与太、カレーを作る


12月最初の週末日曜日。午後三時を過ぎたところで、おもむろに台所へ。ふと思い立ってカレーを作ることにした。今どきカレー男子も多士済々と思われるが、きょうはいたって普通、イージーかつジャパニーズな昭和カレー。こだわりといえば、飴色たまねぎとルーの選択。ごく普通、でもおいしい!さて、首尾はいかに…

First of all…たまねぎ5個(通常のレシピの倍)のみじん切りを炒める。30センチのフライパンは満杯状態。最初は中火で。
DSCN5419 (560x560)

30分後。少し色付いて量も半分ほどに減る。弱火に落とす。
DSCN5426 (560x560)

さらに30~40分ほどでこんな感じの飴色に。冷凍保存OK。焦がしたらアカン。目を離さないこと。
DSCN5438 (560x560)

鍋に水600cc、炒めたたまねぎ、きのこ類(しめじ、まいたけ等をネットに入れ、1時間ほど干してうま煮を増したもの)を加えて、コトコト始める。あせらず弱火で。
DSCN5449 (560x560)

空いたフライパンで人参(中1本イチョウ切り)と肉(250~300グラム)を炒める。塩と胡椒少々。肉はお好みで…でも、チキンが美味しい。鶏モモ肉の皮と脂は取り除く。スッキリかつヘルシーに。じゃがいも(大2個乱切り)も加えてほどほどに炒めたら、鍋に移して合体コトコト。やはりあせらず弱火で。じゃがいもに楊枝を挿してスッと通れば基本OK。火を一旦止めてルーを加える。
DSCN5447 (560x560)


カレールーの本命はこれ。エバラ食品の<横濱舶来亭カレーフレーク>。「こだわりの中辛」と「BLACK辛口」があるが、まずは中辛を。一般的なスーパーの棚に並ぶカレールーの中ではダントツと断言したい。ほぼ同等の美味しさのルーとしては、写真右の二つをあげる。PIZZA HOUSEすぴなっつおら<ホテル用カレールー・中辛>株式会社エル・トゥ・エムのカレールー。この二つは、いわゆる自然派食品の店にある。通販もOK。フレーク状のルーを加え、一旦止めていた火を再び着けてごく弱火に。静かにかき混ぜつつ、とろみの加減をみながら少し水を加える。
DSCN5451 (560x560)  DSCN5453 (560x560)

さて出来上がり。気になるお味は…。 残念でした。ここ火を止め、ひと晩おく。お楽しみはあすの食卓で。もちろんすぐに食べてもおいしいが、一日おくとグッとうま味がマスダアケミ。この時期なら北向きの部屋の片隅にでもおいてオヤスミナサイ…
DSCN5460 (560x560)


以上、ポイントは…
・カレールーのレシピに書いてある水や材料の量を忠実に守ること。適当にやらない。
・但し、たまねぎだけは倍の量を飴色になるまで炒める。
・きのこ類はネットに入れて短時間でも天日干し。うま味がグッと増しますル~大柴。
・きのこ、人参は水から煮る。
・カレールーの投入は鍋の火を止めて。
・水は最初やや少なめで始め、出来上がりの最後に少し足して調整。
・ひと晩おいて、うま味熟成<秋・冬>仕様。

…というわけで本日は、<与太、カレーを作る>の巻でありました。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

中森明菜 <Lyricism>


12月に入って最初の週末金曜日。仕事の区切りがよかったので定時少し前に退勤。あすは休みという気安さもあって、少々弛緩した夜。今夜はこの盤で和もう。


201612_Akina_Lyricism.jpg  201612_Akina.jpg


久々に取り出した中森明菜のアルバム<Lyricism>。1993年に出たベスト盤(中森明菜非公認といういわく付き)で、バラードばかり14曲が収められている。収録曲は以下の通り。

 1. Ever Lasting Love
 2. SO LONG
 3. 難破船
 4. 忘れて・・・
 5. APRIL STARS
 6. 夢を見させて・・・
 7. ムーンライト・レター
 8. まぶしい二人で
 9. 雨が降ってた・・・
 10. ノット・クレイジー・トウ・ミー
 11. バレリーナ
 12. 予感
 13. 感傷紀行
 14. 駅

彼女の歌うバラードはやはり素晴らしい。キーは低いが透明度の高い声が静かに部屋に流れる。近年彼女がリリースしているカヴァーアルバムに通じるコンセプトのアルバムだ。
「難破船」…悲劇的で暗示的なイントロ、中間部のオーケストラアレンジ間奏の盛り上がり、いつ聴いても涙ものだ。上田知華作曲の「雨が降ってた…」や飛鳥涼作曲「予感」、谷村新司作曲「感傷旅行」も歌謡曲王道の曲構成とコード進行ながら、その定石的展開が心を打つ。そして何といっても名作・名唱「駅」。作者の竹内まりあが歌っている動画がYouTubeにあったが、まったく別物の曲だった。「駅」は中森明菜に限るだろう。さりげないメロディーがさりげない日常的な光景を描き、同時に人生の断面を切り取る。ポピュラーソングの醍醐味ここに極まれりだ。


<難破船>


<駅>


相変わらず根強いファンの支持がある中森明菜。つい先日、彼女の新しいカヴァーアルバム<Belie>がリリースされた。<高音質CD+アナログ盤>なんていうパッケージもあって、ちょっと触手がのびチャウのだ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)