ジュリアーニ<FLとGのためのソナタ作品85>



好天続く。仕事で出向いた都内の桜は満開。例年数日遅れの当地も開花が進んだ。今年はざっと一週間以上早い感じだろうか。さずがに暖房も不要になって、エアコンノイズからも解放。久々にこんな盤を取り出した。


201803_MG_OP85.jpg


マウロ・ジュリアーニのフルート(またはヴァイオリン)とギターのためのグランドソナタ作品85。ナクソス盤のCDも手元にあるが、今夜は懐かしいランパル盤を聴く。手持ちの盤は米オッデセイレーベルの輸入盤。ギターを受け持っているのは同じフランス出身のルネ・バルトリというギタリスト。ジャン・バティスト・ルイエのイ短調のソナタ作品1-1とロベルト・ドゥ・ヴィゼーの組曲ニ短調(ギターソロ)がカップリングされている。ジュリアーニはフルートとギターのための曲を何曲も残しているが、中ではこの作品85イ長調の大ソナタがもっともポピュラーだ。

この曲には少々思い出がある。この曲を知ったのはクラシックギターを始めて間もない高校2年の頃だった。最初はFMで聴いたのだろう。その後地元本屋の楽器売り場にあった緑色の表紙が印象的なフルートクラブ版の楽譜を買い求め、フルート吹きの同級生S君と二重奏を試みた。S君は大そうな名手で芸大に進もうかとも迷っていたようだが、学業も優秀で結局現役で京大文学部に進んだ。ギターも下手で浪人までして駅弁大学のぼくとは次元が違う。 彼とは文化祭のときにステージを設けてこの曲の第3楽章と第4楽章を演奏した。芸大に進もうかという彼だったから、最初の練習のときから見事な初見演奏で、伴奏のこちらが彼に引っ張られる状態だった。彼はギターの楽譜でも何でも手渡すと、フレージング、ディナーミク共に初見で実に見事に演奏した。ギターの楽譜なので当然和音も書かれているのだが、単旋律のフルートでそれらを音楽的にまったく違和感なく吹く様は当時のぼくには驚きだった。大学時代にはギターパートをカセットに録音し、それを聴きながらフルートパートをギターで弾いて一人二重奏を楽しんだものだ。

その後この曲を弾くことはずっとなかったのだが、つい数年前、新しい職場でフルートの名手に出会い、40年ぶりに合わせた。合わせた当日、「通しましょう」ということでスタート。知人のフルートはまったく危なげなくインテンポで吹き進め、ぼくのギターは事前にろくろくさらっていなかったこともあって、途中あやうい箇所がいくつかあったが、何とか4楽章を通した。玉手箱状態の合わせだったが、ひやひやしながらも大いに楽しんだ。

マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)はイタリアのギタリスト・作曲家。ヴァイオリンやチェロも修め、ベートーヴェンの第7交響曲初演ではチェロパートに参加していたと伝えられている。19世紀初頭のウィーンで大そう活躍し、人気も博したようだ。この曲もそうした当時の彼の実力をよく反映したもので、4楽章形式の立派な古典的ソナタ。彼のギター独奏曲よりも優れた感興に満ちていて、ウィーン古典派ど真ん中といってよい曲想は飽きることがない。中級を自認するギター弾きは管や弦の相方をみつけて、ぜひ楽しむべき一曲だと思う。


この盤の音源。


yumi(FL)・松尾俊介(G)による全楽章。音質はやや残念。ギターの音もあまりよくとらえられていない。


ヴァイオリンでの演奏も貼っておく。第1楽章。よりクラシカルな雰囲気になるかな


楽譜はこちらを参考に ⇒
http://maurogiuliani.free.fr/partitions/Op%2085%20grand%20duo%20concertant%20pour%20flute%20ou%20violon%20et%20guitare.pdf



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ザ・ビートルズ<Please Please Me>



帰宅後、ネットを覗いていたら、1963年のきょう3月22日はビートルズの記念すべき初アルバム<プリーズ・プリーズ・ミー>がリリースされた日と書かれていた。 それでは…と、音盤棚から手持ちの盤を取り出した。


