トゥリーナ<幻想舞曲>



気付けば五月も末。梅雨入りにはまだ間があるが、気温・湿度とも日毎じわじわと上昇中。それでも夜半は少しひんやりとした空気も感じ、季節の狭間ながら、この時期らしい。そんな初夏の宵に相応しい音楽の一つとして思い浮かぶのは近代スペインの曲かと思い、こんな盤を取り出した。


201805_Turina_Assermet.jpg


ホアキン・トゥリーナ(1882-1949)の<幻想舞曲>。昨年夏に買い求めたアンセルメ・ボックス中の1枚。オケはもちろんスイスロマンド管。Eupopea Traditionセットの25枚目。1960年の録音。
トゥリーナはアルベニス、グラナドス、ファリャなどの近代スペイン作曲家と並んで、ぼくらギター弾きにはお馴染みの作曲家の一人。貴重なギターのためのオリジナル作品をいくつか残している。作風としてはフランス仕込みの色彩的な表現に生地であるアンダルシア地方の土俗的なモチーフとと併せもつ。

<幻想舞曲>作品22は、彼が40歳を前にした頃のもので、管弦楽版とピアノ版とが彼自身の編曲で出版されている。最近はむしろ吹奏楽分野で人気のようだ。曲は3つの部分からなり、「熱狂」「夢想」「狂宴」の副題が付されている。第1曲「熱狂」は冒頭神秘的な雰囲気で始まるが、すぐにホタのリズムで次第に明るさを増していく。華やかではあるが「熱狂」というほどタガが外れている感じはなく、全体には穏やさが支配する。第2曲も「夢想」という副題にしては軽やかで、テンポを速めたバルカローレという雰囲気だ。終曲「狂宴」はファルッカを思わせる力強い曲想。全曲を通じて、明快なリズムと流麗な弦楽群そして色彩的な管楽器群がコントラストを成し、ファリャのバレエ音楽などを好む輩には好適かと。 アンセルメ&OSRは、こうした曲にもっとも相応しいコンビの一つだ。演奏・録音とも文句なしの出来栄えで、初夏の夜の飾るに相応しい。


アンセルメ&OSRによる第3楽章。


ピアノ版の音源。演奏はデ・ラローチャ。


吹奏楽による全3曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カイルベルト<MOZART in Prag>



前線が抜けて爽やかな日曜日。
穏やかな休日の午後に相応しい曲をと思い、こんな盤を取り出した。


201805_Keilberth.jpg


ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)とバンベルク交響楽団による<プラハのモーツァルト>と題された1枚。この盤のことは、だいぶ以前に例の本で知った。カラヤンと同い年だったカイルベルトが手兵のバンベルク響を振ってモーツァルトと深い縁のあった街プラハにちなんだ曲を演奏している。バンベルクのオケもまたプラハに縁のある楽団。チェコで創設されたプラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団が母体のオケだ。収録曲された曲はモーツァルトの比較的小規模な管弦楽曲であるが、50年代後半にこうした明確なコンセプトアルバムが企画されたこと自体、珍しいことではないかと思う。序曲<劇場支配人>、ディヴェルティメントK.113、4つのオーケストラのためのノクターンK.286、6つのドイツ舞曲K.509、2つのメヌエットK.463、アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525といった曲が収められている。

手持ちの盤はキング・レコードのよる60年代初頭の国内初出盤。十数年前に大阪梅田の中古レコード店の60年代盤コーナーで買い求めた。録音は1959年。ぼくらより上の世代にはジャケットのTELEFUNKENの文字が神々しく見えるだろうか。演奏者のカイルベルト&バンベルク響のイメージと共に、優秀で信頼がおける質実剛健の独逸というイメージだ。

演奏はいずれも素晴らしくいい。どこから見ても乱れや余計なものがない楷書の味わい。ポピュラーなアイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525を久々に背筋が伸びる思いで聴いた。同じコンビによるブラームスの交響曲が手元にあるが、アンサンブル・録音ともあまりいいイメージがない。しかしこの<プラハのモーツァルト>は別物のように聴き応えがある。カイルベルトの解釈も堅実でありながら小品の味わいを十分に楽しませてくれるし、バンベルク響の音も派手さとは無縁だが、弦楽器群と管楽器群が一体となって充実したアンサンブルを聴かせてくれる。 あらためて、これはいい盤だ。今春3月、生誕110年を記念してカイルベルトのテレフンケン録音がまとまって復刻されたが、オリジナルの構成ではなくなっているのが残念だ。


