バッハ カンタータ「候妃よ、さらに一条の光を」BWV198



御代替わりをはさむ大型連休がスタート。初日土曜日のきょうは昼をはさんで野暮用少々。帰宅後、渋茶でクールダウンしつつ、何とはなしに厳かな曲を聴こうかと、こんな盤を取り出した。


201904_JSB_198.jpg


バッハのカンタータBWV198。<候妃よ、さらに一条の光を>と題される一曲。手持ちの盤は、例のブリリアントクラシックスの激安バッハ全集中の1枚。オランダのネーデルランド・バッハ・コレギウムというピリオドスタイルの団体が中心になったメンバーによる演奏。通奏低音には原曲の指定通りリュート2台も加わっている。
1727年バッハ42歳のときの作品。当時のザクセン候国選帝侯の妃であるクリスティアーネ・エーバーハルディーネの死去に際して執り行われた追悼式のために作られたという。「追悼頌歌=Trauer-Ode」と副題が付されている。教会音楽のミサ形式で書かれていればレクイエムということになるのだろう。曲は下記の通り大きく一部と二部からなり、バッハのカンタータの中でも規模の大きいもので、演奏時間は30分を越える。そして楽曲の美しさにより、古くからバッハのカンタータの中でも名曲として愛好されている。

第1部
 合唱
 レチタティーヴォ(ソプラノ)
 アリア(ソプラノ)
 レチタティーヴォ(アルト)
 アリア(アルト)
 レチタティーヴォ(テノール)
 合唱
第2部
 アリア(テノール)
 レチタティーヴォ(バス)
 アリア(バス)
 合唱

印象的な付点リズムの第1曲の合唱によって曲は始まる。以降、短調調性をベースにしたアリアとコーラスを交えて曲は進む。亡き妃を追悼し賛美する歌詞によるが、音楽そのものは悲しみに沈むというよりは、その生前の存在を礼賛するかのように、しばしば活力を伴った美しさに満ちている。第3曲ソプラノのアリア、第5曲アルトのアリアの美しいアリアに加え、フルートトラベルソとオーボエのオブリガートを伴って歌われる第2部テノールが歌うアリアも際立って魅力的だ。もちろん合唱部分はバッハを聴く醍醐味にあふれる。
ブリリアント盤で演奏しているネーデルランド・バッハ・コレギウムという団体は、総じて堅実な演奏をしているが、メジャーレーベルのトップ楽団ほどの完璧さはない。器楽パート合唱とも、ときに不安定さがのぞく。2000年前後のごく短期間にカンタータ全曲を録音したということもあって、指揮者による意思統一の度合いもさほど徹底している印象はない。しかしヨーロッパ社会の中で日常的に演奏される雰囲気とでも言おうか、素朴さと謙虚さとを聴くべき演奏かなと思う。

言うまでもなくバッハ作品の中でカンタータはその過半を占める。ぼくらギター弾きに中にはバッハに執心し愛好する輩も多く、それはそれで結構なことなのだが、多くの場合、リュート作品やギター用にアレンジされたいくつかを弾き、また弦楽や鍵盤作品に少々接する程度にとどまる場合が多い。そういうぼく自身もその典型のようは偏狭なビギナーに過ぎないが、やはりバッハは声楽曲とオルガン曲に接してこそという感を、最近あらためて感じる。


ルドルフ・ルッツ率いるJ.S.バッハ財団のオケと合唱団による演奏。楽譜指示通り、オケパートにはヴィオラダガンバ2本、通奏低音には大型のリュート2本が加わっている。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

笠井紀美子@TBM



この四月にアップした記事一覧を見ていたら、今月に入ってからジャズを聴いていないことに気付き、今夜はこんな盤を取り出した。


201904_TBM.jpg 201904_KasaiKimiko_TBM.jpg


笠井紀美子と峰厚介カルテットによるストレート・アヘッドなジャズアルバム。1971年、笠井紀美子27歳のときに当時の新興ジャズレーベル:スリー・ブラインド・マイス(TBM)に入れた録音。手持ちの盤は1979年に日本フォノグラムからミドルプライスでリリースされたときのもの。収録曲は以下の通り。

