チョイと宅録 佐藤弘和・小品集



先週までの肌寒さはいずこへ。関東では一昨日には一気に真夏日到来。昨日も少し動くと汗ばむほどの天気だった。連休入りするも平時と変わらず。少々の野暮用と日常雑務で日が暮れた。今年に入ってから楽器を手にする時間が少し増えたのだが、その勢いで先日またまたチョイと宅録。取り出した楽譜はこれ。


202005_Sato_Hirokazu_24_petites_pieces.jpg


佐藤弘和「音楽のエッセイ~ギターソロのための24の小品集~」。佐藤氏が亡くなった翌年2017年春に現代ギター社より出たもの。そのタイトル通り24曲の小品から成る曲集。少し前にもこの曲集から何曲か弾いてアップした。この曲集の成り立ちについては、そのときの記事に書いた通り。佐藤氏の死後いくつかの小品集が出ているが、その中では技術的な難易度は低めで、アマチュア中級レベルなら初見で程々に弾けるだろう。より大きな曲に取り組んでいる上級者にはよい箸休めとして、気分転換以上の楽しみを与えてくれるに違いない。きょうは先日の続きで24曲の中から以下の3曲選んで弾いてみた。

「鳥が飛ぶ」 「過ぎ去りし風景」 「古風なロマンス」

この曲集の収録曲には佐藤氏による作品解説が付されている。それによると…
「鳥が飛ぶ」…鳥がすばしっこく、あっという間に飛んでいくようにすぐに終わってしまう曲。明るい南国の島のイメージ。ホ長調8分の3拍子。
「過ぎ去りし風景」…自分の好みのスタイルを意識して作った。<素朴な歌>もそうだが、揺れるような3拍子、モード(旋法)風な和声を使用。イ短調4分の3拍子。
「古風なロマンス」…出だしですぐわかるように、これは”禁じられた遊び”の真面目なパロディー。原曲そのもののイメージで。ホ短調4分の3拍子。

今回は以前から使っているZOOM社のお手軽レコーダーQ2HDを使用。何となく置いたアングルのまま録音。決して右手メインに見せようなどという意図はありません(^^; 同じ室内にあるwifiルータの影響でジーっと唸るような雑音が混じってしまった。弾き損じ共々ご容赦下さいませ。使用楽器は田邊雅啓ロマニリョスモデル2004年。前日、弦交換をしたばかりだったが、どっしりとした低音、張りと艶のある高音とで気持ちよく鳴ってくれた。もう少しきちんと弾かないと、楽器に申し訳ない気分だ。


「鳥が飛ぶ」


「過ぎ去りし風景」


「古風なロマンス」



これまで録音した佐藤弘和作品全25曲の再生リスト。録音時期・状態、使用楽器等まちまち。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efOcNIGHTFQEPoaBXUEPc4qE


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)