ソルのナンバー7



寒暖を行きつ戻りつしながらの弥生三月。きのうきょうと寒。三週間後に桜満開というのが信じられないが、来週後半から一気に暖かくなるとの予報。どんな塩梅になるのだろうか。 さて、きょうも夜更けて音盤タイム。先日来のセブン・シリーズの続きで、こんなセブンを取り出した。


201803_Sor_Fantasia_7.jpg


フェルナンド・ソル(1778-1839)の第7幻想曲作品30。ジュリアン・ブリームによる1980年の録音。収録曲は幻想曲が2曲(作品30と作品7)と魔笛ヴァリエーション、それとディオニシオ・アグアド(1784-1849)の作品2-1,2,3の3曲が入っている。ソルの作品ではいくつかの変奏曲やソナタが代表作といわれるが、幻想曲第7番もそれらに勝るとも劣らない素晴らしい作品だ。

ソルの幻想曲は大部分が変奏曲部分を含んでいたと思うが、この第7幻想曲もその一つ。盟友アグアドに捧げたとされている。曲は正に古典の薫り高く、かつ初期ロマン派風の主情を併せ持つ。変奏の一つ一つが原曲をうまく生かしつつ充実した和声を展開し、味わい深い。ジュリアーニなどイタリア系の華麗な技巧お披露目的要素の強い変奏曲と比べるまでもない。 ブリームの演奏は古典的様式感や表現の枠を守りながらも、時々聴かせるタメやヴィブラートの効いた美音などは70年代から続くいつもながらの彼のスタイルを踏襲している。この録音から三十年余を経た今なら、より普遍的な古典スタイルの演奏もあるだろうが、当時はまだこの曲の録音自体が珍しかった。それでもこの曲の良さを伝えるに十分な演奏だ。


ソル 第7幻想曲の楽譜。スウェーデンのBoijeコレクションから。
http://boije.statensmusikverk.se/ebibliotek/boije/pdf/Boije%20502.pdf

ソルの多くの作品はこちらのリンクから。
http://www.guitareclassiquedelcamp.com/partitions/fernandosor.html


この盤の音源。ブリームの演奏。長めの序奏があって、2分過ぎから主題が奏される。


ホルヘ・ホルツマンというギタリストによる演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

鈴木雅明<わが魂のバッハ>



NHKラジオ第2で放送される「文化講演会」。先日3月4日にバッハ・コレギウム・ジャパンの鈴木雅明氏が登場。そのときの<わが魂のバッハ>と題された1時間ほどの講演会録音をストリーミング放送「らじるらじる」で週明け3月12日まで聴くことができる。


201803_NHK_Radio_2.jpg

PCではこちらのリンクから⇒
http://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0969_01_12977



ぼくはきのう移動途中にスマートフォンで聴いた。バッハの生涯を概観したあと、バッハを聴く上で重要な事柄をわかりやすく説明してくれる。言葉を音楽にのせるための修辞法。バッハにおいて最も重要な要素の対位法、そしてその集大成としてのカンタータの成り立ち等々。昨年秋、名古屋での文化講演会の録音。一般の視聴者対象の講演会だから、バッハを深く愛好している輩には、今更の話も多いかもしれないが、ぼくのようななんちゃってバッハファンにはちょうどいい。そして何より、日本が誇るBCJ主催者の考えと感じ方をダイレクトに聴ける貴重な機会かと。


放送の中で対位法とカノンを駆使したカンタータの例として取り上げられたカンタータ<われらが神は堅き砦>BWV80の音源。
合唱団をおかず、各声部1名(OVPP=One_Voice_Per_Part)による小編成での演奏。躍動的で小編成ながらまったく不足感はない。冒頭からカノン風にテーマが引き継がれ01分14秒にコントラバスとオーボエが例のコラールを提示して全声部が合体する。ジェズアルド・コンソート・アムステルダムによる演奏。チェンバロを弾き振りしているのはピーターヤン・ベルダー。多くの古楽セッションにも参加しているベテランで、手持ちブリリアント盤バッハ全集にも顔を見せている。19分50秒からオーボエダカッチャのオブリガートが美しい。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ゴルフ7



