シーズン7



きのう聴いたブルックナーの第6番。それじゃあ流れで第7番を…7番、7番、ナンバー7…と唱えながらネットを覗いていたら、いきなりビッグニュースが!


201802_Kodoku_7.jpg


孤独のグルメseason7放送決定の報。4月6日金曜日スタートで全12回。
6年前の2012年1月にひっそりと始まりながら、深夜帯としては異例の高視聴率をマーク。今やテレビ東京の看板番組といってもよいほどになった「孤独のグルメ」。井之頭五郎を演じる松重豊も以前からバイプレイヤーとして知られていたが、この番組で一気にメジャーになった。昨年2017年4月からseason6が放映され、年末には瀬戸内出張編スペシャルがあったばかりだ。ともあれ、思いのほか早くシーズン7の登場となったことを喜びたい。


急逝した大杉漣が出演した回の一部。「東京キネマ倶楽部」は、中に入ったことはないが、ギターショップ「アウラ」へ行った帰り、JR鶯谷駅へ向かう途中で必ず横を通る、お馴染みの場所だ。


東京キネマ倶楽部@鶯谷 グランドキャバレーの全盛期を知っているのは、ぼくらアラカン世代の二回りくらい上の世代ではないだろうか。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シュタルケルのドヴォルザーク



朝晩は冷え込むものの、さすがにピークは過ぎた。例年になく長く寒い冬だったが、ようやく終わりに近づいたようだ。さて週明け月曜日。年度末業務も程々に進行し、切羽詰まることもなく休心。きょうも7時ちょうどに帰宅した。ひと息ついて二日ぶりの音盤タイム。こんな盤を取り出した。


201802_Starker_AD.jpg


シュタルケルとドラティ&ロンドン響が組んだドヴォルザークのチェロ協奏曲。手持ちの盤は十年程前にリリースされた廉価盤シリーズ中の1枚。ハンガリー生まれのヤーノッシュ・シュタルケル( 1924-2013)は10歳になる前から天才ぶりを示したといわれ、その後アメリカへ渡り、デトロイトやシカゴのオーケストラの主席奏者も務めた。このドラティとの盤は1962年、彼が40歳代を目前にした、もっとも充実していた時期の録音だ。

シュタルケルというと例のコダーイ無伴奏チェロの有名な録音の印象が強く、無類の技巧派で、ともかく何でもバリバリ弾くようにイメージしがちだが、このドヴォルザークではそういうイメージはない。もちろん技巧的には完璧で余裕をもってこの難曲を涼しい顔で正確に弾き切っているのだが、決して激することもないし、大見得を切るような解釈もない。むしろ彼の力量からしたら、すべて抑制を効かせて弾いているように感じる。それほどすべてが自然だ。この曲は全楽章、憧れと郷愁に満ちた美しい旋律にあふれているが、その一つ一つを丁寧に弾き進めている。第1楽章第2主題のしみじみとした歌いっぷり、第2楽章後半のオケとの掛け合い、終楽章の独奏ヴァイオリンとの併奏部分など、控えめながら説得力のある表現だ。オケの主席奏者としての経験が十分にある彼の特質なのかもしれないが、オケと一体になって音楽を進めているのがよく感じ取れる。バックを務めるドラティ指揮のロンドン交響楽団も申し分ないサポートぶり。録音も米マーキュリーのクリアかつ自然な音作りで、今聴いてもまったく色あせていない。併録されているコル・ニドライやチャイコフスキーのロココバリエーションも文句なく素晴らしい。


この盤の音源。1962年英ファーストプレス盤とのこと。


高関健&N響との協演。第1楽章。おそらく90年代初頭のものかと。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

BWV639



夜半を過ぎて、モーリス・ジャンドロンの弾く小品集を聴いている。


BWV 639 Ich Ruf zu Did Herr  201802_Gendron.jpg


お馴染みのチェロ小品が並ぶ。その中の一曲、バッハのコラール前奏曲「主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる」BWV639。オルゲルビュッヒライン(オルガン小曲集)を楽譜を眺めつつ聴く。フルニエがこの曲を録音し楽譜も出ていることから、ジャンドロンの盤にも収録されたのだろう。その美しさゆえに古くから単独でも取り上げられ、オルガン以外の楽器でもしばしば演奏される。

オルガン譜にはフラット3つが付されているが、d=レには常時臨時記号としてフラットが付きdesになっていて、実際にはフラット4つのヘ短調として出来ている。バッハがなぜこんな記譜をしたかについて知人から「三位一体の修辞学的提示に他ならない。<我は御身を呼ぶ、イエス・キリストよ>というイエスは父と子と聖霊は一体ということからして神に向かっていることも同時に示している。」とのコメントがあった。

そう教えてくれた知人らと集まって以前、フルート・チェロ・ギターで遊んだ際にこの曲も合わせた。フラット4つはギターでは弾きにくいので、半音下げてホ短調でやらないかとぼくから提案したのだが、知人のコメントもあって、ここはやはりオリジナル尊重すべしということでヘ短調で演奏することにした。但しギターは少々インチキをして、カポタストを1フレットに付け、その状態でホ短調の楽譜で弾く。これで出る音はヘ短調になる。シャープひとつの楽譜とフラット4つの楽譜ではメンタリティーが異なるのだが、そこは<気分はf-mol>で勘弁してもらった思い出がある。


