メンデルスゾーン弦四第一



週末土曜日。野暮用でちょいと出かけ、夕刻帰宅。夜半近く、ひと息ついて静かな春の宵。音盤棚を見回し、しばらく聴いてない盤ばかりだなあと思いつつ、ふと目が合ったこんな盤を取り出した。


202003_Mendelssohn_SQ.jpg


メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第1番変ホ長調作品12。十年程前に買い求めたブリリアントレーベルの激安ボックスセット中の1枚。メンデルスゾーンの室内楽作品がCD10枚に収められている。第1番はシャロン弦楽四重奏団による2002年の録音とある。

幼年期の習作もあるので詳しいことは不案内で恐縮だが、番号付きとしては、この作品12を第1番を称されているようだ。英雄の調性といわれる変ホ長調だが、弦楽器だけならそういうキャラクタもないだろう。事実第1楽章はすこぶる穏やかで、甘美な旋律に満ちている。第2楽章は、近代クラシックギターの祖とでもいうべきフランシスコ・タレガ(1852-1909)によるギター編曲でもよく知られたカンツォネッタ。弾むようなリズムが特徴的で、ギター弾きならずとも一度聴いたら忘れないだろう。第3楽章は4分ほどの短い楽章だが極めて美しいアンダンテ・エスプレシーヴォ。終楽章は一転、ハ短調の悲劇性を帯びたフレーズで始まる。しかも悲哀調というよりは厳しさを帯びた、闘争的な意志さえ感じる。終盤でようやく変ホ長調に戻り、穏やかさを取り戻して曲を閉じる。

メンデルスゾーンの真骨頂は室内楽とも言われる。カルテットのみならず、有名なピアノ三重奏ほか、メンデルスゾーンの室内楽は聴き逃せない曲ばかりだ。


全4楽章楽譜付きで。画面を前にギターを抱え、初見練習かねて一緒に楽しむのにはいい題材。第2楽章のカンツォネッタは7分48秒から。


セゴビアの弾く第2楽章カンツォネッタ。


オリジナルの弦楽四重奏によるカンツォネッタ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)