この盤のLP音源。モーツァルトのセレナード(4つのオーケストラのためのノクターン)K.286。


K.286の第1楽章アンダンテ。この曲は通常の弦楽5部からチェロを除いた弦楽4部に2本のホルンが加わったオケ4組で構成される。といっても同時に4つのオケはバーンと鳴るわけではなく、第1オケのフレーズをなぞるように(エコーのように)他のオケが続く。おそらく野外演奏を想定した、お楽しみ的セレナードだ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ハイドン交響曲第52番ハ短調



きのうの続き、シュトルム・ウント・ドランク(疾風怒濤)期のハイドンを聴く。


201805_Haydn_52.jpg


交響曲第52番ハ短調。デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管による全集中の1枚。作曲年代順に整理されているこの全集では、第42番ニ長調とカップリングされている。きのう聴いた同時期の第45番<告別>の少し前に作られている。

型通りの4楽章形式。例によってハイドンの短調交響曲らしく、第1楽章冒頭からユニゾンの主題が一気に立ち上がる。ただし昨日の45番のように疾走する気配はなく、重々しく厳かに響いたあと、弦楽器群の上層音階が明快に示され、曲が動き出す。コントラストのはっきりした副主題は明るさを兼ね備え、この楽章全体が短調特有の暗さや重苦しさとは距離をおく出来栄えだ。第2楽章アンダンテは異例ともいえるほどの規模で、この盤では9分以上を要し、箸休めの緩徐楽章に終わっていない。第3楽章のメヌエットは全編倚音を駆使したフレーズが続き、独自の浮遊感がある。ラッセル・デイヴィスはこのメヌエット楽章を速めのテンポで進め、のちの時代のスケルツォの走りにように響く。ヴァイオリンの控えめなフレーズで始める終楽章。弦楽群が対話を交わしながら進み、緊張を高めたところでホルンが割って入る、そんなスリリングな展開が進み、最後はユニゾンのフレーズをトッティで奏でて曲を終える。

ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管の演奏は室内楽的といっていいほどのコンパクトさ。この曲を劇的に聴きたい向きには物足りないかもしれないが、曲全体に仕組まれた各パートの織り成す綾を楽しむには好適な演奏で悪くない。


ドラティ&フィルハーモニア・フンガリカによる音源。ハイドン全交響曲録音といえば、かつてはこの一択だった。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ハイドン<告別>



週半ばの水曜日。今朝の通勤車中で聴いていた曲をあらためて聴こうと、こんな盤を取り出した。


201805_Haydn_45.jpg


ハイドンの交響曲第45番嬰ヘ短調<告別>。デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管による全集盤中の1枚。同時代に作られた第47番ト長調<パリンドロウム(回文)>と第46番ロ長調がカップリングされている。シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ・センターでのライヴ録音。

他の作曲家にもよくあることだが、ハイドンの場合も作品番号(有名なところではホーボーケン番号)が必ずしも作曲順にはなっていない。近年、ハイドンの交響曲はいくつかの時代区分に分けられ、この第45番は1770年前後のシュトルム・ウント・ドランク(疾風怒濤)期に含まれている。この時期の交響曲としてはほぼ作曲年代順に、第38,58,35,59,49,26,41,65,48,44,43,52,42,47,45,46番が含まれ、疾風怒濤の言葉通り、積極的な感情表現の表出や劇的な曲想をもち、ハイドンの交響曲として有名な後期作品とはまた違った趣きの名曲が多い。また、そうした感情表現のためもあってか、短調作品が集中しているのも特徴だ。第26<哀歌>,49<受難>,44<悲しみ>,52,45<告別>番と短調作品が並ぶ。

この曲は作曲当時のエピソードや終楽章後半のギミックばかりが取りざたされるが、第1楽章から音楽はすこぶる充実している。ハイドンの他の短調交響曲にしばしばみられるように序奏を置かず、冒頭から悲しみがほとばしる。<疾走する悲しみ>は<モオツアルト>ばかりではないと実感する。フォルテとピアノの対比、短二度のぶつかり合いなど、ベートーヴェン<英雄>の先取りかと思わせる箇所もある。第2楽章は穏やかな緩徐楽章。がしかし、音楽はどこか不安と緊張をはらみ落ち着かず、<告別>の予感を思わせる。終楽章は巧みな転調やリズミックな処理もあって、第1楽章以上に疾走感に満ち、一気に聴かせる。突然、属和音が響いて静まると、これまでの音楽を忘れたかのように穏やかなアダージョとなり、そして例のギミックが始まる。パートごとに短いソロを終えると三々五々とステージを去り、指揮者もいなくなり、最後にヴァイオリンパートの二人が見つめるように弾き終えて曲の幕が下りる。

デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管のコンビによるこの全集の演奏は、折り目正しく古典的ではあるが、総じてテンポ設定が遅め。特にこの曲などでは、それが少々災いしている側面無きにしも非ず。一気呵成の疾走感にはやや乏しい。


コンラート・ファン・アルフェン指揮シンフォニア・ロッテルダムによる演奏。小編成のメリットが生き、闊達かつ自在に進む。


バレンボイム&ウィーンフィルによる第4楽章のパフォーマンス@2009年ニューイヤーコンサート。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ BWV997



週明け月曜日。事情あって少し早めの帰宅。きのうに続いてギターを取り出し、ちょいと練習。昨今は「弾ける確認」をモットーに技巧的に無理のない曲を初見で通すのを楽しんでいたが、きょうは「弾けない確認」でバッハの組曲を少しさらい、ことのついでにこんな盤を取り出した。


201805_Bream_Bach.jpg  201805_BWV997.jpg


数年前に手に入れた例のジュリアン・ブリームのボックスセットからバッハの組曲2つが収録されている盤を取り出した。ギターやリュートの愛好家の間では、昔からリュート組曲という言い方をしていた組曲が4つある。この盤ではそのうち1番BWV996と2番BWV997が収録されている。1966年ブリーム33歳のときの録音。

今でこそバッハの組曲を全曲取り上げることはごく普通のことだし、その演奏スタイルも歴史的研究の成果が反映され、普遍的な器楽曲として通用するようになってきた。しかし、60年代はまだそうした取り上げられ方は珍しかった。セゴヴィアもしかりだが、バッハの様々な曲を断片的に取り上げることが一般的だった。そんな中、60年代半ばにブリームが組曲として通して取り上げ、録音に残した功績は大きかった。これ以降、イエペスやジョン・ウィリアムスも4つの組曲をまとめて取り上げるようになり、録音も残すことになる。

あらためて現代の視点でこのブリームの演奏を聴くと、やはりひと時代前のものだなあというのが正直な感想だ。いずれも闊達かつ美しい音で弾いているが、バッハを聴いているというより、ギターを聴いているという意識が強くなる。所々に出てくるギター的な表現、独自の音色やアーティキュレーションのせいだろう。それを悪いとは思わないし、一時代を成したという点においてこの演奏の価値は十分評価されると思うが、今日的にはもっと普遍的なバッハ演奏が可能だろう。


以前の記事にも貼ったヨハネス・モンノの演奏。BWV997からプレリュードとフーガを弾いている。ややロマンティック寄りながら普遍的な表現、よくコントロールされ抑制の効いた弾きぶり、音楽に感じ入った表情…実に素晴らしい。BWV997のオリジナルはハ短調だがギターでは多くの場合イ短調を取る。
<プレリュード>

<フーガ>


リコーダー、チェロ、チェンバロによる演奏。


フルートソロでもしばしば演奏される。藤井香織とフィリップ・モル。<プレリュード>



■ にほんブログ村ランキング参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

イエペス:ソル24の練習曲



週末は野暮用続きであわただしく終了。 きょう夕方になって少し時間があったので、久々にギターを取り出し、進歩のない練習。ソルの練習曲をさらう。 弾いて良し聴いて良し、ソルのエチュード。ギター弾きにはお馴染みにして必須課題の一つだ。ごく短い曲にも古典的和声感のエッセンスが込められていて飽きることがない。 そして夜の音盤タイムにはこんな盤を取り出した。


201805_Yepes.jpg


ぼくら世代のギター愛好家にとって、60年代終盤から70年代前半はアンドレス・セゴヴィア(1893-1987)、ナルシソ・イエペス(1927-1997)、ジュリアン・ブリーム(1933-)がギター御三家とでもいうべき存在だった。ジョン・ウィリアムス(1941-)やオスカー・ギリア(1938-)が若手と言われた時代だ。そしてそれぞれが極めて個性的で、貧弱なレコードプレイヤーで聴いても針を落とした途端にだれかれと特定できた。中でもイエペスは映画『禁じられた遊び』のテーマでギター愛好家以外にも広く知られた存在だった。ともかくギターといえば『禁じられた遊び』の時代、ギターも持つきっかけ、あるいは目標になった曲の筆頭だった。

