アルベニス:カタロニア奇想曲



このところ続いている「弾けない曲の確認」もとい「今のところは弾けない…曲の確認」(^^;。よくコメントを頂戴するハンドルネーム「みっちゃん」さんとメールでやり取りしたこともあって思い出し、今夜はこの曲の楽譜を開いた。


201904_Capricho_Catalan.jpg


イサーク・アルベニス(1860-1909)のカタロニア奇想曲。原曲は「6つのアルブムブラット」という副題をもつ作品165「スペイン」という小品集の中の一曲だ。 ギターによるアルベニスの編曲物というと「アストリアス」や「グラナダ」などがすぐ思い浮かぶ。ギター弾きはもちろん一般の音楽愛好家にも比較的知られた曲だろう。実際アルベニスのピアノ曲には、曲想や音形など、ギターを意識したもの、ギターで効果をあげそうなものがいくつもあって、古くから編曲もされてきた。この作品165でも「タンゴ」や「マラゲーニャ」などはギター中上級者向けの曲集では常連といってよい。

カタロニア奇想曲という題名から想像すると、いかにもスペインという感じのフレーズやリズムが出てきそうに思うが、実際耳にしてみると、そういう印象は強くないだろう。曲はシンコペーションを伴った低音の打音に始まり、その上に穏やかなメロディーが歌う。何度か繰り返す度に和声の彩りが変化し、不意な転調でパッと場面転換するなど、小品ながら面白く聴かせる。

ギター用楽譜にはいくつかあって調性もいろいろ。もっとも一般的なのはニ長調だが、手持ちの譜面(小山勝編)ではホ長調をとっている。少しさらった限りでは、アストリアスよりは難しく、セビリア、グラナダ辺りよりは幾分やさしいというレベルだろうか。内声を含め3声の和音で曲が進行する部分が多く、左手の押弦に苦労するが、少し気合を入れて練習すれば、まあまあ楽しめるかもしれないと感じるが、さてどうだろう。


人気のパク・キュヒによる演奏。


原曲全6曲の楽譜付き音源。


全6曲をギターで演奏している音源。 弾いているのはスーフェイ・ヤン。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)