ブログ記事



自虐的に言う必要もないだろうが、このブログの記事にはほとんどオリジナリティはない。多少は自分の感想、考えを書いてはいるが、大半はすでに世にある情報の繰り返しに過ぎない。取り上げる盤もたまたま聴いた盤を思い付くまま選ぶだけ。…ではあるが、それでも、演奏の印象をどんな風に表現しようか、参考になるようなYOUTUBE音源は何を貼ろうかと思い巡らす。そんな中、だいぶ前から気になっていることがある。このブログで取り上げた盤やジャンル、話題や貼ったYOUTUBE音源などをそのまま取り上げた、あるいはそれにきっかけを得て仕立てたような他のブログ記事を散見するようになった。ありていに言えば「何となくマネされているなあ」と感じることがあるのだ。

一度や二度なら偶然もあるだろうが、何度か続くと偶然とも考えにくくなる。ある知人からこんな話を聞いた。その知人は自分の趣味に関するインスタグラムを開いていて、写真と併せて考え抜いた簡単な説明や感想を記載している。知人によると、フォローし合っている他のインスタグラム利用者の記事に、しばしばその知人が考えたフレーズが使われているのだそうだ。知人曰く、そのフォロワーは知人の記事に対して「いつも素敵なフレーズで楽しみにしています」とコメントしてきたそうだ。知人としては、アクセスされるのはうれしいが、そのまま何のことわりもなく自分の言葉やフレーズが流用されるのは、やはり愉快ではないという。敬愛するその道のプロや作家をトレースするのはよくあることだし、ぼく自身は問題とは感じない。しかし素人が素人のマネをするのは感心しない(プロがプロの…も同様)。ブログを書く動機や目的は様々で、勝手気ままに書けばいいと思っているが、だからこそ自分の頭と感性の範囲で書けばよいと思う。アクセス記録を解析して何がしかの「裏取り」は可能だろうが、そんなことをする気もない。せめて「与太さん、その記事・音源ナイス!いただきます!」くらいのコメントがあると休心する。

…そういう与太さん、アンタの記事もあちこちのマネが多いぜ…と言われるかもしれない。ぼく自身はブログを始めてからというもの、自分の記事を書くのに精一杯で、他のブログをみることが少なくなったから、そもそもマネすべき記事に触れる機会が少ない。それに、もし自分が記事にしようと思っていたようなことが書かれているブログを見たときは、意識的に(心情的に)同じ話題は避ける。それでも偶然やその他の要因が重なり、そう思われることがあるかもしれない。そんな風に考えていると、こんなブログなどやめ、ひとり静かに音楽と接していた方がいいかなと思うのだ。


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

最近弾いたギター 2018年年始編



きょうは都内での仕事を早めに切り上げ、知人と落ち合って上野入谷方面へゴー! 馴染みのギター専門店「アウラ」へお邪魔し、少々遅い年始挨拶方々気になる楽器をチェックしてきた。

試奏する知人
IMG_0062.jpg


アウラは昨年秋以来三ヵ月ぶり。地下鉄日比谷線入谷駅から歩くこと数分でアウラに到着。例によって奥の間へ通される。事前に電話を入れ、見たい楽器を連絡しておいたでのさっそく試奏となった。きょうは拝見したのは以下のギター。いずれも高水準の音。ネックの状態など健康状態も良好なものばかりで楽しく試奏した。中でも印象に残った楽器をいくつか挙げておく。

エドガー・メンヒ1世 1966年
ハウザー3世 2007年
ハウザー3世 1981年
バルベロ・イーホ 1997年
ショーン・ハンコック ハウザー1世モデル 2017年新作
ブライアン・コーエン ルビオモデル 1983年
尾野薫 ハウザー1世モデル 2005年 他

今回、事前にリクエストしたおいた筆頭がメンヒ1世のギター。メンヒ2世はよく見かけるが、1世それも60年代あるいはそれ以前のものは中々出くわさない。10年程前、神田明神方面にあったメンヒ1世の60年代のものが好印象で記憶に残っていた。そのときの記憶ではボディーは軽く出来ていて、ボディ共鳴(低音ウルフ)もF#辺りと低め。ハウザー1世や古いスパニッシュをほうふつとさせる音だった記憶がある。今回の1966年作はメンヒ1世には珍しく横裏板がハカランダ。重量もあって、かなりしっかりした作りの個体だった。しかし出てくる音は意外に軽い発音で、特に中高音は澄んだ音が抜け良く響き好印象だった。メンヒ2世のギターは仲間内で使用者がいるのでしばしば耳にするが、1世の時代とは異なる、より現代的で重厚な音だ。

