ミュンシュの「幻想」



少々長くなるが、問い合わせもあったのでまず業務連絡を。

コメントについて
ブログ記事最下段、記事日時・記事カテゴリーの横にある<コメント>をクリックするとコメント記入画面が出る。名前・タイトル・メール・URL等の記入欄があるが、最低限入力していただきたいのは名前。もちろんハンドルネームでOK。これがないと返信の際に、??さん、としか呼びかけられないので。メールアドレスは記入不要。記入するとそのまま自動的に公開されます。HPやブログ等を開設している方はURLを記入可。すべてのコメントは管理人であるぼくが承認しないと公開されない。コメント記入ページの最後にある非公開コメントというチェックボックスをチェックすると一切公開されない。もちろん非公開コメントもきちんと拝読している。メールアドレスが付記されていれば直接メール返信可能。もし非公開ながら「与太さんとやら、ちょっと返信プリーズ!」というときはメールアドレスを付記下さいませ。
いただいたコメントに公開をはばかるような内容が書かれているときがある。例えば、仲間内や一部の人の間では公然の事実をなっているような内容でも、あらためてブログで公開するのはまずいよね…といったことがあると、そのコメントを承認しないこともある。以前あるギター製作家についてのエピソードに触れたコメントがあった際、その内容を公開してもよいものかどうか思案しているうちに、コメントされた方はコメントを無視されたと思ったようで、それに憤慨するコメントが送られてきたことがあった。

拍手コメントについて
拍手ボタンを押すと「拍手完了しました」という文字が出て、画面下方に拍手コメント記入できるようになっていた。しかし、この拍手にコメントは現在非公開に設定にしてある。公開設定設定にすると、ダイレクトにそのまま公開されしまうため。拍手と同時に何かコメントする際は、お手数ながら上記の記事へのコメントからお願いしたい。

ランキングバナーについて
日本ブログ村のランキングに参加中。このランキングはアクセス数ではなく、バナーのクリック数がカウントされる。ひとつのIPアドレスあたり一日一回のカウントが有効とか。マイナー分野の順位に一喜一憂するのも大人げないが、本ブログにアクセスした際には、更新の有無に関わらず、一日一回クリックしていただけるとありがたい。「孤独のブロガー」ささやかな心の支えではあります(^ ^)

…ということで。ブログ開設から十年半になりますが、引き続きヨロシクです。
さて、月があらたまって五月。風薫る…には程遠い現下の状況だが、気持ちだけでも切り替えて過ごそうと思いつつ夜毎の音盤ルーチン。先回のアルヘンタ盤そしてクーベリック盤と久しぶりに「幻想」を聴き、やはり面白いなあと感心。それではと、今夜は真打ともいうべきこの盤を取り出した。


202004_Munch_Berlioz.jpg


シャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団によるベルリオーズ「幻想交響曲」。1967年録音。発売当時から名盤の誉れ高い一枚。手持ちのLP盤は十数年前、例によって出張の帰り、大阪梅田の名曲堂阪急東通店で(確かワンコインで)手に入れた。

ミュンシュ(1891-1968)はフランスを代表する指揮者であったわけだが、フランスの指揮者という語感から想像するような、洒落て粋な感覚や透明な音色感、洗練されたアンサンブルといったものから随分遠い。もともとアルザスというドイツ圏とフランス圏と行ったり来たりした地域の生まれ、若い頃はライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管のコンサートマスターとして、フルトヴェングラーの薫陶も受けたミュンシュは、他の純粋なフランス系指揮者とは明らかに違う資質を持っている。実際この幻想や、同時期にやはりパリ管と残したブラームスなどは、まったくもってドイツ的な演奏だ。ブラームスはフルトヴェングラーのステレオ盤かくやと思わせる演奏だったが、この盤でも第1楽章から低重心のサウンドで、コントラバスのアルコは分厚く響き、ピチカートもバンッと威勢がいい。そのドイツ的な厚い音響イメージにラテン系らしい熱く積極的な感情の表出が加わる。そのコンビネーションがうまく機能したのが、この幻想の録音だ。

前半の三つの楽章はいずれもスケールが大きく、後半の二つの楽章は即興性にあふれた豪放な演奏。手持ちのLP盤で聴く限り録音も抜群によく、オケの距離感、各パートの分離、金管群や打楽器群の立ち上がりなど、いずれも素晴らしい音が楽しめる。今もってこの曲のもっとも優れた演奏の一つだろう。

この盤の音源。


クリストフ・エッシェンバッハとSWR響(南西ドイツ放送交響楽団)による演奏。2019年4月。エッシェンバッハもこの2月で80歳になったそうだ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)