ナット・キング・コール<After Midnight>


今朝の関東地方は、この秋一番の冷え込み…とはいえ、九月の下旬。肩をすぼめる程ではない。ひんやりとした空気の中、少し厚めのリネンのジャケットを羽織って出かけた。不順だった夏も終えて、ようやく秋到来だ。 さて、きょうも程々に業務に精励。九月の予定も無事終了。今のところ、秋そして年末までの仕事の見込みは順調だ。こんなとき、いける口なら仕事帰りにちょいと一杯。小粋な店に引っかかって行きたいところだが、下戸ではどうにもならない。帰宅後、冷えた麦茶と歌舞伎揚げで一杯のお粗末(>_<) せめて音楽だけでも気分を出そうかと、こんな盤を取り出した。


201709_NKC.jpg


ナット・キング・コールのアルバム「After Midnight」。この盤を知ったのは、村上春樹/和田誠の「ポートレート・イン・ジャズ」。アルバムタイトル通り、クラブでのセッション本番が終わったあと、プレイヤー達が肩の荷を降ろして自ら楽しむ、くつろいだセッションの雰囲気が伝わってくる。

ナット・キング・コールがポピュラー歌手として有名になり始めた頃のピアノと歌、ゲストプレイヤーの味のあるプレイ、互いにアイコンタクトをしながらリラックスしてプレイする姿が目に浮かぶようだ。ゲストプレイヤーの一人、スタッフ・スミスのヴァイオリンを聴くと、ヴァイオリンはクラシック以外には合わないと思っている石頭の輩も(ぼくもそうだった)、あっという間に持論を取り下げるだろう。

かつてのアメリカでは、ナット・キング・コールを始めとして、ジャズスタンダードや穏やかなポップス、ファミリーソングを歌う男性歌手が沢たくさんいた。ジョニー・ハートマン、パット・ブーン、アンディ・ウィリアムス、トニー・ベネット、メル・トーメ、あっフランク・シナトラも…今は誰がそうした存在なのだろうか。

<Just You, Just Me>


<Sometimes I'm Happy>




★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

第一回アンドレスセゴビア国際コンクール1981年



書棚を整理していたら、しばらく忘れていた封筒が出てきた。


DSCN6252 (560x560)


大阪のギター製作家:故・松村雅亘氏から届いたもの。十数年前、大阪出張の折の工房を訪れ、その後新作を依頼したり何度か手紙のやり取りをしていた頃のもの。いくつかの貴重な資料に加え、来日したギタリスト:ステファノ・グロンドーナ氏が持参したDVDが同封されていた。

そのDVDは、1981年に開かれた第一回セゴビア国際コンクールのドキュメンタリー。当時BBCが作成して放送されたものを誰かが録画し、二十数年ぶりに、そのコンクールにも出場していたグロンドーナ氏の元へ届いたというものだった。そのコンクールの本選出場者6名の中には、日本から参加した共に二十代だった堀内剛志氏と岩永善信氏が残り、堀内氏はみごと優勝を果たした。そして、堀内氏が使った楽器が、当時ロベール・ブーシェの教えを受け、本格的に日本国内で製作は始めていた松村氏作のギターであった。当時に様子は、雑誌現代ギター誌にも掲載されたので、覚えのある輩もいるだろう。

今では日本人ギタリストも多くの国際コンクールで上位入賞するようになり、個々そして全体としてのレベルも当時と比べると著しく上がった。しかし一方で、コンクール入賞が音楽の終着点のようになって、押しなべて没個性の演奏や音になってしまっている現状も無視できないだろう(これはギターに限らない)。今から三十余年前の当時は、まだまだ世界は遠い時代だったが、高い志と個性が光る時代でもあった。

その貴重な映像を今はYOUTUBEで見ることが出来る。この第一回のコンクールで本選に残ったメンバーは以下の6名(カッコ内は当時の年齢)、堀内剛志(22)、岩永善信(28)、ポール・ガルブレイズ(18)、ステファノ・グロンドーナ(23)、エリオト・フィックス(27)、チェリル・グライス(28)。世界から集まった有能な若者を、暖かく迎える企画運営の様子も伺える。優勝した堀内剛志氏は当然嘱望される存在となったが、その後悲劇的な出来事があり、第一線から姿を消した。この動画の最後で一言そのことに触れている。本ブログではその件についてはこれ以上コメントしないことにする。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ギター熱上昇中