201803_BTLS_Please.jpg  201803_BTLS.jpg


振り返ってみると、彼らが活躍したのはわずか10年ほど。解散後の40年を思えば随分と短かったと実感する。ぼくはビートルズのファンでもなんでもないが、中学生の頃はラジオのスイッチを入れればビートルズやローリングストーンがリアルタイムで流れていた時代だったので、当然馴染みはある。まだクラシックには目覚めていなかった時期で、ポップスをそれなりに楽しく聴いていた。但しレコードにあてるほどの小遣いもなく、そもそもステレオ装置も持っていなかったから音源はもっぱらラジオだった。手持ちのビートルズのレコードはすっかりオッサンなってから何となく集めたもの。リサイクルショップのジャンク箱から救済してきたり、会社の同僚がもう聴かないからと譲ってくれたり、そんな風にして何枚かのアルバムがほとんど投資なしで集まった。

さて<プリーズ・プリーズ・ミー>。この盤は十数年前、近所のリサイクルショップで入手した。この盤と同時に初期のアルバム5枚がまとまって@100円で並んでいた。オリジナルフォーマットのモノラルカッティング、帯付き、盤質は新品同様…という中々の掘り出し物だった。日本での本アルバムのリリースは遅く、ビートルズ解散から6年後の1976年6月のことであった由。さらには米国ではCD期までリリースそのものがなかったとのこと。この盤はその1976年盤(ステレオ)ののち、1982年にモノラルでリリースされたものだが、その辺りの事情については深入りするほどの知識はない。収録曲は以下の通り。

-A-
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア/ミズリー/アンナ/チェインズ
ボーイズ/アスク・ミー・ホワイ/プリーズ・プリーズ・ミー
-B-
ラヴ・ミー・ドゥ/P.S.アイ・ラヴ・ユー/ベイビー・イッツ・ユー
ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット/
蜜の味(ア・テイスト・オブ・ハニー) /ゼアズ・ア・プレイス/ツイスト・アンド・シャウト

東芝EMI仕様のレッドカラー盤に針を落とす。わずかなサーフェイスノイズのあと、ワン、ツー、スリー、フォーの掛け声と共に第1曲<アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア>が勢いよくスピーカーから飛び出してきた。モノラルではあるがカッティングレベルが高く、凝縮されたエネルギー感あふれるサウンドが素晴らしい。以降、アルバムタイトルチューンでシングルヒットした<プリーズ・プリーズ・ミー>も含め彼らのオリジナル曲や当時の定番ロックンロールなども織り交ぜて中々楽しいアルバムだ。音質同様、彼らの演奏もフレッシュかつエネルギッシュで、スタジオライヴを聴く趣きがある。実際この盤のほとんどの曲はオーバーダビングなしの一発録りで録られたという。なるほどと合点。

ビートルズの曲をほんの申し訳程度にしか聴かないぼくなどがコメントするのは大そう気が引けるのだが、ビートルズはやはり60年代半ばまでの初期のものがいい。それ以降は多様な音楽的要素や音響的トライアルが導入されたり、様々なメッセージが込められたりと、確かに音楽として熟成されている。しかし英国のやんちゃな若者がストレートに音楽を楽しんでいるという感じはなくなる。その点このアルバムはぼくにとってはビートルズのビの字を感じさせてくれる名盤だ。


<アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア>


<プリーズ・プリーズ・ミー>



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ムター・リサイタル2000



あすは休日という夜。ちょっと渋めのこんな盤を取り出した。


201803_Mutter_2000.jpg


アンネ・ゾフィー・ムター(1963-)が弾く近現代の作品集。2000年5月にシュトゥットガルトで行われたライヴをそのまま収録したアルバムだ。この盤は十数年前に仕事で中国を何度か訪れた際に買い求めた。確か10元(150円程度)かそこらの値段で、パッケージをよく見ると正規商品かどうかあやしげなところがある。もっとも音は至極まとも。以下の通り近現代の作品だけが収められている。ピアノはランバート・オルキス。