 1. アローン・トゥゲザー
 2. ハ短調のブルース
 3. 乾いた川
 4. ラウンド・ミッドナイト
 5. イエロー・カーカス・イン・ザ・ブルー
 6. ビー・スティル・マイ・ソウル
 笠井紀美子(vo)、峰厚介(ss,as) 菊地雅洋(p)、鈴木良雄(b)、村上寛(ds)

70年代、笠井紀美子は日本人離れしたディープな歌唱とストイックな姿勢で、真っ当なジャズファンから大きな支持を得た。それはこの盤で共演している峰厚介カルテットを始め、当時の新進気鋭のジャズメンにも共通していた。加えてTBMレーベルもまた、そうした日本のジャズ奏者の魅力をストレートに伝えるべく生まれ、ジャズの核心をダイレクトにとらえた当時としては画期的な録音とカッティングでプレゼンスを築いた。実際TBM録音の多くの盤は今も偉大な価値をもって受け入れられ、当時の録音エンジニアの何人かはオーディオ評論他で活躍している。

本当に久しぶりに取り出して針を降ろしたのだが、当時の熱気がそのまま伝わってくるような素晴らしい音質に驚く。低重心のオルトフォンSPU-Gでは少々エッジがスポイルされているかもしれないが、それでも尚、リアルで説得力のある音像が目前に展開する。<アローン・トゥゲザー><ラウンド・ミッドナイト>といったスタンダードに加え、アルバム・タイトルチューンのオリジナル曲<イエロー・カーカス・イン・ザ・ブルー>でも笠井紀美子の求心的な歌いっぷりは独自かつ説得力がある。80年代以降現れた<ネクタイ族のアイドル>といった風情のジャズ歌手と称した女性ボーカル(その多くはその後雲散霧消)とはまったく別世界だ。

70年代後半にはフュージョンテイストのアルバムを作り、さらに宝飾デザイナーとしても活躍し、今はもう歌手を引退しているという。彼女の人生の中ではごく短期間であったかもしれないが、間違いなくもっとも輝いていた時期の記録だろう。


この盤の音源。<アローン・トゥゲザー>


羽田健太郎、赤木りえらと。90年代初頭の映像かと。


松本英彦と。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

マーラー交響曲第6番イ短調「悲劇的」



物憂い春の宵。追い打ちをかけるようにこんな盤を取り出した。


201904_barbirolli_GM6.jpg


ジョン・バルビローリ(1899-1970)とニューフィルハーモニア管弦楽団によるマーラー第6交響曲イ短調。1967年8月ロンドン・キングスウェイホールでのセッション録音。手持ちの盤は80年代初頭の再発盤LPで、R・シュトラウスのメタモルフォーゼンがカップリングされている。この時期のバルビローリのマーラーとしては同じNPOとの5番とベルリンフィルとの9番がある。いずれも名演のほまれ高いもので、ぼくの手元にもある。第6番イ短調は冒頭の劇的な開始から終楽章の大団円まで聴きどころ満載だが、今夜はその第3楽章に針を下ろした。かつてはバルビローリのこの録音のように第3楽章にアンダンテ・モデラートをおくのが一般的だったが、2003年マーラー協会の宣言以降、近年ではアンダンテ・モデラートの楽章を第2楽章として演奏することが多いようだ。

マーラーの緩徐楽章、それもバルビローリとくれば、濃厚なロマンティシズムとたっぷりとした歌心に満ちた演奏を想像する。しかし6番のこの第3楽章は、アンダンテ・モデラートの指定もあるように、それほどこってりとした音楽ではない。もちろん出だしの数秒を聴いただけでマーラーのそれと分かる音楽であるには違いないが、美しくも淡いロマンティシズムに満ちた音楽が静かに流れていく。終盤にはカウベルも響き、どこか幼き日への憧憬もイメージさせる。この楽章だけ聴くと第1楽章のあの勇ましい開始は想像すらできない。ニューフィルハーモニア管の音もよく整っているし、録音も低く深いコントラバスのピアニシモまでよくとらえられていて申し分ない。春の物憂い宵に相応しい。