きょうは帰宅途中に近所のショッピングセンター内の書店へ。雑誌を二冊買い、ついでに音楽書コーナーを覗く。もちろん一般書店なので珍しいものがあるわけではないが、国内クラシックギター関連書の老舗現代ギター社の新譜などは時々置いてある。きょうもあてもなく眺めていたら、そのうち手にしようと思っていた曲集があったので、レジへ持っていった。


DSCN6246 (560x560)


二冊の曲集。一つはギタリストの鈴木大介(1970-)作曲による「12のエチュード」。現代ギター誌に連載されたいたものがまとまっている。今年5月の出版。もう一冊は同じくギタリスト益田正洋(1978-)の校訂・運指によるグラナドス(1867-1916)の「12のスペイン舞曲集」。編曲は益田氏とやはりギタリストで作曲家でもある藤井眞吾氏による。昨年秋の出版。

パラパラとページをめくっただけだが、鈴木大介「12のエチュード」は、それぞれの曲に、はげまし・解き放たれた心・ドルフィン・記憶・ゆれる麦の穂…といった副題が付されていて、弾く前から何となく曲をイメージしたくなる。エチュードだから、曲ごとに習得すべき技術的・音楽的な課題があるのだろうが、現代風の小品としてもおそらく楽しめるのものだろう。

昨年そして今年と、没後100年・生誕150年となるエンリケ・グラナドスのスペイン舞曲集は古くからギター用編曲がなされ、アルベニスの諸作品と共に、近代スペイン音楽の薫りをギターで楽しめる貴重なレパートリーだ。近年、クラシックギターの演奏会で取り上げられる曲というと、70~80年代とは随分様変わりしていて、19世紀の古典ギター黄金期の作品や、スペイン近代の編曲物など、かつての王道プログラムの影が薄くなり、先日の記事に書いたバリオスなど中南米の作品や、ポップスやジャスの感覚を取り入れた現代作品などが増えてきているように感じる。そんな中、益田正洋氏は、古典期のソナタ集を録音したり、この曲集のようなスペイン物も取り上げたりと、かつての王道プログラムを積極的に取り上げ、素晴らしい成果を挙げている。

スペイン物はいずれの曲もその曲調に比して、技術的には中々ハードルが高い。特にピアノからの編曲ということもあって、音の展開に起因する左手の押弦の難易度が高い。このスペイン舞曲集も以前から見知っている曲だが、今回の編曲をちょっと眺めても、安直に楽しむというレベルではなさそうだ。まあ、初見で通せるような安直な曲ばかりでは一向に進歩もないし、少しは気合を入れて取り組もうかと…ひとまず今夜は心に誓ったところだ。さて、どうなるか…


益田正洋氏は以前よりこの曲集の演奏に傾注し、楽譜出版と共にCD録音も完成させた。


福田進一グラナドスを語る


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブラームス クラリネット五重奏曲



今朝の通勤車中で聴いたNHKFMの「きらクラ!」は題して「秋のブラームス祭り」。リスナーからは秋にふさわしいブラームスの名曲がエピソードと共にエントリーされていた。そうだよな、秋はブラームスだよなあ…と合点しながら放送に聴き入る。さて帰宅後、朝の放送を思い出し、リスナーから寄せられた「秋のブラームス」に相応しい曲の一つとして上がっていた、この曲の盤を取り出した。


DSCN6238 (560x560)


ブラームスのクラリネット五重奏曲ロ短調。ウィーン八重奏団員よる演奏。アルフレード・ボスコフスキー(クラリネット)、アントン・フィーツ(ヴァイオリン)、ギュンター・ブライテンバッハ(ヴィオラ)、ニコラウス・ヒューブナー(チェロ)。手持ちの盤は、80年代初頭にミドルプライスで発売されたときのLP盤。録音は1961年。

ウィーン八重奏団はウィーンフィルのコンサートマスターだったウィリー・ボスコフスキーが主宰していた四重奏団に、クラリネット・ファゴット・ホルン・コントラバスが加わって構成された楽団だ。60年代入り、ボスコフスキーがウィーンフィル四重奏団や指揮者としての活動に移るため勇退。第一ヴァイオリンがボスコフスキーから、この盤でも演奏しているアントン・フィーツに代わったとライナーノーツに記されている。ちなみに、この盤でクラリネットを吹いているアルフレード・ボスコフスキーは、ウィリー・ボスコフスキーの弟である。

