東京コレギウム・ムジクム合唱団第7回定期演奏会



知人から演奏会の案内有り。所属する東京コレギウム・ムジクム合唱団の定期演奏会がきたる11月19日にあるとのこと。


201711_TCMC053.jpg 201711_TCMC054.jpg


東京コレギウム・ムジクム合唱団TCMCは、30名ほどのメンバーからなるアマチュア合唱団。1975年に大阪ハイリッヒ・シュッツ室内合唱団を創立し、ルネサンスから現代音楽まで広く活躍して高い評価を受けている当間修一氏が主宰している。なんでも当間氏による合唱講座に端を発して2010年に創立されたそうだ。 今回の次第は以下の通り。ご都合つく方はぜひどうぞ。

日時:2016年11月19日(日)
開場:15:30 / 開演:16:00
会場:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール
   (京成線青砥駅下車 徒歩5分/京成立石駅下車 徒歩7分)
指揮:当間修一 / ピアノ:小枝佳世
<演奏曲目>
◇ハインリッヒ・シュッツ 宗教的合唱曲集より
  Die mit Tränen säen (SWV378)
  So fahr ich hin zu Jesu Christ (SWV379)
  Unser Wandel ist im Himmel (SWV390)
  Selig sind die Toten (SWV391)
◇アントン・ブルックナー モテット集より
  Locus iste/Os justi
  Christus factus est/Virga Jesse
◇混声合唱曲集「にじ色の魚」
◇混声合唱とピアノのための「良寛相聞」

合唱にはとんと縁なく、プログラム中で察しがつくのはブルックナーのモテトくらい。それもブルックナーのテデウムやミサ曲からの勝手な想像だ。あらためて自分の音楽体験の偏狭さに恥じ入る。案じた知人が貸してくれたCDを聴くと、日頃ギターを相手に<平均律+若干の補正>でお茶を濁すチューニングで良しとしている耳に、合唱のピュアなトーンは新鮮に響き、まさに心洗われる。新調したオーディオセットで聴くと一段と解像度高く、人の声のもつポテンシャルの高さとそれを引き出す合唱技術の奥深さを感じる。


木下牧子「にじ色の魚」


以下の音源ではブルックナーのモテトから6曲が歌われている。7声を基本に書かれているとのこと。彼の交響曲の分厚い響きと異なるところ、共通するところ、双方を感じ取れる。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アキュフェーズ音出し



三連休初日文化の日。叙勲のニュースを見ながら…大村崑ちゃん若いなあ。子供の頃「鞍馬天狗」を観ていたっけ…「姓はオロナイン、名は軟膏」って…通じないか(^^; さて、好天に恵まれ気持ちのいい休日の昼下がり。納品後、開梱してそのまま放置状態だったアキュフェーズのご機嫌伺い。ようやく定位置にセットして音出しとなった。


DSCN6337 (640x427)

DSCN6341 (640x427)


三年前にスピーカをアヴァロンのエクリプスにしたときから、いずれアンプを入れ替えようと思い、あれこれ物色していた。気に入って使っていたラックスマンのL-570に大きな不満はなく、当初はその延長線上で同じラックスマンのA級プリメインにしようと考えていた。しかし、最新モデルではないものの同社のA級最上位機種を試聴した結果が思わしくなかった。音質以前の問題として、残留ノイズが四半世紀前のL-570よりずっと大きく、少なくてもラックスマンのプリメインは諦めざるを得なくなった。そこで方針転換。音の傾向としては対極とされることが多いアキュフェーズが有力候補となった。音の傾向よりも、まずは静かなアンプであることが大前提だった。仕様書にある定格出力時のSN比では実使用時の静かさは判断できない。残留ノイズの値が示されていればいいのだが、重要な仕様値にも関わらず、ほとんどのアンプでその記載はない。アキュフェーズは、創業者の春日氏が高能率のホーンシステムを使っていることから、残留ノイズに関して厳しい耳で設計に臨んでいると以前から聞いていたこともあり、アキュフェーズならその辺りの問題はないだろうというのが、同社を選んだもっとも大きなポイントだった。あれこれ悩んで最終的に導入したのは以下のモデル。

パワーアンプ:A-70
プリアンプ:C-2450
フォノイコライザユニット:AD-2850
CD/SACDプレイヤー:DP-560

プリアンプとプレイヤーはアキュフェーズのラインナップ中は下から二つ目のランクながら、それぞれ今年の春と夏に出た新機種。プリアンプC-2450は前のモデル2420と大きく変わったところはないが、プレイヤーのDP-560はデジタル外部入力の仕様が今風にアップデートされている。また一部に不評だったメカニズムの作動音などが改善されている。パワーアンプは当初A-47の予定だったが、同じA級動作上位モデルA-70のマッチョな面構えにやられてしまい、8畳方寸の道楽部屋には少々過剰スペックかとも思ったが、ワンランクアップとした。

