ローストビーフ



野暮用外出に引っ掛けて、隣県栃木の山ふところにある「カフェブロッサム」へ。一年半ぶり。築三十年のヴィンテージ&アンティークなログハウス周辺は紅葉も終わりに近づき晩秋の趣き。


201811_CafeBlossom_COLLAGE2.jpg

201811_CafeBlossom_COLLAGE.jpg


予約した14時に現地着。看板メニューの一つ、ローストビーフを注文。肉は朝から火を入れた暖炉ですでに程よく焼き上がり、地場産オーガニック野菜とパンをシンプルに塩・胡椒とオリーブオイルで食していると、待つまでも無く供される。赤身の肉は柔らかくジューシー。野趣にあふれながらもどこか洗練もされていて美味。さっぱりとしたソースの塩梅が絶妙で、ハーフポンドは難なく腹に収まる。


201811_CafeBlossom_RB.jpg

201811_CafeBlossom.jpg


貿易商を営んでいたという白い髭をたくわえた70代店主は、まるで物語から飛び出して来た様。分別臭いことは言わず、しかしフレンドリーかつ品よく会話の相手をしてくれる。インターネット黎明期を思わせる手作り感MAXのホームページはこちら。佐野アウトレットや周辺ゴルフツアー、日光散策の前後にでもどうぞ…とのこと。アウトドア派、ログハウス好き、ターシャ・チューダー派やナチュラリストなど、関東一円在住なら一度は訪れる価値有りかと。

帰りがけに店主より「ぜひご覧下さい」と案内。来る◆◆◆12月18日(火)夜10時よりBS朝日◆◆◆にて同店が取り上げられるとのこと。何でも店の裏庭にヘリコプターでやってきて食事をする「ヘリめし」とか。


店の紹介動画。

Cafe Blossom in HIKOMA from nostos-algia on Vimeo.



こちらも



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)