シューマン チェロ協奏曲イ短調



早いものできょうは三月最後の週末土曜日。ここ数日、関東では気温低めで、先日開花宣言した東京都内の桜はいったん足踏み状態の様子。北関東の内陸部では開花宣言もまだこれからだ。それでも、何日か暖かい日が続けばあっという間に春爛漫。いつもながら、この時期の陽気の劇的な変化には驚く。 さて、あすも日曜ということで夜更かしMAX。夜半過ぎになって、こんな盤を取り出した。


201703_schumann.jpg  201703_schumann_Vc_concerto.jpg


シューマンが唯一残したチェロ協奏曲。先日久々に聴いたトルトゥリエのボックスセットから#5を引っ張り出した。1978年の録音。トルトゥリエの息子ヤン・パスカル・トルトゥリエがロイヤルフィルハーモニーを振って伴奏を付けている。

シューマンはピアノ、ヴァイオリン、チェロのためにそれぞれ1曲ずつ協奏曲を残し、そのいずれもがロマン派の薫り高い名曲だ。チェロ協奏曲は全3楽章がアタッカで演奏される。第1楽章の出だしの4小節から一気にドイツロマン派の特徴とでもいうべき、たゆたうような息の長いメロディーにひきつけられる。しかもソロとオケが渾然一体となって曲を構成し、ソロ+伴奏という単純な構図に終わらない。第2楽章は短いながらも美しいアンダンテ。弦のピチカートにのってチェロがレシタティーボ調に歌う。ときに木管群との対話も交わしつつ第1楽章の主題を回顧する。第3楽章になって音楽は躍動的になって技巧的なパッセージが続き、この曲が屈指の難曲であることをうかがわせる。チェリストには腕の見せ所だ。トルトゥリエの演奏はいつもながら張りのある音色と活き活きとした歌いっぷり。決して技巧派というチェリストではなかったが、終楽章の難しいパッセージも歯切れのいいボウイングでピタリと合わせていてさすがのひと言だ。


ロストロポーヴィッチとバーンスタインの協演。70年代半ばにこのコンビはEMIにこの曲を録音しているが、その前後のものと思われる。


第1楽章。ベネディクト・クレックナーという若手。バックを小編成の弦楽オケにアレンジしている。この曲には相応しい編成に感じる。ソロもオケもよく歌っている。


第2楽章
第3楽章


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

<人生フルーツ>



朝夕は冷え込み、日中は程々に暖かい、この時期らしい陽気の日曜日。格別の用事もなく、だいぶくたびれてきた卓上PCの入れ替えをしようとネット相手に機種選定。いくつかの候補に絞って近々最終決定というところまでいった。早めの夕飯を済ませたあとは家人の提案で隣り町のミニシアターへ。ドキュメンタリー映画<人生フルーツ>を観る。


Life_is_Fruity.jpg


愛知県春日井市にある高蔵寺ニュータウン。その一角に住むある老夫婦の日常を追った作品。2016年東海テレビが制作し、今年初めから劇場公開が始まった。 登場する津端修一さん(1925-2015)は建築家として60年代に手がけた高蔵寺ニュータウンに自ら入居し、その後その一角に土地を求めて家を建てる。ニュータウン開発で失われた雑木林や田畑を自らの宅内で再現するべく、夫人の英子さん(1928-)と共同生活がスタート。結婚から60年、家を建ててから40年。ふたり合わせて177を超える歳になり、実り多き人生となってからも、日々小さなことを淡々とひとつひとつ積み重ねていく様子が描かれる。

資質、能力、適正、相性、意志、偶然、境遇…様々なものの組み合わせによる、ひとつの結果事例…ではあるが、毎日毎日同じことを淡々と繰り返し、小さなことを積み重ねて時を刻むことの素晴らしさと大切さをあらためて感じた。人も物も庭の木々も、等しく年月を重ねていく様が美しく描かれた映像。樹木希林の語り。音楽担当:村井秀清。アルベルティバスにのるシンプルなメロディのピアノ曲がこころ和ませる。


作品予告編



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

APAチェロの会@川崎



来る3月20日(月)祝日の午後から夜にかけて、NPO法人:日本アマチュア演奏家協会(APA:エイパ)によるイヴェントがあって、チェロ相方と参加予定。この会は毎年開かれているが、ぼくが参加するのは一昨年2015年2月に行われたとき以来2年ぶり。


201703_APA_Cello.jpg


アマチュア音楽愛好家の集まりであるAPAは1974年に設立され、すでに40年を超える歴史を持つ。全国に一千名を超える会員を有し、アンサンブル練習やコンサートなど日常的に活発な活動を続けている。会員構成をみると中高年パワー全開という感じだが、聞くところによれば長いキャリアを持つハイアマチュアが主体で、クラシック音楽に使われる楽器がほぼ網羅されている。
今回催されるのは、その中のチェロ会員による内輪の発表会。十数名のアマチュアチェロ弾きが集い、ピアノ伴奏あるいは無伴奏で日頃の練習の成果をお披露目する。主な曲目とおおよその時間を以下に記しておこう。