この盤の音源。第3楽章アンダンテ・モデラート。


アバドとルツェルン祝祭管によるライヴ。全楽章。第2楽章アンダンテ・モデラートは24分45秒から。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アルベニス:カタロニア奇想曲



このところ続いている「弾けない曲の確認」もとい「今のところは弾けない…曲の確認」(^^;。よくコメントを頂戴するハンドルネーム「みっちゃん」さんとメールでやり取りしたこともあって思い出し、今夜はこの曲の楽譜を開いた。


201904_Capricho_Catalan.jpg


イサーク・アルベニス(1860-1909)のカタロニア奇想曲。原曲は「6つのアルブムブラット」という副題をもつ作品165「スペイン」という小品集の中の一曲だ。 ギターによるアルベニスの編曲物というと「アストリアス」や「グラナダ」などがすぐ思い浮かぶ。ギター弾きはもちろん一般の音楽愛好家にも比較的知られた曲だろう。実際アルベニスのピアノ曲には、曲想や音形など、ギターを意識したもの、ギターで効果をあげそうなものがいくつもあって、古くから編曲もされてきた。この作品165でも「タンゴ」や「マラゲーニャ」などはギター中上級者向けの曲集では常連といってよい。

カタロニア奇想曲という題名から想像すると、いかにもスペインという感じのフレーズやリズムが出てきそうに思うが、実際耳にしてみると、そういう印象は強くないだろう。曲はシンコペーションを伴った低音の打音に始まり、その上に穏やかなメロディーが歌う。何度か繰り返す度に和声の彩りが変化し、不意な転調でパッと場面転換するなど、小品ながら面白く聴かせる。

ギター用楽譜にはいくつかあって調性もいろいろ。もっとも一般的なのはニ長調だが、手持ちの譜面(小山勝編)ではホ長調をとっている。少しさらった限りでは、アストリアスよりは難しく、セビリア、グラナダ辺りよりは幾分やさしいというレベルだろうか。内声を含め3声の和音で曲が進行する部分が多く、左手の押弦に苦労するが、少し気合を入れて練習すれば、まあまあ楽しめるかもしれないと感じるが、さてどうだろう。


人気のパク・キュヒによる演奏。


原曲全6曲の楽譜付き音源。


全6曲をギターで演奏している音源。 弾いているのはスーフェイ・ヤン。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ワルターのドヴォルザーク第8



四月半ば。好天の土曜日。いくつか野暮用こなし日が暮れる。あす日曜もちょっと外出予定あり。気ぜわしいという程のこともなく、この季節らしい。 さて、先日のスラヴ舞曲で思い出し、今夜はこんな盤を取りだした。


201904_Walter_AD_Sym8.jpg


ブルーノ・ワルター(1876-1962)とコロンビア響によるドヴォルザークの交響曲第8番ト長調。ワルターが晩年に行った一連のステレオ録音中の一枚。この曲を最初に聴いたのは高校3年のときだったろうか。FMかテレビで耳にし、最終楽章、変奏形式の何番目かでフルートが変奏フレーズを半音ずつ下降しながら吹くところがあって、そこだけが記憶に残ったのを覚えている。まとも全曲を聴いたのは大学に入ってからだった。FMからエアチェックしたテープを何度も聴いた。その後レコードが欲しくなり手に入れたのがこの盤だ。当時レコードを選ぶ基準は明快で、安い廉価盤がすべての前提だった。この盤は米オデッセイレーベルの輸入盤で、国内盤が2000円のレギュラープライスであったのに対して1000円ちょっとで買えた。

ワルター晩年のコロンビア交響楽団とのステレオ録音は賛否あるようだが、私はいずれも気に入っている。この盤でのワルターはまったく年齢を感じさせない生き生きとした曲の運びで、終楽章の主部以降がややゆっくりめのテンポであるが、他の楽章は快速調で音楽は前へ前へと進む。コロンビア響もワルターのための録音セッション用オケで編成は小さいのだが、録音の妙もあってまったく不足はなく、ワルターの棒に反応し、ぐいぐいと音楽を引っ張っている。