ブラームスのクラリネット五重奏曲は、モーツァルトのそれと共にクラリネットの名曲の一つだ。クラリネットの音色というと、ぼくなどは少々コミカルなイメージを持つが、ブラームスやモーツァルトの手にかかると、一転深みのある音楽を奏でる。このブラームスの五重奏曲も、いかにもブラームス風の落ち着きと憂いと優しさに満ちている。特に第2楽章の美しい歌は比類がない。ここでいう美しさとは言うまでもなく、耳あたりのいいキャッチーなメロディーということではない。憧れと悲しみ、希望とあきらめ、出会いと告別、そうしたものが隣り合わせになった、ブラームス特有の美しさだ。とかく軽く見られがちな第3楽章もいい。スケルツォ風の軽快な運びながら、クラリネットが楽天的になり過ぎないメロディーを吹き、弦楽合奏がそれを支える、聴き応えのある楽章だ。


カール・ライスターと日本のトップメンバーによる演奏。


スコア付き音源。カール・ライスターとアマデウス四重奏団による演奏。ギター抱えて2ndヴァイオリンのパート辺りを追いかけてみるのもよい初見練習かと。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

吉田慶子のボッサ



初秋の宵。地方都市住宅街の一角。外では秋の虫たちの合唱MAX。
週末は野暮用他で終わり、さて明日から仕事という夜。久々にこんな癒しの一枚を。


201709_KeikoYoshida.jpg


ウィスパーボイスでボサノバを歌う吉田慶子のデヴューアルバム『コモ・ア・プランタ』。2007年リリース。十年近く前、近所の大手スーパー閉店の際、そこに入っていたCD店の閉店セールで手に入れたもの。帯タイトルに『ただ始まって、ただ終わる美しいひととき』とあるが、まさその言葉通り。いつの間にかイントロのギターが始まり、そしていつの間にか次のトラックまでの静寂が訪れる。そしてもう一つ、このアルバムを手にした理由は、彼女が使っているギターがぼくの愛器と同じ田邊雅啓さん製作のギターだということ。ブックレットの末尾には、Keiko Yoshida plays Masahiro Tanabe hand made guitar.と記されている。実はそのことを、この盤を手に入れる少し前に田邊さんから聞いていた。写真に写っているギターヘッドのデザインからして田邊さんが2002~2004年頃に製作していたロマニリョスモデルで、ぼくが使っている2004年作のものと同一のデザインだ。
さらに興味深いことに、いくつかの曲では、あの長谷川きよしがジョイントしている。彼のヒット曲である『別れのサンバ』でオリジナルとはまったく違ったテイストながら、吉田慶子のボーカルを歯切れのよいギターでサポートしている。また全編に渡ってセンスのよいフレーズを繰り出す中村由利子のピアノも聴き逃せない。
夏の暑さがようやく癒えた初秋の晩に、程よく冷えたミネラルウォーターのような、こんなボッサを聴くのも悪くない。


笹子重治(ショーロ・クラブ)のギターをバックに歌う吉田慶子。


抱えているギターは、ぼくの楽器とほぼ同時期に製作された田邊雅啓作ロマニリョスモデル




★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジョン・ウィリアムズのバリオス



先日ギター仲間の来訪があったり久々に楽器店を巡ったりと、このところギター熱が上昇中。万事に熱意のなくなった昨今にあってはいい兆候だ。今夜も音盤棚を見回し、こんな盤を取り出した。


201709_Barrios.jpg  201709_JW_Barrios.jpg


数年前に引退表明したジョン・ウィリアムズ(1932-)がバリオスの作品だけを入れた盤。ジョンは90年代に入ってバリオス作品を再録しているが、このLPは70年代半ばの最初の録音。当時クラシックギター弾きの間で、バリオスがにわかに人気となってきた頃のもの。大聖堂、郷愁のショーロなど、ちょうど学生時代真っ只中だったぼくもせっせと弾いた記憶がある。その後バリオスは次第にクラシックギターのレパートリーとして定着し、そのギター的な音使いや親しみやすい曲想から、現在も人気が高い。その意味でこのジョンのレコードはその後現在まで続くバリオス人気のバックボーンを成した一つのマイルストーンだ。収録曲は以下の通り。