セブン・シリーズの続き。きょうは昨年末に乗り換えてから二ヶ月が過ぎた7代目ワーゲン・ゴルフ(通称ゴルフ7)の近況。11年間15万キロの長い付き合いだった2代目プリウスからゴルフ7に換えたのが昨年末のクリスマス。以前と違って通勤用途での距離が少なくなったので、二ヶ月間の走行距離はようやく1000キロ。この間、市街地・郊外国道・高速・程々のワインディングと走ってみて、さすがはこのクラス(通称Cセグメント)のベンチマークとの感を強くしている。


201803_Golf3.jpg

201803_Golf4.jpg


点検に出向いたディーラーに未登録の同型車があったので写真に収めてみた。あらためて、この何の変哲もないデザインをよく堅持しているなあと感じる。数々の傑作工業デザインを生み出したジウジアーロの手になる初代ゴルフ。その後の2代目あたりまでは背高の武骨なデザインだったが、モデルチェンジを重ねるごとに大型化と同時に現代的洗練度を上げている。そうはいっても、曲線を多用し、ボディーのあちこちにアクセントのプレスラインが走る昨今のデザインとは一線を画している。日本メーカーの役員会では絶対に通りそうにないデザインだろう。がしかし、今回この車を選んだ大きな理由の一つがこの変わり映えしないデザインだった。街中を走っていても目をひかない。キャー!かっこいい!という黄色い歓声も聞こえない。いかにもひと昔前のドイツを引きずるような硬派なデザイン。根がナンパなぼくにはちょうどいい塩梅だ。

初代ゴルフとジウジアーロ
201803_Golf.jpg


そしてもう一つの魅力はやはりその走りだ。燃費性能とマイルドな乗り心地、そして街中での扱いやすさを最優先する同クラスの国産車とは段違い。走り屋でも何でもない素人のぼくにもわかる走行性能の良さだ。高速はもちろん、路面荒れも多い市街地走行でも、直進安定性は素晴らしく、ハンドルの修正はほんの僅かで済む。しかも、2個のモータで制御される電動パワーステアリングの操舵感がさらにその安定性を助長する。剛性の高いシャーシ構造とサスペンションのチューニングは、しっかり感とスムースさの両立を高いレベルで実現していて、タイヤが転がって動いているのが分からないほど滑らかだ。
エンジンパワーも必要十分。ぼくの選んだモデルに搭載されている過給機付き1.4リッターエンジンは1500回転あたりで最大トルクと発生するので、街乗りの40~60キロでもその恩恵にあずかることができ、信号停止からのスタートもエンジン回転数が不要に上がることなくスムースに加速する。そしてその太いトルクを受ける7速デュアルクラッチのトランスミッションの出来がまた秀逸だ。エンジンのもっとも効率的な回転数をトレースしながらスムースにシフトアップする。プリウスやアクアあたりのCVTとはまったく感覚が異なるダイレクト感。加速フィールの一つの目安となる0-100キロの時間は8秒台半ばで一般に「速いと感じる」ひと桁台だし、11秒以上かかるプリウスやアクアに対しては完全に水をあける。加えて室内の静寂性も優秀。アイドリングストップ時以外は無音とはならないが、高速走行と含め、静かな車内で剛性の高いボディーに包まれているという空気感に支配される。燃費は1リッター当たり、街乗りで10~12キロ、郊外国道で15キロ以上、高速で18キロ以上。これまで1000キロ走行の履歴では、平均時速25㎞で燃費は14キロだった。


内装の質感もきわめて高い
201803_Golf7_1.jpg


安全機能・運転支援系の制御は業界あげて現在進行形というところだろうが、現時点で考えられる制御をかなり高いレベルで達成しているように感じる。緊急ブレーキは試してみる機会がないので何ともいえないが、自動運転へつながる先行車自動追尾や車線逸脱防止機能などは、まったく違和感なく利用できる。特に自動追尾は高速走行のみならず、街中でも通常走行やノロノロ渋滞でも、発進から停止まで上級ドライバー並みの腕前で制御され、利用価値が高い。手持ちのiPhoneをUSB接続すると、アップル社が提供するCarPlayが利用でき、純正オプションの9.2インチの画面にiPhoneの画面が表示される。これによってiPhoneのマップを使ったナビゲーションやSiri経由で様々な操作やメッセージへの返信が可能となる。