ドヴォルザークはチェロ協奏曲という名曲を書いたこともあって、この曲でもチェロの扱いが素晴らしい。第1楽章の出だしは何度聴いても印象的なフレーズだ。チェロのこの主題を聴くだけで、一気にこの曲のもつボヘミア調の郷愁に引き込まれる。有名な第3楽章も音楽がよく流れて、思わず一緒に口ずさみたくなるほどだ。終楽章では木管の冴え冴えとしたフレーズ、金管の強奏など随所の聴きどころでビシッと音楽をきめていく。

ワルターはフルトヴェングラーやトスカニーニらと同世代であるが、長命であったため晩年1958~1961年に良好な音質のステレオ録音を多数残すことが出来た。モノラル時代のニューヨークフィルとの演奏もよいものがあるが、モーツァルト・ブラームス・ベートーベンなど、やはりコロンビア響とのステレオ録音が素晴らしい。


この盤の音源。全楽章。


マンフレート・ホーネック指揮hr響(旧フランクフルト放響)による中々エキサイティングな演奏。先に記した、高校生のとき最初に印象に残ったフレーズとは第4楽章。31分30秒の<コガネムシは金持ちだぁ~>のあと、31分40秒からの始まるフルートの下降音形フレーズ。32分からは<コガネムシ…>がズンドコ節になって繰り返され、フルートの下降音形フレーズも管楽器群によって奏される。


第4楽章のフルートパートの聴かせどころ。パユ先生の御手本。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ポリーニのショパン:ピアノ協奏曲第1番



きのうの関東地方は真冬並みの寒さだった。4月に入ってから少々肌寒い日が続いている。これも季節の変わり目。四季もよし、四季の移ろいもよし…ということにしよう。 さて今宵の音盤タイム。この曲が春の宵に相応しいかどうか異論もあろうが、この時期に聴きたくなる曲の一つを思い出し、この盤を取り出した。


201904_Chopin_Pcon1_Pollini.jpg


マウリツィオ・ポリーニ(1942-)の弾くショパンのピアノ協奏曲第1番ホ短調。パウル・クレツキ(1900-1973)指揮フィルハーモニア管との演奏。ポリーニが1960年のショパンコンクールにおいて弱冠18歳で優勝し、その直後にロンドンで録音されたもの。ポリーニの最初のセッション録音にして、ライヴ録音を除き、今もってこの曲の唯一の録音だ。手持ちの盤は80年代初頭にミドルプライスで再発されたときの盤。70年代中庸には例の緑色ジャケットの廉価盤セラフィムシリーズで出ていた。この再発盤の帯には最新カッティング盤と記されている。これも十数年前に出張先の大阪・梅田の中古レコード店で手に入れた。

よく知られているようにポリーニは華々しく優勝を飾りながら、この録音のあと十年近く第一線から姿を消して研鑽を積み、その後あらためて一連のショパン録音で世に出ることになる。その意味でコンクールでの優勝と18歳という人生の一瞬の輝きともいうべき時の貴重な録音だ。

クレツキ指揮フィルハーモニア管のやや抑え気味の落ち着いた表情と淡々とした運びの前奏が美しく響く。アナログ最終期の最新カッティングも奏功してか、まったくといってよいほどトレースノイズを感じない。<北の宿から>を思わせるホ短調の主題も楚々と奏され、そしてピアノが入ってくる。ポリーニのピアノは意外にもと言ったらいいだろうか、勢いのある若者というイメージとは少し違う、落ち着いた弾き振りで始まる。今どきのコンクール優勝者であれば、もっと派手な弾きぶりで攻撃的とさえ言えるほどに攻め立てるような演奏をしがちだろうが、この盤のポリーニにそういう気配はない。もちろん技術的には優秀で余裕は十二分にあるのだろうが、力でねじ伏せる感じがまったくなく、終始しなやかに瑞々しく歌う。展開部や終盤の一部でさすがの力を感じるが、それとても汗の匂いなどは皆無だ。70年代以降の完璧な技巧とメカニズムが先に聴こえてくる演奏とは随分印象が異なる。まさに詩情あふれる清廉な弾きぶり。ロンド楽章の第3楽章でも印象は変らない。