<A>
1. 大聖堂
2. (a) マドリガル(ガヴォット)
  (b) メヌエット
  (c) マズルカ・アパッショナータ
3. (a) 練習曲
  (b) 前奏曲
4. 森に夢見る
<B>
1. ワルツ第3番
2. (a) クエカ
  (b) サンバのしらべ
  (c) マシーシャ
3. 最後のトレモロ
4. 郷愁のショーロ
5. クリスマス・キャロル

かなりデッドな音響の録音。この盤の少し前に出たアストリアスでのやや過剰な残響とは対照的だ。それでも音のバランスは良好で、大聖堂の第1曲宗<教的なアンダンテ>では、当時使っていた楽器:フレタの男性的な重低音がどっしりと響く。ジョンらしい端整な演奏で、細かなタッチまでよく聴き取れる。

今も人気の高いウルグアイ生まれのアグスティン・バリオス=マンゴーレ(1885-1944)。人気の大きな理由はそのポピュラリティーだ。ジョンはバリオスを称してギター界のショパンだと言っているが、それは少々言い過ぎだろう。そういう発言を聞いてしまうと、ジョンはその程度にしかショパンを聴いていないのかと、ちょっとがっかりもする。しかしまあ、そう目くじらを立てず、中南米風サロン音楽、あるいは中南米演歌ギターとして聴いていればそれ以上も望まない。今や「クラシックギター」と称して、そのクラシックの意味も次第によく認識されなくなっている。バリオスがクラシックギターの代表的レパートリーと言われる現実を受け入れるしかないだろう。

ジョン・ウィリアムズの弾く、バリオスのワルツ第3番。


二ヶ月ほど前に当地へ来演した朴葵姫(パク・キュヒ)の弾く<最後のトレモロ(神様の慈悲に免じてお恵みを)>


タチアナ・リツコヴァの弾く<フリア・フロリダ> 楽器は1960年作ハウザー2世。例の海外販売店サイトの動画



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

チェリビダッケのワグナー管弦楽曲集



早いもので九月も下旬。月末進行、上期末進行というわけでもないが、本日もせっせと業務に精励。今週は少々やっかいな案件をかかえていたが、それも蹴散らし(^^;、安堵の週末金曜日。ひと息ついて何日かぶりでアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


201709_Celi_Wagner.jpg


チェリビダッケ&ミュンヘンフィルによるワグナーアルバム。ミュンヘンフィルの本拠地ミュンヘン・ガスタイクでの1993年ライヴ録音。収録曲は以下の通り。

 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕前奏曲
 ジークフリート牧歌
 「神々の黄昏」よりジークフリートの葬送行進曲
 「タンホイザー」序曲

冒頭収録された拍手に続くマイスタージンガーから、巨大なスケール感と音響の透明性に圧倒される演奏だ。生前チェリビダッケはレコード録音を嫌っていたわけだが、その理由の一つが実演で繰り広げられる音響イメージ、特にホールの響きや副次的に発生する倍音の響きも含めた音響の広がりが録音では再現できないということだった。70年代の初来日で読響を指揮した際、オケのチューニングから各部のバランスまで徹底的に練習を重ねて団員がねを上げたというエピソードも、そうした彼の音楽哲学によるものだった。

このワグナーアルバムを聴くと、スケールの大きさというのは、音の大きさでも、アタックの強烈さでもないと納得する。マイスタージンガーしかりタンホイザーしかり。各声部のピュアな響きを確保し、それを重ねていくことで重層的かつ透明な響きを確立していくことでスケールの大きな音楽が目前に広がる。その一方で、ジークフリートの葬送行進曲では、そうした透明な響きに葬送の音楽という特殊性からだろうが、ときに音が割るほどの凄みも見せる。いずれもチェリビダッケの晩年の音楽美学が十全に繰り広げられる名演だ。


この盤のタンホイザー序曲。15分過ぎからのエンディングには圧倒される。このテンポと緊張感で演奏するには、オケに要求される体力と集中力も並大抵ではないだろう。


マイスタージンガー第一幕前奏曲。ミュンヘンフィルの本拠地ガスタイクのホール。80年代中庸の映像と思われる。晩年の演奏は、更にこの路線が徹底されている。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)