 1. ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調op.94a(プロコフィエフ)
 2. 4つの夜想曲(G・クラム)
 3. 4つの小品op.7~ヴァイオリンとピアノのための(ヴェーベルン)
 4. ヴァイオリン・ソナタ ロ短調(レスピーギ)

プロコフィエフとレスピーギを除いたクラムとウェーベルンの作品は完全な前衛的な作品といっていいだろう。こうしたプログラミングの意図がライナーノーツに記されている。それによると、21世紀の将来に向けての新しい定番的なレパートリーにするべく取り組んだとある。プロコフィエフはすでにヴァイオリニストにとっては定番レパートリーだろうか。古典的ソナタの形をとった4楽章構成で、それぞれの楽章のキャラクターが明確かつ親しみやすい。クラムとウェーベルンはいわゆる現代曲そのものだが、こうしてプロコフィエフとレスピーギの間に置かれて聴いてみると違和感はない。現代曲にももちろん様々なものがあるだろうが、一つの典型としてある<夜><静寂>を描いたイメージを強く感じる。レスピーギ>はブラームスのソナタと言われたらそのまま信じそうな曲想。レスピーギ自身はイタリア近代というカテゴリーに入るだろうが、この作品はまったく後期ロマン派の風情だ。色濃く、美しく、深い。このアルバムそのものを4楽章構成の一つの曲と考え、4人の作曲家がそれぞれの楽章と考えたらいいのかなと、ふと思ったのだが、あながち間違いでもないだろう。

ムターの演奏はいずれも文句なしの素晴らしく。前衛作品の良否を言える耳は持たないが、プロコフィエフは意図的にやや控え目な表現で好感が持てる。楚々として美しく、穏やかに心静まる。レスピーギはやや積極的に踏み込み、濃い口の表現だが、ブラームス風のこの曲にはよく合っている。


プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番第1楽章。クレメルとアルゲリッチ。


レスピーギのヴァイオリン・ソナタ



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カシオペアのナンバー7


穏やかな日曜日。窓からの暖かい春の陽射しを受けながら久しぶりに真っ昼間の音盤タイム。先日来立て続けに聴いているカシオペア。きょうはこの盤をセットし、アンプのボリュームを思いきり上げた。


201803_Casiopea_MINTJAMS.jpg


カシオペアの7枚目のアルバム<ミントジャムス>。
80年代前半に一世を風靡したフュージョン音楽。アイドル歌謡に満足しない当時の音楽好きの学生や若者に絶大な人気を得た。ブームは数年間がピークであったが、その音楽作りは90年代以降現在に至るまでのJPOPに多大な影響を与えた。この<ミントジャムス>はカシオペアの演奏を聴いたロンドンの音楽プロジューサーからの要請を受け、ヨーロッパでの発売を念頭に企画された。録音は1982年。築地中央会館にファンを中心とした満員の聴衆を入れ、ライブ形式の録音セッションで行った。テイク・ミー、アサヤケ、ミッドナイトランデヴー、ドミノライン、スウェアなど、デヴュー当時の名曲が並び、そのすべてがオーバーダビングや編集なしの一発録りで行われている。収録曲は以下の通り。

Take Me/Asayake/Midnight Rendezvous/Time Limit
Domino Line/Tears Of The Star/Swear

演奏は彼ららしいキレによい技巧と抜群のアンサンブル能力の本領が発揮された素晴らしいものだ。神保彰と櫻井哲夫のタイトなリズム隊。今やテッチャンとしての仕事がメインとなった感のある向谷実の斬新なコードワーク、そして野呂一生のテクニカルなギター、そしてそれらを主題メロディとコードだけであとは奏者のアドリブにお任せのジャズ譜形式ではなく、完全にスコア譜に落とし込んだアンサンブルとして演奏するという今までになかった形態で、しかも素晴らしいドライブ感とライブ感を感じさせながら進行する。ドミノラインでは櫻井哲夫のスラップベースのソロや神保彰のドラムソロも楽しめる。カシオペアの盤歴の中にあって、その人気・実力のピークをとらえた名盤の一つだ。


