一周忌



ギタリストで作・編曲家として活躍した佐藤弘和氏が亡くなってから一年が過ぎた。2016年12月22日に50歳の若さで世を去った。


201712_Sato_Hirokazu.jpg


1966年弘前市生まれの佐藤氏は一流のギター奏者であると同時に、多くのギター曲を残した。弘前大学教育学部で音楽を専攻され、クラシック音楽全般に精通。とかくギター音楽だけに偏重しがちなギター界にあっては貴重な存在だった。佐藤氏は自身の作品に関して、作曲のモットーは「弾き易くわかり易くメロディックであること」といい、また「楽器としてのギターを弾くことだけに偏りがちな傾向を打破するために、普遍的な音楽の中でのギターというものを考えていきたい」との信条をお持ちだった。

佐藤氏の作品には規模の大きなソナタもあるが、同時に、そうした信条を反映した技巧的に無理のない、シンプルで音数の少ない小品も多い。そしてそうした小品においても、豊かなメロディーと気の効いたモダンな和声が施され、弾いていて気分のよくなる曲ばかりだった。

ぼくは数年前にmixiを通じて知遇を得て、何度かメールのやり取りをした程度のお付き合いであったが、「与太さんの作った作曲家年表をレッスン室に貼りましたよ。とても便利。タレガとムニエルやカラーチェの同時代性を確認できて面白かった!」と返信を受けたことがあった。 また、知人とmixiの発表会で弾いてYOUTUBEにアップしたグラニアーニの三重奏に対して、「いい雰囲気で楽しそう!音楽がよく流れていますね!」とコメントいただいたことを思い出す。

この一年で遺作ともいうべき作品集がいくつか出版された。中級レベルのアマチュアギター弾きが座右において楽しむには格好の小品群が並んでいる。ページを開いて、その日の気分で気軽に楽しみながら、同時に、楽曲の様式感や和声の感覚など、音楽的にも充実感を味わえる小品集として、これからも折にふれ弾いていこうと思う。


最近、録音から遠ざかっているので、以前何度かアップした古いもので失礼。
昨年出版されたから<48のやさしい小品集>からヘ短調の「北の歌」


同「葬送行進曲」


<小シチリアーナ> 5年程前に録音した音源。野球の投球で「ボールを置きにいく」という表現があるが、この演奏は「音符を置きにいっている」ような演奏。シチリアーナの流れが感じられない悪いサンプルだ。与太!喝ッ!



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)