第2楽章はそうした資質が一層映える。ショパンがこの曲を書いたのは20歳のとき。そして第2楽章について彼自身は「アダージョはホ長調で、静かな憂いを帯びた気持ちから生まれた。これは春の美しい月夜といった、多くの心地よい思い出を呼び覚ます風景にふれた印象を書いたのだ」と書いているそうだ。そうしたショパン自身の当時の有り様と、この録音のポリーニの演奏とはまさに一致するように感じる。同時に桜咲く今の時期にも相応しいのかなあと思い、聴いているこちらも若き日に戻った気分になるのだ。


この盤の音源。全楽章。


この曲の室内楽版。編曲は複数あるようだが、以下の音源はコントラバス入り弦楽五重奏のバックによるもの。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集



関東平野部では桜も終わりに近付いてきた。新年度が始まって十日ほど経ち、仕事もボチボチ気合いを入る時期。陽気も悪くないしなあ…と、ボーッとしながら本日も終了(^^;。いつもの時刻に帰宅した。夜更けて音盤棚を眺めていたら、この盤と目が合って取り出した。


201904_Dvorak_Slavonic_Dance.jpg


ドヴォルザークのスラヴ舞曲集。スデニェック・コシュラー指揮チェコフィルハーモニーによる1979年の録音。手持ちの盤は国内初出時の2枚組LP。十数年前にネットで知り合った方から目方でドン!的に箱買いした中に入っていたもの。

スデニェック・コシュラー(1928-1995)は1956年のブザンソン指揮者コンクールでアバドと1位を分け合った実力派。メジャーを制するスター指揮者とはならなかったが、残された録音はいずれも堅実でありながらもフレッシュさ感じさせるもので、指揮者としてはこれからというべき年齢で亡くなったことが惜しまれる存在だ。70年代初頭にスロヴァキア国立歌劇場の音楽監督となったことから、同じ地域のスロヴァキアフィルハーモニーとの録音が多いのだが、この時期コシュラーはノイマンが首席指揮者だったチェコフィルの常任指揮者も兼任していて、そのチェコフィルといくつかの録音を残している。そのうちの一つがこのスラヴ舞曲集。なおコシュラーは後年1987年にこの曲をスロヴァキアフィルと再録している。

他のいくつかの録音同様、このスラヴ舞曲集でもコシュラーの音楽作りは実に明快かつフレッシュだ。スラブ舞曲にはテンポは速いものとゆっくりのものとが混在するが、コシュラーは速いものはより快速調に颯爽と、ゆっくりなものはややロマンティックな表情でと、それぞれの舞曲の性格に応じて緩急のメリハリを付けている。当時まだ東欧と呼ばれた時代ではあったが、チェコフィルは決してローカル色は強くなく、十分に洗練された響き。アナログ最後期のスプラフォンの録音も優れていて、コントラバスの基音もしっかりととらえられて申し分ないアナログサウンドが楽しめる。

独自のリズムや時折り繰り出されるペンタトニックなど、スラヴ舞曲はいずれの曲も東洋人たるぼくらの琴線にダイレクトに訴えかけてくるものがある。作曲者のドヴォルザークが範にしたブラームスのハンガリー舞曲もしかりだ。いずれも数分のポピュラーなショートピースながら民族色に彩られた舞曲の数々は、どれを聴いても心躍る。


スロヴァキアフィルとの再録盤の音源。第1集作品46の第8番。もっともスラブ舞曲らしいといってもよいフリアントのリズム。チェコフィル盤に比べ、より陰影の濃いロマンティックな表現。


メータ&BPOによる第8番。コンマスに安永氏。1995年。オーケストラピースとしては上出来な演奏だと思うが、スラヴ舞曲の趣きにはいささか遠い感じがする。


ギター3本のアンサンブル。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)