリジナルLPは8月6日の録音から9曲が収録されていたが、CD時代になって三日間の中から追加され、手持ちのこの盤では全20曲が収録されている。

男性司会者による前ふりの口上があったあと、第1曲の<九月の雨>が始まる。当時33歳のサラ・ヴォーン。声は若々しくも潤いにみち、ゆとりをもちながらも妙に崩すこともなく丁寧に歌いぬく。サポートするピアノトリオの控え目なバックの中から時折り聞こえてくる客の語らいやグラスの触れ合う音。モノラルながら音質は良好だ。クラブでのライヴということから、スローバラードとミディアムテンポの曲が程よくミックスされて進んでいく。第9曲の<How High The Moon>でもエラ・フィッツジェラルドとは対照的に軽く落ち着いたアレンジで、思わずニヤリとしてしまう。オリジナルLPになかった追加曲のトラックでは、サラ・ヴォーンと客の語らう声もしばしば聞こえてきて、ライヴ感が一段とたかまる。

今どきのジャズクラブで、こんな大人の雰囲気をもっている店は少ないだろうが、下戸のぼくも席を取って、ウーロン茶のグラスを傾け、しみじみ秋の夜を楽しみたくなる。


この盤の音源。


サラ・ヴォーンの歌う<九月の雨>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブラームス ヴァイオリン協奏曲ニ長調



当地関東地方は台風一過のピーカンと思いきや、きょうも終日降ったりやんだり。冷たい北東風も流入して気温も20℃をわずかに超える程度と、肌寒い一日にだった。暦通りの勤務で本日出勤、あすは休み。まあ、のんびりやりましょか。 さて、今朝の通勤時、FMでブラームスのヴァイオリン協奏曲が流れていたのを思い出し、この盤を取り出した。


201609_Oistrakhv.jpg  201609_Brahms_Vn_concert.jpg


オイストラフとセルががっぷり四つに組んだ名盤。FMで流れていた演奏もこの盤だった。オイストラフのブラームスは正規盤として確か数種類がリリースされていると思うが、1969年録音のセル&クリーヴランドとのこのEMI盤はその中で最後の録音。同時期にロストロポーヴィッチを加えてドッペルも録音し、カラヤンとリヒテルも加えたベートーヴェンのトリプルとカップリングされた例の盤がリリースされた。

ドッペル同様に出だしからセル&クリーヴランドの響きが素晴らしい。控え目といっていいほど抑制が効いた響き。決して力まず終始余裕を感じさせる。そしてこれ以外にはないと思わせるテンポ設定。オイストラフのソロが入ってきてからも、決して大騒ぎせず、全体的に<静>のイメージが支配する。オイストラフのヴァイオリンも太く逞しい男性的なイメージから想像する通りの音ではあるが、決して力で押さず、一音一音確かめるかのように弾き進める。この演奏がこんな内省的で思慮深いものであったのかと思わぬ発見。そしてオケ、ソロともに第一楽章の中盤あたりから次第に熱気を帯び始める。たっぷりとしたヴィブラートはトリルにまでかかっているのではと思わせ、時代を感じさせるが、これもまた唯一無二だ。


この盤の音源。 音質がやや歪っぽいのが残念。



ピアノ伴奏スコア。ギターとは無縁の世界と言わずに、この鍵盤譜高音部の内声あたりをギターで弾きながら参加するのも一興。初見練習に好適です。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)