ハウザー3世はいつもながら安定していて素晴らしい音。2007年作はぼくが使っている2006年作と近いこともあって、音の印象も似ている。低音も高音も太く鳴りながら、あいまいなところがない。また弾き手の手元の鳴りは控えめながら、数メートル離れた前方では実に明瞭に聴こえてくる。1981年作は3世作としては初期のもので、#48のシリアル番号が付されていた。まだ2世(1911ー1988)が存命中の時期で、3世のラベルながら父子共作の頃だったかもしれない。30年余を経ていることと、前所有者がよく弾き込んでいたことを伺わせ、2007年作と比べると明らかに音の抜けがよく、今回もっとも印象に残った1本だった。

尾野薫とショーン・ハンコックのハウザー1世モデルは共にやや軽めのボディーで、低音高音とも品位のある音で申し分なくよく鳴っていた。ブライアン・コーエンのルビオモデルは太めの男性的な音ながら、高音は明瞭に発音し、660㎜の弦長も気にならなかった。

いずれ劣らぬよい楽器を囲んで、また鎌田社長のフレンドリーな対応もあって、いつながらの楽しい一時間。そして、これもいつもながら、試奏の礼代わりに知人は弦を、ぼくはナクソス盤のCDを1枚買い求めて店をあとにした。


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ウェーバー フルートソナタ集


週末土曜の朝。早起きを強いられる平日から解放され、寿命が3年は延びる感じ。気持ちよさにつられて朝食のパンも対平日比5割増だ(^^; さて、そんな気分につられて朝の音盤タイム。こんな盤を取り出した。


201801_Weber_FL.jpg


ウェーバーのフルートソナタ集作品10。ジャン・ピエール・ランパルのフルート、ジョン・スティール・リッターのピアノ。1982年録音。第1番から第6番までの6曲からなり、元々ヴァイオリンとピアノのための作品として出版され、のちにフルート版がウェーバー本人の許諾も得て出版された由。ヴァイオリン版との違いはフルートでは演奏不可能な低い音域の変更や和音の単音化など僅かにとどまり、ピアノパートはまったく同一、とライナーノーツに記されている。
全6曲のうち半分は2楽章だけ、比較的規模の大きな第6番を除くと、いずれもちょっとした小品というほどの規模だ。この曲は元々<アマチュアに向け作曲・献呈されたヴァイオリンオブリガート付き段階的ピアノソナタ集>と題されていたそうで、時代的にはロマン派に属するウェーバーではあるが、古典的な様式感と簡潔な和声で書かれている。ただ、この時代以降好まれた異国趣味が反映されていて、ボレロ、ポロネーズ、ロシア風といった指定が、全6曲の5つの楽章に付されているのが特徴的だ。

このレコードも以前ネットで激安箱買いした数百枚の中に混じっていたもの。そんなことでもなければ、フルート学習者でもないぼくが自ら選んで手にすることもなかったろう。作品の規模、難易度から、コンサート用プログラムにのることはほとんどないのだろうが、爽やかな休日の朝に聴くに相応しい中々チャーミングな作品だ。


全6曲の中ではもっとも規模の大きな第6番ハ長調(といっても8分ほど)。オリジナルのヴァイオリンによる演奏。近年しばしば来日しているイザベル・ファウスト(ヴァイオリン)&アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)というコンビ。


同第2番



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジュリアーニ<大序曲>


週明け月曜日。事情あって少し早く帰宅。夕方時間があったのでギターを取り出す。ひとしきりスケールやアルペジオで指慣らし。そののちカルカッシ25の練習曲から半分ほど拾い弾きし、そのあとは目に付く楽譜を気ままに弾き散らかすという、いつも通りの練習にならない練習。先日の記事でマウロ・ジュリアーニの<英雄ソナタ>をさらっていると書いたが、きのうは同じジュリアーニの<大序曲>もヨタヨタと弾いてみた。


