ベートーヴェンの魔笛ヴァリエーション



カレンダーを見るまでもなく、早いもので7月も下旬。関東は先日梅雨明け。暑い夏がやってきた。さて週末日曜日。きょうもちょっとした野暮用で日が暮れた。気温が高いと、僅かなことでもひと汗かいて疲れが伴う。仕方ない、もはやジジイの年齢だし…と独りごつ。一服しながら、こんな盤を取り出した。


202107_LVB_Cello_works.jpg


ピエール・フルニエ(1906-1986)とフリードリッヒ・グルダ(1930ー2000)によるベートーヴェンのチェロ作品集。1959年6月ウィーン・ムジークフェライン内の小ホール:ブラームスザールでの録音。手持ちの盤は70年代独グラモフォンのセカンドレーベル:ヘリオドールの国内廉価盤。十年程前の長野出張の折、駅前書店の店頭で開かれていた中古レコードワゴンセールで入手したもの。以下の通り、5曲のソナタと3曲の変奏曲がLP3枚に収められている。

・チェロ・ソナタ第1番ヘ長調 op.5-1
・チェロ・ソナタ第2番ト短調 op.5-2
・チェロ・ソナタ第3番イ長調 op.69
・チェロ・ソナタ第4番ハ長調 op.102-1
・チェロ・ソナタ第5番ニ長調 op.102-2
・「マカベウスのユダ」の主題による12の変奏曲 WoO45
・「魔笛」の主題による7つの変奏曲 WoO46
・「魔笛」の主題による12の変奏曲 op.66

先ほどから、この中の「魔笛」の主題による7つの変奏曲WoO46を聴いている。魔笛のバリエーションのもう1曲作品66とヘンデルの主題による変奏曲が初期の作品であるに比べ、この7つの変奏曲はチェロソナタの3番が作られる少し前の時期ということで、完全にベートーヴェンのスタイルが確立し、後世のぼくらがベートーヴェンらしいと感じる要素が盛り込まれている。 主題提示は変ホ長調8分の6拍子の設定で、チェロのオブリガードを伴ってピアノによって提示される。変奏に入ってからも、チェロの低い音域が積極的に使われていて、この楽器が持つ音色の魅力が十全に発揮される。ピアノとの絡みも巧みで、10分に満たない曲ではあるが、音楽はすこぶる充実していて素晴らしい。


この盤の音源(LP)。魔笛の主題による7つの変奏曲。


同 もう一つの魔笛。12のヴァリエーション作品66


リン・ハレルの弾く7つの変奏曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)