この盤の全曲。聴きどころ満載のアルバムだが、例えば…9分47秒から始まる<ミッドナイトランデブー>。テーマがひと通り終わったあと、11分51秒から高速ユニゾンの経過句を経て向谷実のソロが始まる。タイトなリズム隊をバックにあえてメローなフレーズ。12分32秒に終わって再度高速ユニゾンがあり、パーンというSEを共に野呂一生のギターソロが出る…このアルバム最高の瞬間だ。


全盛期のライヴ。1985年@両国国技館。ファンションやステーージングはさすがに30年の月日を感じさせるが、音楽の完成度はいまも第一級だ。演奏(元々のレーザーディスクの映像)がおわったあと52分25秒過ぎから、このライヴ当時を振り返る野呂一生(2000年前後かな…)のトークがある。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カシオペアの歌伴<その2>



カシオペアの記事には公開・非公開合わせていくつかコメントいただき、カシオペアファン健在と意を強くいたしました(^^  で、カシオペアの歌伴。<その1>があれば当然<その2>も…というわけで、昨日の続き。取り出したのはこの盤だ。


201803_Casiopea_JIVEJIVE.jpg


1979年のデビュー以来、年2枚のペースでアルバムをリリース。全国各地でのライヴをこなすなど、人気もうなぎ登りだったカシオペアがロンドンで録音したアルバム<JIVE JIVE>。1983年にロンドンでのライヴと併行して録音も行われた。このときのロンドンライヴの様子は、NHKニュースセンター9時でも取り上げられ(木村太郎&宮崎緑時代)、映像作品でも残っている。 <JIVE JIVE>はロンドンへ乗り込んで作ったという心意気もあって、それまでのキレキレ・バキバキのテクニカルな路線、そしてよりポップなメロディーも加えたコマーシャルベースの路線といったいくつかの彼らの顔とはまたひと味違う響きが聴ける。そして、昨日記事に書いた<SUN>に先立ち、ボーカルも導入され、現地イギリスの歌手が歌った。


<JIVE JIVE>に収録されているスローナンバー<What can't speak can't lie>
久保田利伸が1989年10月にテレビ番組<MUSIC PARTY>でカシオペアと共演して歌った。この2か月後、神保・櫻井のリズム隊がカシオペアを脱退した。



同番組での演奏。久保田利伸の持ち歌2曲。カシオペアのアレンジが秀逸。この演奏を聴いたあと久保田利伸のオリジナルのアルバムを聴いたが、10秒でストップボタンを押してしまった(^^; 野呂一生がエフェクターを切り替える瞬間、フレーズの合間の櫻井哲夫のリフ…映像もいいところをとらえている。

<流星のサドル>


<TIMEシャワーに射たれて>


このときの<MUSIC PARTY>の全編はこちら⇒
https://www.youtube.com/watch?v=qZc0XrUMRzs


カシオペアのバックで歌うスターダストレビューの根本要。曲はスティーヴィー・ワンダーの<You are the sunshine of my life>。この映像は1994年暮、NHKでクリスマス特集として様々な歌手が参加した番組。たまたまその2週間程前にカシオペアのライヴに行った際、向谷実が「クリスマスにはNHKで根本君と演奏しますからね」と言っていたのを思い出す。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カシオペアの歌伴<その1>


今夜もカシオペア(^^;
このブログにアクセスしてくれる方の中にどれほどカシオペアファンがいるか分からないが、もともと自分がその日聴いた音楽の備忘録としてのブログ。まあ、気の向くまま続けます。