201801_MG_Grand_Overture.jpg


マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)はイタリアのギタリスト・作曲家。19世紀ギター界の雄:フェルナンド・ソル(1778-1839)とほぼ同世代にあたる。ヴァイオリンやチェロも修め、ベートーヴェンの第7交響曲初演ではチェロパートに参加していたと伝えられている。19世紀初頭のウィーンで大そう活躍し、人気も博したようだ。クラシックギター弾きにはソルと並んで19世紀古典ギター隆盛期を代表する作曲家としてお馴染みの存在だが、作風はかなり異なる。ソルの作品はその豊かな和声感と陰影に富む穏やかなロマンティシズムに満ちているのに対し、ジュリアーニはよりシンプルで明快な作風。イタリアの空を思わせるというと、いささかステレオタイプな言い方になるが、そんな比喩が当てはまる。作風の異なる二人だが、共通しているのは古典的な様式感と和声感、そしてそれらを具現化する道具としての弦楽四重奏やオーケストラの響きのイメージがギターに盛り込まれていることだ。もちろん二人とも管弦楽を使った作品も書いていて、オーケストラの扱いはひと通り心得ていた。実際、ソルの楽曲はその構成音をそのまま弦四の各パートに音を置き換えても、違和感なく古典音楽として成り立つだろう。

ジュリアーニのこの<大序曲>も、楽譜の音形だけ見るといかにもギター的なアルペジオや跳躍が随所に見られるが、弾きながらイメージをふくらませると、オーケストラの響きが容易に想像できる。また、そういうイメージを持ちながら弾かないと、この曲も単なるギターヴィルティオーゾのショーピースに終わってしまう。ギター弾きの中には、他のクラシック音楽をほとんど聴かない輩も多い。しかしギターを弾くにあたっても、管弦楽や弦楽四重奏などに広く親しみ、その響きのいかなるものかを知っていることは、よい演奏だけでなく、単に楽しむ上でも必須事項だと感じる理由はそんなところにもある。


以前ソルの記事に貼った作品54bisのYouTube動画で弾いていたデュオコンビの一人が、この<大序曲>のオーケストラ的要素とギターにおける表現について述べている。1分半過ぎから管弦楽版に仕立てた<大序曲>の一部がMIDI音源で流れるが、実に自然に管弦楽作品になっている。ベートーヴェンが「ギターは小さなオーケストラだ」と言ったのも、当時ウィーンで人気を博したジュリアーニのこうした作品や演奏に接していたからかもしれない。


村治佳織の弾く<大序曲> 2003年とある。彼女がもっとも輝いていた時期だと思う。この頃英デッカを契約し、メジャーレーベルとの契約で大いに騒がれた。しかし以降リリースされるアルバムはクラシックギターの保守本流ともいうべきレパートリーから次第に離れていった。


楽譜付き音源


管弦楽編曲 音源がもう少しまともなら、よりリアリティがあったのだが。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

エヴァ・リンドのウィンナソング


ぼちぼち正月気分も終わって日常回帰。これといって正月らしいイヴェントもなく終了。元旦恒例のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートもどこへやらの正月だった。実のところニューイヤーコンサートをここ近年まともに観ていない。映像もより美しくなり演出も華やか。まこと正月には相応しいのだろうが、昔と違ってこちら側の問題で、斜に構えているつもりはないが、何となく居心地がよくなくなってしまった。近年で印象に残ったのは2010年のジョルジュ・プレートル(1924ー2017)のときくらいだろうか。そうはいっても何となく華やいだ音楽はやはりこの時期に聴きたくなる。そこでこんな盤を取り出した。


201801_Lind2.jpg  201801_Lind.jpg


ソプラノのエヴァ・リンド(1966-)のソロデヴューアルバムとして出たウィンナ・ワルツを集めたレコード。伴奏はフランツ・バウアー・トイスル指揮ウィーンフォルクスオパー。1986年の録音で翌年リリースされた。時代はCDへの移行が進んでいた時期でアナログレコードとしては最後期のものだろう。収録曲は以下の通り。お馴染みのウィンナワルツが並んでいる。中ではアルディーティの曲が珍しい。

J.シュトラウス2世
 1. 春の声
 2. 愛の歌
 3. オペレッタ「カサノヴァ」~尼僧たちの合唱
 4. レモンの花咲くころ
ヨゼフ・シュトラウス
 5. オーストリアの村つばめ
アルディーティ
 6. 話して!
J.シュトラウス2世
 7. シーヴェリングのリラの花
 8. 皇帝円舞曲

ウィンナワルツはやはりウィーンのローカルな味わいが身上だ。ジプシーやハンガリーの土の匂いが残るくらい、あまり立派でインターナショナルでない方がいいというのが持論で、そんなところから近年のニューイヤーコンサートに居心地の悪さを覚えてしまう。ウィーンフィルでいえばやはりボスコフスキー時代が格段に雰囲気があるが、このフォルクスオパーには土着のオペレッタ劇場の雰囲気を感じる。他ではロベルト・シュトルツが振ったものなども格別の味わいがある。