ひと通りセットアップを完了して音出し。
期待した通り、実に静かなアンプ。無音状態でボリュームを上げてみるが、LINEレベル入力ではボリューム位置を15時過ぎにしてスピーカユニットの耳を近付けてもほとんどノイズは聴こえない。PHONE入力(負荷はオルトフォンSPU-G)では無音とはいかないが、2.5mほど離れたリスニングポジションではほとんど聴こえない。もっともPHONE入力に関してはプレイヤー側の信号伝送系統も重要要素なので、アンプ側の問題だけではない。いずれにしても残留ノイズの少なさ、実使用時SNの良さに関しては、まったく不満なく休心した。

管弦楽、ピアノ、弦楽ソロなどいくつか聴いてみたが、評判通りの解像度の高さを実感する。一つひとつの音が切れよく、また混濁感なく立ち上がる。その結果、スピーカーで展開される音場表現・空間表現が秀逸で、録音現場の様子がこれまで以上にイメージできる。マッチョな面構えゆえに選んだパワーアンプA-70の真価をさぐるべく、フュージョン系音源を少し大きめな音量で聴いてみたが、もちろん破綻などあろうはずもない。どこまでもタイトなバスドラムとスラッピングベースの音に圧倒される。他のモデルと違ってA-70のパワーメータはLEDによるバー表示に加え、7セグによる数値表示が出る。8畳洋間でスピーカーに能率86dBのアヴァロンを使っている状態では、BGMとして静かに聴いていると2W未満、ほどほどのボリュームで5~20W、少し大きめな音量で30~50W、防音していない戸建住宅での限界レベルかと思われる爆音で100W程度のピークを示す。A級動作ゆえの発熱も心配したが、大型ヒートシンクのおかげでラックスマンL-570よりずっと低い温度で問題なさそうだ。

まともにスピーカーと対峙して音楽を聴くことも以前と比べ少なくなった。そんな状態でオーディオセットを入れ替えるのはどうしたものかとも思ったが、限られた機会、限られた時間だからこそ、そのときは出来るだけいい条件で聴きたいと、勝手な理屈でちょいと散財。音楽の聴き方をより深化させ、投資回収に努めよう。個々の機器に関するインプレッション等はまたいずれ。





★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

オルディゲス メンテナンスから戻る



愛器オルディゲスがメンテナンスからから戻ってきた。
手に入れてから3年が経つゲルハルト・オルディゲスのギター。以前からネックのわずかな順反りが気になっていて、少し前にこの楽器を購入した恵比寿の販売店に相談を持ちかけた。


R0014268 (560x560) R0014265 (560x560)

取り外したフレット
R0014269 (560x560) R0014270 (560x560)


ネックの順方向の反りに対する考え方や感じ方は人それぞれで、一定範囲であれば許容範囲とされるし、弦のビリ付きへの対応から必要な要素でもある。ぼくは人一倍、いや人三十倍くらいネックの状態に神経質なこともあって、オルディゲスギターのわずかな反りが気になっていた。12フレットでの弦高は6弦側、1弦側とも標準寸法以下で問題ないのだが、ネックが7フレット辺りからわずかに起きているため、3~7フレット辺りの弦高さが少し高い。店主には「おそらく許容範囲だとは思うが、何か手があれば少しでも改善したい」と伝えた。

ネック反りの修正方法はいくつかあって、加熱プレスするアイロン方式がもっとも簡便だが、時間経過と共に戻ってしまう場合が多い。指板の厚さに余裕があれば、削りなおしてフレットを打ち直す方法が確実。ぼくのオルディゲスに関しては黒檀指板の厚さがやや薄いためその方法が使えない。実際のメンテナンスをお願いする製作家のネジメさんから「この程度の反りは許容範囲ではあるが、フレットの打ち直しだけでもいくらか改善できるかもしれない」とのコメントがあり、それではとフレットの打ち直しを依頼した。フレットの指板への打ち込み部分の形もいろいろとあるようで、やや太目の足をもつ材料を打ち込み、それで指板表面を順反りとは逆方向に押し広げるという手法だ。

当初予定よりも早く完了の連絡。きょう都内での仕事の帰りに立ち寄り、受け取ってきた。さすがは第一人者ネジメ氏熟練の技。以前の状態よりもずっとよくなっていて、ネックフェチのぼくにもほとんど気にならない程度に修正された。フレットの打ち込み具合もオリジナルの状態よりカッチリとしていて見るからに気持ちがいい。帰宅後、ゆっくりと調弦をして少し弾いてみたが、併せてお願いしていたサドルの新規作成と相まってか、音の密度が上がった(ような気がする)。 これでまた気持ちよくオルディゲスと付き合えそうだ。

<追伸>
きょう恵比寿の店で楽器を受け取り、居合わせた別の客と店主をはさんで二言三言おしゃべり。しばらくするとのその男性客から「あのぉ、六弦…ブログやっている与太さんですか?」と声をかけられた。びっくりしたなあ、もうぉ(^^! 世間もギターの世界も狭いことをあらためて認識した。声をかけられたのが楽器店でよかった…(^^


オルディゲスと、ステファン・ニチカという製作家の新作試奏。弾き手に少々難有りだが…


与太playsオルディゲス(^^;



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)