◆3月20日(月) 於:ミューザ川崎・市民交流室 15:45開場後ただちに開演◆

<15:45開演>
ヴィヴァディ:チェロソナタ変ロ長調 <<<<< ここが出番です(^^;
L.ボエルマン:ソナタイ短調より
ポッパー:道化師作品3/1
バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番よりプレリュード・アルマンド
メンデルスゾーン:チェロソナタ第2番より

<17:20頃~>
サン=サーンス:チェロソナタ第1番より
マイナルディ:無伴奏チェロのための日本歌曲
ビアッティ:カプリス第7番
フォーレ:チェロソナタ第2番

<18:40頃~20時頃終演予定>
ブラームス:チェロソナタ第1番より
C.P.Eバッハ:協奏曲イ短調より
バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ第1番
ラフマニノフ:チェロソナタより

ご覧の通り、チェロの本格的なレパートリーが並んでいて、レベルの高さが伺われる先日の記事に書いた通り、今回チェロ相方がソロをとるヴィヴァルディで相方知人のチェロと共に通奏低音パートとして参加。プログラムの最初に演奏することになっている。 これだけのチェロ名曲を一度に聴けるチャンスは滅多にない。さらに今回はチェリスト、ピアノ伴奏者とも一部プロフェッショナルの方も参加予定。ご都合つく方はぜひご来場のほどを。会場はJR川崎駅至近のミューザ川崎。もちろん入場無料。お時間の許す範囲でチェロの響きをお楽しみいただければ幸いです。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

モーツァルト オーボエ協奏曲ハ長調



三月早々ビッグなニュースが飛び込んできた。


201703_Kodokunogurume_S6.jpg


正月のスペシャル以降、Season6制作決定との情報はあったのだが、放送日程は近々にと、おあずけ状態だった。春先か初夏かと気をもんでいたのだが、月があらたまったきょう放送予定のリリースがあった(こちら⇒http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume6/) 4月7日金曜スタート。時間は例によって深夜0:12分から。早々に録画予約をして<夜食テロ>を迎え撃とう。

さて、空気もなごむ春三月のスタートに明るい曲はをどうかと、今夜はこんな盤を取り出した。
モーツァルトの管楽協奏曲を集めたもので、ベーム指揮ウィーンフィルのバックで同団のトップ達がソロを取っている。1970年代前半の録音。十年程前に廉価盤で出た際に買い求めた。


201703_WAM_Ob.jpg


モーツァルトがいくつか残した管楽協奏曲のうち、この盤ではフルート協奏曲ト長調、オーボエ協奏曲ハ長調、ファゴット協奏曲変ロ長調の三曲が収録されている。いずれも生真面目なベームらしい楷書で少々無骨に過ぎるかと思えるバックにのせて、これまたウィーンフィルのトップ連中が実に真面目に吹いている。特にフルート協奏曲を吹くヴェルナー・トリップは、メトロノームに合わせてきっちり吹くとこんな感じになりますよという見本のような演奏で、まるで教則本に付録で付いてくる音源のような律儀さだ。本当はもっと自在に吹きたかったのだが、大将のベームに、アホかっ!もっと真面目に吹かんかい!とどやされた結果かもしれない。
それに比べ、ゲルハルト・トレチャックのオーボエはずっと積極的な表現。ウィーン風のオーボエのチャーミングな音色と併せて、実に聴かせる。この曲にはこんなに多彩な表現箇所があったのかといくつも新たな発見をしたほどだ。これは掛け値なしの名演といえる。

ぼくの好みから言うとモーツァルトに関してはフルートやクラリネットより、オーボエ協奏曲とファゴット協奏曲が好きだ。ディットマール・ツェーマンのファゴットによるこの盤の演奏も中々味わい深い。どんな楽器か知らないがやはりウィーン風のやや古風な楽器なのだろうか、録音で聴く限りでも少し音量は控え目で音色は暖色系だ。カラヤン&ベルリンフィルによる、やはり70年代前半のEMI盤で吹いているギュンター・ピースクに比べ、朴訥としていて味わい深い。


循環呼吸でオーボエを吹くハインツ・ホリガー(1939-)の演奏。90年代のものと思われる。この音源、実はオーボエよりスペイン生まれの名指揮者ヘスス・ロぺス=コボス(1940-)に注目して選んだ。オケ部のアーティキュレーションで中々細かい指示を出している。オケはロぺス=コボスが90年代にシェフを務めていたローザンヌの室内管弦楽団。ざらつき気味の録音が残念。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)