さて、この盤。当時エヴァリンドは22歳。人気上昇中の時期で、まことに若々しい声とチャーミングな歌いっぷりだ。フランツ・バウアー・トイスル指揮ウィーンフォルクスオパーのバックも決して出過ぎずに程々の塩梅。これがウィーンフィルだともっと華麗に響き、歌ってしまうだろう。珍しいといったアルディーティの<話して!>はやはりウィンワルツの<接吻円舞曲;イル・バチオ>と共に彼の名を残した曲だ。たまたま<接吻円舞曲>は隣り町のマンドリン楽団で演奏したこともあって、アルディーティの名前が印象に残っている。イタリア人の彼だが完全にウィンナスタイルの曲を作り、当時夫人とヨーロッパ中を演奏旅行したらしい。B面最後のトラック、定番の<皇帝円舞曲>ではフォルクスオパーの合唱団も入って一層雰囲気を盛り立てる。情緒豊かな管弦楽と楚々とした歌いっぷりは、新年の清々とした気分によくマッチしていて好ましい。


このレコードから25年を経てエヴァ・リンドも相応に歳を重ねたが、幸い?大アネゴにはならず、チャーミングだ。2009年中東ドバイのホテルでウェルシ社のオルガン伴奏で歌うリンド。


ルネ・コロとのデュオ。メリーウィドウ・ワルツ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

聴き初めはラテンでGo!


新春も穏やかに明け、正月二日目。
きのうの元日は古来の習わしに従い歌舞音曲を控えていたが、きょうは本年最初の音出し。きっと多くの音楽ブログ主はきょうあたりから<聴き初め>の記事をアップしているのかな…。ぼくも年の初めは独逸の重鎮シューマンの交響曲でもじっくり…と思いつつ音盤棚を眺めていたら気分が変わり、こんな盤を取り出した。


201801_salsa.jpg  201801_Latin.jpg


オルケスタ・デ・ラ・ルス1991年リリースのセカンドアルバム「サルサに国境はない」。
オルケスタ・デ・ラ・ルスがアメリカでブレイクし、日本でも人気を博したのは80年代後半から90年代半ば。その後一旦解散するも2000年代に入って再結成、現在も活躍中だ。このアルバムもどこから聴いてもゴキゲンなラテンのノリが楽しめる。もちろん音楽の質、つまりバンドとしてのアンサンブルやそれぞれの楽器のテクニックなどは、カルロス菅野、大儀見元、塩谷哲、中路英明などそうそうたるメンバーを揃え、極めて高い。

ラテン音楽の森(森というより熱帯雨林かな)は深く広い。少し前にやや本気でラテンを聴こうかと思ったことがあったのだが、途方もない広がりを前に、早々に深入りはやめることにした。手元には写真の通り、ごくわずかながらラテン音楽の盤があって、時々聴いている。ウ~ッ、マンボ!のペレス・プラードに始まり、ザビア・クガート、エンリケ・ロドリゲス、フロリンド・サッソーネ、ハリー・ベラフォンテ。本邦勢では見砂直照と東京キューバン・ボーイズ(古ッ!)、熱帯ジャズ楽団、オルケスタ・デ・ラ・ルスといった盤が何枚かある。全部合せても20枚に満たないし、もちろんラテンを語る資格もそのつもりもないのだが、憂愁に満ちたブエノスアイレスの街をイメージするピアソラだけでなく、パーッと明るい中南米音楽はまた違った楽しみ。特に当世の熱帯ジャズ楽団やオルケスタ・デ・ラ・ルスはいつ聴いても明るくて楽しく、ラテン・ハイになる。


このアルバムにも入っている「私はピアノ」サルサ・ヴァージョン。


「私はピアノ」はサザンの曲として世に出たが、程なく高田みづえがカヴァーしヒット曲をなった。1980年紅白。20歳とは思えない落ち着いた歌いぶりの高田みづえ。八神純子と太田裕美のピアノ。サザンお得意の昭和歌謡調。昭和30年代前半に大流行したラテン音楽は、昭和歌謡の一つのルーツ。 ラリーカールトンにビリージョエル…時代だなあ。


その後若嶋津夫人となった高田みづえ。2015年8月NHK「思い出のメロディー」にて30年振りに一夜限りの復活。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)