IMG_0741.jpg


さて、インストルメンタルバンドとして演奏のみならず、そのアレンジも高い評価を受けてきたカシオペア。時々スペシャルな歌手を迎えてセッションを繰り広げることがあった。特に1986年にリリースされたアルバム<SUN>でボーカル入りの曲を使ったあたりから、テレビなどでも歌伴で引っ張りだされたようだ。その<SUN>でタイトルチューンになっているSUNという曲。1987年にリリースされた<CASIOPEA PERFECT LIVE>というアルバムでは楠木勇有行という歌手が歌っている。この2枚組のライヴ盤は新生カシオペアになる前の神保・櫻井のリズム隊による全盛期のカシオペアの記録として、映像作品共々貴重な記録だ。ぼくの手元にはLP盤とレーザーディスク盤があるが、現在ではYOUTUBEでほとんどの場面を見ることができる。



楠木勇有行との<Choose Me> 


夜のヒットスタジオでは西城秀樹が<SUN>を歌った。1986年



谷村有美が歌う<ホワイトクリスマス> こちらは新生カシオペアになったあと、さらにドラムが日山正明から熊谷徳明に変わった頃のもの(1992~1996)。いかにもカシオペアなコードワーク。それに…ボーカルがバックに食われてる(^^;


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カシオペア<CASIOPEA>



きのうに続きカシオペアを聴く。


IMG_0735_20180313232729cc3.jpg


カシオペアのデビューアルバム。その名も<CASIPOEA>。1979年5月リリース。グループ名のカシオペアはもちろん星座のカシオペアを意味するのだが、本来英語の綴りはCassiopeia。何でもリーダーの野呂一生がグループ名のことで母親と話していたとき、Casiopeaの方が綴りが簡単でいいわよねと言われたことによると、向谷実が書いた本で読んだ記憶がある。このアルバムではドラムは佐々木隆。一部をニューヨークで録音していて、ブレッカー・ブラザースやデヴィッド・サンボーンらが加わるという、20代そこそこの若いグループにしては異例の扱い。このあたりにもアルバムデビュー前からその実力が買われていた様子がうかがえる。収録曲は以下の通り。すべて野呂一生の作曲。

-A-
1.タイム・リミット
2.ティアーズ・オブ・ザ・スター
3.スペース・ロード
4.ミッドナイト・ランデブー
-B-
5.ファー・アウェイ
6.スワロー
7.ドリーム・ヒル
8.ブラック・ジョーク

当時の彼らの売り出し文句が「スリル・スピード・スーパーテクニック」。プロレスの新人かと勘違いしそうだ。実際1曲目のタイム・リミットからいきなりテクニカルなアンサンブルが展開する。高速のスケール、16分や32分音符の裏拍をビシビシ決める高いアンサンブル能力。いずれも売り出し文句にふさわしい。録音もデッドで、細かな音の並び一つ一つをあいまいにせず描き出す。ブレッカー・ブラザースやデヴィッド・サンボーンのソロも加わってデビューアルバムの冒頭を飾る硬派な曲に仕上がっている。デビュー前、いくつかのレコード会社が彼らに興味を持ちながら「先進過ぎて、売れない」と二の足を踏んでいたのもうなづける。


IMG_0738.jpg


スペース・ロード、ミッドナイト・ランデブー、ブラックジョークなどはその後、現在に至るまでライヴでの定番曲として繰り返し取り上げられる。後年のライブでは様々な趣向を凝らされることが多いが、このアルバムのオリジナルはいずれも遊びのないテクニカルな印象。中でもミッドナイト・ランデブーはぼくのお気に入りのトップ。カシオペアの全楽曲の中でももっとも素晴らしいと感じる曲の一つだ。


<タイム・リミット> 1979年このアルバム発売直後の演奏@六本木ピットイン。出てくる音楽だけ聴いていると、まだあどけなさが残る面影の面々が演奏しているとは思えない。


同じく<ミッドナイト・ランデブー>


あれから幾年月がありまして…野呂さんも還暦だ。櫻井哲夫とのデュオで<ミッドナイト・ランデブー>アコースティックヴァージョン。


このアルバムの全曲音源の再生リスト。ただし曲順はオリジナルと異なる。
https://youtu.be/vKOekWuzk3o



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)