チェロとオルガンによる演奏


ポール・ガルブレイスのブラームスギターによる演奏。


オリジナルのオルガンによる演奏。楽譜付き。



バッハにおける記譜と実際の調性に関する考察。この動画に寄せられたコメントには、教会旋法から移行する時期に(手馴れた)ドリア調で記譜して、臨時記号を付して旋律的短音階にするという手法がとられたとある。記譜=ハ短調、実際の調性=ヘ短調というBWV639の事例はこの動画で解説しているホ短調~イ短調の関係と同じで、この理屈で説明が付くことにはなる。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

森口博子



インフルエンザやノロウィルスとも幸い縁なく二月も半ば。きょうは寒さ緩んで日中は暖かな日和になった。ぼちぼち春一番の時期だ。業務程々に推移。きょうもいつも通り7時ちょうどに帰宅した。ひと息ついて、YOUTUBEを見るでもなく見ていて思い出し、こんな盤を取り出した。


201802_Moriguchi.jpg


森口博子のヒット曲を集めたベスト盤。2013年リリースの<パーフェクト・ベスト>。収録曲は以下の通り。

1. ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~
2. もっとうまく好きと言えたなら
3. Let’s Go
4. ホイッスル
5. あなたといた時間
6. スピード
7. 水の星へ愛をこめて
8. あなたのそばにいるだけで
9. 視線
10. LUCKY GIRL ~信じる者は救われる~
11. 夢が MORI MORI
12. 愛は夢のとなりに ~Dear Formula 1 Pilot~
13. 恋はタヒチでアレアレア!
14. もうひとつの未来 ~starry spirits~
15. 誘惑してよね夏だから
16. その胸の中でずっとずっと
17. やさしい星で

80年代半ば、ぼくはせっせと地味に仕事をし、オッサン予備軍の年齢になっていたので、アイドル歌手全盛期の当時について何も語ることは出来ないのだが、今頃になって気になる歌手がいる。その中の一人が森口博子だ。コンスタントなビッグヒットには恵まれず、アイドル歌手としてはイマイチであったが、その後は元祖バラドルとして、TVのバラエティーやトーク番組ではすっかりお馴染みなった。しかし、もとより歌の上手さでは折り紙つきの彼女。軸足はやはり歌手で、新曲のリリースこそ少ないが、現在もコンスタントにライヴをこなしている。

ざっと通して聴いてみると、やはり80年代アイドル時代の曲作りと音作り。アップテンポのポップな曲が続く。中では映画「機動戦士ガンダムF91」のテーマとして一番のヒット曲となった<ETERNAL WIND>、同じくガンダムのテレビ版主題歌<水の星へ愛をこめて>、PS2版の<もうひとつの未来>、それとCMに使われた<その胸の中でずっとずっと>などが、曲・編曲とも秀逸。単なるアイドルポップスに留まらずフュージョンテイストの凝ったコードワークも使われている。昨今はアニソンなるジャンルが成立しているらしく、ガンダム系統の曲から、彼女の名前もその方面で知られているようだ。

1968年生まれの彼女も今年は五十歳。あまりに素直な声でうまく歌うことで、かえって没個性になってしまい、強烈な個性を押し出す存在ではないだろうが、しかし、この声と歌唱でもう少しいろいろな曲を聴かせてほしいと、ひと回り以上年上のオジサンは思うのだ。


最大のヒット曲<ETERNAL WIND> 2015年ver.


デヴュー曲<水の星へ愛をこめて>と<ETERNAL WIND>(3分45秒から)
ライヴらしいパフォーマンスと分厚いバックサウンドで聴き映えがする。


<ETERNAL WIND>原作者の西脇唯



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ラフマニノフ チェロソナタ ト短調



三連休明けの火曜日。朝から頭痛に見舞われた。原因ははっきりしていて、寝不足、不摂生、そして何より仕事がよくない(-.-; 早めに床についてたっぷり寝て、そして仕事から解放されれば快調になる。話は単純なのだが、中々そうもいかないのが世の常だ。まあ仕方ないっスね。さて、つべこべ言わず今宵の一枚。こんな盤を取り出した。


201802_Tortelier_15.jpg


例のトルトゥリエのボックスセット中のディスク#15。この盤にはチェロソナタが3曲入っている。ショパンとラフマニノフ、それとフォーレ2番。今夜はその中からラフマニノフのソナタを選んだ。1968年の録音で伴奏をアルド・チッコリーニが付けている。