この盤にはイエペスがフェルナンド・ソル(1778-1839)の練習曲から独自に選んだ24曲が収められている。1967年9月の録音で、当時やはりソル作曲のセゴヴィア編20の練習曲とよく対比されたものだ。この盤は高校時代に何かのきっかけで手に入れて当時よく聴いた。この盤でのイエペスの演奏は練習曲という性格もあるだろう、総じて生真面目で端整。練習曲といっても様々な意図があって書かれているが、この盤では特に対位法的な処理や、リズムの処理にイエペスの個性が強く出ている。

彼が広めたホセ・ラミレス製10弦ギターによる豊かな響きは特に低音がしっかりと聴こえ、対位法的に書かれた曲では各声部が極めて明瞭かつ必要な重みをもって聴こえてくる。また付点音符や連符によるリズミカルな曲における右手のコントロールは、当時イエペスならではのテクニックだった。1弦でとる旋律をレガートに弾きながら2弦以下の伴奏音形をスタカートで弾いたり(作品35ニ長調)、スタカートの音形をきっちり弾き進めながら5連符を粒立ちよく挿入したり(作品29ヘ長調)、といった具合だ。そうした斬新な弾きっぷりで、当時高校生だったぼくらギター小僧にイエペス=技巧派という印象を植え付けたものだ。

<ギター=禁じられた遊び>の開祖として日本で親しまれ、数多く来日したイエペスだったが、1996年最後の来日の翌年1997年に69歳で亡くなった。そして同時に一時期はアマチュアにも人気のあった10弦ギターも次第に表舞台から消えつつある。


この盤の音源。全24曲。


イエペスのオハコであった難曲バカリッセの<パスピエ>




■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

R・シュトラウス 交響詩<ドン・ファン>



連休明けの一週間が終了。業務少々ひっ迫であわただしく過ぎる。それでもサラリーマン人生ピークの五十代半ばのように夜討ち朝駆け、月月火水木金金ということもなく、万事ユルユル。まあ、四十年も働いているのだから、こんなもんでエエでしょう。…というわけで、さて週末夜半の音盤タイム。朝の移動時間にYOUTUBE音源で聴いたこんな盤を取り出した。


201805_Szell_RS_DonJuan.jpg


リヒャルト・シュトラウスの交響詩<ドン・ファン>。ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団による1957年の録音。手持ちの盤は数年前にリリースされた同コンビの一連の録音中のもの。2枚組のセットで、このコンビが残したリヒャルト・シュトラウスのステレオ録音がすべて収められている。

<DISC1>
1.家庭交響曲作品23
2.ホルン協奏曲第1番変ホ長調作品11
3.交響詩「ドン・ファン」作品20
<DISC2>
4.交響詩「死と変容」作品24
5.交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28
6.交響詩「ドン・キホーテ」作品35

【ソロ】3.マイロン・ブルーム(ホルン) 6.ピエール・フルニエ(チェロ)、エイブラハム・スカーニック(ヴィオラ)、ラファエル・ドゥルイアン(ヴァイオリン)

交響詩という名の通り、モテ男ドン・ファンの行状が様々なテーマで表現される。適当な解説書を手元において聴けば、なるほどなるほどということになるが、前置きなしで聴いても、リヒャルト・シュトラウスの作品の中にあっては小規模ということもあって、十数分があっという間に過ぎる。学生時代に初めてリヒャルト・シュトラウスを聴いて面白いと感じたのもこの曲だった。

そのキャリアおいてリヒャルト・シュトラウスと少なからず関係のあったセル。鍛え上げた手兵クリーヴランド管との演奏は相変わらず精緻極まるもの。冒頭から速めのテンポでグイグイ進むがラフなところがまったくない。弦楽群が主役をとってメロディーを奏でる裏で細かなパッセージを奏でる木管群も一糸乱れぬアンサンブルの見事さに驚く。軸足古典寄りの解釈で、まるで少し時代をさかのぼったベルリオーズの序曲のように響く。後期ロマン派の濃厚なロマンティシズムとは対極の演奏だが、リヒャルト・シュトラウスが書いたスコアの隅々まで聴くには好適な演奏だ。


この盤の音源。


カラヤン&ベルリンフィル@1957年来日公演。画像は古いモノクロだが音声はステレオで録られている。以前この映像を復刻したとき(確か2000年前後だったか)NHKの番組で、画像と音声の同期を取る作業が大変だったと紹介されていた。セルとは異なり、官能的ともいえる濃い目のロマンティックな解釈を聴かせる。6分半過ぎから美しいオーボエソロを聴かせるのはローター・コッホ。コンサートマスターはミシェル・シュヴァルベですかね。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)