…と、今のところ死角の見当たらないゴルフ7。しかし、気になる点をあえていうなら、ボディーサイズが見かけによらず大きいこと。初代ゴルフからは想像できないほどワイド&ローになった車体。車長4200㎜はプリウスより300㎜短いが、車幅1800㎜はもはやクラウンと同じ。コンパクトで実用的なハッチバックというレベルを超えてしまっている。そしてもひとつ。やはり「キャー!かっこいい!与太さん、乗せて!」と黄色い歓声が欲しいというところだろうか。


試乗動画


ゴルフの生産ライン



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ カンタータ<汝の主なる神を愛すべし>BWV77



今夜はセブン・シリーズに戻って<バッハのセブン>を。といっても俗称<バッハのセブン>があるわけではない。勝手にBWV番号で選ぶにしても、7・77・777とあるしなあ…としばし思案。結局選んだのこの盤だ。


201803_BWV77.jpg


バッハ:カンタータ「汝の主なる神を愛すべし」BWV77。例によってブリリアント版全集中の1枚。他のカンタータ同様、ピーター・ヤン・レーシンク指揮ネーデルランド・バッハ・コレギウムによる演奏。この曲は1723年、バッハがライプツィヒ聖トーマス教会のトーマスカントルに就任した年に作られた。教会暦では三位一体節後第13主日(8月後半の日曜日)に演奏される。曲は以下の6曲から成る。

第1曲 コラール
第2曲 レシタティーヴォ(B)
第3曲 アリア(S)
第4曲 レシタティーヴォ(T)
第5曲 アリア(A)
第6曲 コラール

201803_十戒_Dies sind die heilgen zehn Gebot

第1曲冒頭、弦楽合奏の短い導入を受け、素晴らしい合唱フーガが展開する。印象的なトランペットが吹く旋律は「十戒」のコラール(譜例)で、突き抜けるような高音に耳を奪われていると、通奏低音にも同じコラールが現れ、あたかも天と地から十戒のコラールに支配されているかのようだ。第3曲ソプラノのアリアでは2本のオーボエが寄り添うようにオブリガートを吹く。そして通奏低音のバスラインもそれに絡み美しいアリアが歌われる。第5曲はトランペットと通奏低音によって支えられて歌われるアルトのアリア。トランペットというと目立って派手なものというイメージがあるが、この曲では冒頭のコラールしかり、そしてこのアリアでのオブリガートしかり、短調の調性ということもあって、切々と胸に迫りくるトランペットで、グッとくるものがある。終曲のコラールも落ち着いた渋い響き。15分に満たない曲ではあるが、全曲を貫く、厳かかつ敬虔ながら、控えめに凝縮された響きが魅力的なカンタータだ。


この盤の音源。第5曲アルトの歌うアリアは9分21秒から。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

業務連絡



先日の記事に書いた通り、孤独のグルメSeason7の放映が決定。放送開始を前に気分を上げようと、テレビ東京のネット配信サイトで、過去の放送から選んだ以下の2つのシリーズが無料配信されている。4月6日まで。いずれも12話から成る。以前見た方も見逃した方も、これを観てSeason7の放送開始に備えよう!


201803_season2_Brasil.jpg


Season1:2012年1月5日~3月22日
https://video.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/


Season2:2012年10月10日~12月26日
この回の第4話にはリトルブラジルこと当地群馬県大泉町が登場。
https://video.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/



なおYOUTUBEでも視聴可能です。
Season1 ⇒ https://youtu.be/akxqJJatrY0
Season2 ⇒ https://youtu.be/bsKvJoiX3K0

Season1第8話<八丁畷の一人焼肉>


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)