ラフマニノフの作品中もっともよく知られているのはピアノ協奏曲第2番だろうが、このチェロソナタはその甘口コンチェルトの直後に書かれているにも関わらず、甘さ控え目で中々渋いロマンティシズムに満ちている。そしてラフマニノフらしくピアノパートは素人のぼくが聴いてもかなり難易度が高そうだと察しが付くほど雄弁だ。第1楽章はLentの序奏のあとかなり激情的なアレグロが続く。第2楽章のスケルツォもタランテラ風で熱がこもっている。第3楽章アンダンテがもっともロマンティクな曲想だが、メジャーキーとマイナーキーの間をたゆたうように進む具合が美しい。ラフマニノフは露骨な甘さがいささか…という向きにはこのチェロソナタがお薦めだ。


トルトゥリエによるこの曲のレッスン。若き日の倉田澄子も。


ゴーティエ・カプソンのチェロとミニスカ・ピンヒールでお馴染みのユジャ・ワンのピアノによる全曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

高橋竹山



再び寒波到来。いつもは上越国境の山々でブロックされる雪雲が、きょうはその勢い止まらず、雪雲の末端が県南部の平野部まで押し寄せてきた。降雪には至らないが、時折空が掻き曇る。陽だまりリスニングと思い立ったが、明るい陽射しには遠い。そんな空模様を眺めてつつ、思い出したようにこんな盤を取り出した。


201802_高橋竹山


高橋竹山(1910-1998)の津軽三味線。1973年渋谷ジャンジャンでのライヴ録音。当時から高橋竹山の素の芸を優れた録音でとらえた名盤とされたもの(CD復刻されていないのかな…)。手持ちの盤は後年近所のリサイクルショップで手に入れた。さすがにいつものジャンク箱ではなく、レコードコーナーに収まっていたもの。 高橋竹山はもちろん、津軽三味線についても何も知らないに等しいぼくなどが、この盤について語るつもりはまったくない。しかし思うところあってこの盤を手に入れ、その音に触れたときの衝撃は強く深いものだった。


201802_高橋竹山2


高橋竹山の名が広く知られるようになったのは70年代になってからだろう。それも津軽三味線や民謡の世界だけでなく、広く音楽や舞台に関心を寄せる若い世代の共感を呼ぶうようなった。このジャンジャンでのライヴはその象徴的な記録だ。昨今ではロックやジャズとのコラボレーションもこなし、激しいパッションを表出する津軽三味線だが、この竹山の語りや演奏はそうしたイメージとは程遠い。

「三味線は叩くものはなく、弾くもの」と語った竹山。正確なビートは終始乱れることなく、それにのって中音域の旋律が太く歌う。そして高音域の装飾音のごとき細かな音がさりげない、しかし見事な指さばきで加わる。曲間で会場の若者たちに語りかける津軽弁。厳しく辛かったであろう生い立ちを飄々と語りながら、ときに笑いを誘う様にも、三味線から出る音同様に力任せでない、しなやかに心に訴えくる至芸を感じる。








■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

<バズる美女>


戌年如月閑話休題。
ひと月ほど前、つまり年が明けた頃、スマートフォンを新調した。7年間使ったiPhone4から最新型iPhoneXへ機種変更。今どき7年間も使い続けるかぁスマートフォン…。小学生が大学生になっているわけだ。電話はほとんど使わないので、用途はもっぱら移動中のメールとネット徘徊、YOUTUBE。機能そのものは古い機種でもあまり問題なかったのだが、しかしさずがに通信速度は遅いし、カメラ性能は低いし、ということで重い腰を上げた。変えてみればやはり隔世の感有りで、今更ながら3GからLTEになった通信は安定して速度も格段にアップし、最新のアプリも制限なく使えるようになった。そしてカメラ性能も見違えるほどに向上した。


201802_Magazines.jpg


きょうは仕事帰りに立ち寄った本屋で雑誌を物色。
「バズる美女」というタイトルと物憂げにたたずむ表紙の平成美女に惹かれて月刊PENをピックアップ。レジに持っていくのが少々気恥しく、音楽好きで珈琲好き、美女はついでに…という言い訳を心で唱えつつ、他の2冊を上にのせてレジに差し出した。高校生の頃、桃色雑誌を買うときに数Ⅲ難問集を上にのせてレジに出す、あるいはこの歳になっても美女ジャケ買いのアルバムだけでは気恥しく、つい渋いブラームスの盤を一緒にのせてレジに差し出す。そんな感じを久々に味わった(^^


201802_PEN_2011FEB.jpg


食卓テーブルに上に雑誌を並べて、ほんのわずかな光だけでiPhoneXのシャッターを切ったがクリアに写る。撮像素子と画像処理エンジンの進歩に加え、光学的手ぶれ防止機構も入っているようだ。このところのブログ記事の写真もiPhoneXで撮ることが多く、もしかしたらすでに気付いていた輩がいるかもしれない。「バズる美女」の何たるかは、どうぞ書店店頭でご確認のほどを。そういえば月刊PENは数年前にも美女特集があった。2011年2月号。やはり2月、7年前。そうか、ちょうど先代のスマートフォンを手にした頃のものだったかと、妙な符合に不思議MAX。山下達郎のサンデー・ソングブック25周年特集のBRUTUSはポピュラーファンならずとも必見の一冊。ポップス半世紀の足取りエッセンスです。


月刊PENの平成美女もいいが、ぼくら世代にはやはり昭和の美女が…





■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)