昭和のギター曲集 -15-



月があらたまって最初の週末。小春日和の穏やかな日曜日。朝から野暮用外出で、夕方近くに帰宅した。一日出歩くと、わけもなく疲れるのはやはり加齢ゆえか。夜半前のひととき、書架の整理。きのうの記事の続きもあって、懐かしい楽譜を取り出した。


201902_Kogakusya.jpg

201902_Weiss_Suite_A.jpg


60年代から70年代にクラシックギター愛好家にはよく知られた、好楽社から出版されていた楽譜ピース。高校1年の終わり頃からクラシックギターを弾き始め、あれこれ新しい曲に触れたい一心だった頃に手に入れたもの。記憶ではもっとたくさんあったような気がしていたが、手持ちのものを並べてみると、大した数ではなかった。もしかすると別の書架の片隅にまだ埋もれているかもしれない。

ぼくら世代のギター愛好家で、この<好楽社ギターピース>のお世話にならなかった人はいないだろう。それくらいポピュラーな存在だった。全国津々浦々の楽器店や書店の楽譜コーナーには必ずこのピースのためのコーナーが設けられていた。色違いの表紙で表される価格ランクも安いものは50円、100円といった具合で、田舎の高校生の小遣いでも気軽に買えるものだった。またそのレパートリーも19世紀古典ギター隆盛期のソル、ジュリアーニ、カルリ等の定番に始まり、アルベニス、グラナドスなどのギター編曲物の定番曲、更には日本の童謡、唱歌からフラメンコまで、ありとあらゆるジャンルがこれでもかという程リストされていた。手持のものの裏表紙をみると、その数は数百を超えている。

もちろん選曲、編曲、校訂など玉石混交で、版権のあやしいものも含まれている様子だった。編者に国藤和枝、中林淳真、玖島隆明ほかの名を連ねていたのも、版権のカモフラージュが目的だったと聞いたこともある。あるとき、当時の住所、神田三崎町1-8と書かれてた同社を訪れたところ、事務机が3つだけ並んでいたごく小さな事務所で、全国の愛好家に知れ渡った同社の名と、その事務所の規模の違いに唖然としたと聞いたことがある。

そんな好楽社のギターピースであったが、70年代半ばから新たなリリースもなくなり、いつしか流通からも消えていった。粗製乱造ともいえるそれまでのリリースと、一方で他社からより本格的なピースや曲集が出版されるようになったことも一因だったと思う。久々に眺めてみると印刷レイアウトなどは見やすく組まれていて、当時このピースで知った新しい曲のいくつかを懐かしく思い出す。


中には海外出版社から版権を得てリリースされたものもあった。この好楽社ピースで初めて触れたヴァイス(実はマヌエル・ポンセによる擬バロック風作品)の組曲イ短調は、好楽社がアブロニッツ編ベルベン社版の版権を得て1970年に出た(写真)。アルメニア出身のゴハー・ヴァルダニヤンというギタリストによる演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)