マット・デニス「Matt Dennis Plays And Sings Matt Dennis」



さてさて、九月も最終週。シルバーウィークでの業務停滞を挽回すべく週明け月曜から程々にハッスル!(死後か…) 8時少し前に帰宅した。ひと息ついて今夜はジャズ。こんな盤を取り出した。


202109_Matt_Dennis.jpg


マット・デニス(1914-2002)の弾き語り。1953年ハリウッドのクラブ「タリー・ホー」でのライブ。もちろんモノラル時代の録音。作曲を始め多彩な能力を持っていたマット・デニスの代表盤ということになっている。コルトレーンをはじめ、多くのジャズプレイヤーが名演を残した名曲「コートにすみれを」は彼の作曲だ。手持ちの盤は70年代半ばにミドルプライスで出ていた国内盤LP。収録曲は以下の通り。すべてマット・デニスのオリジナル曲。バックにジーン・イングランド(ds)、マーク・バーネット(bs)を従えたトリオ編成。女性歌手ヴァージニア・マクシー(マットの娘ともいわれる)が「We Belong Together」「When You Love A Fella」の2曲に加わっている。

Side_A
1.Will You Still Be Mine
2.Junior And Julie
3.The Night We Called It A Day
4.We Belong Together
5.Angel Eyes
6.Violet For Your Furs
Side_B
1.Everything Happen To Me
2.Compare To You
3.That Tired Routine Called Love
4.It Wasn’t The Stars That Thrilled Me
5.When You Love A Fella
6.Let’s Get Away From It All

少し頼りなく感じる声の質と歌いっぷり。録音で聴く限り、格別の美声でもなければ声量もやや乏しい。それでもピアノの弾き語りと共に繰り出されるバラードや軽いスウィングに、どこか惹きつけられる。リラックスしたプレイ、クラブの客の歓談とグラスの触れ合う音。モノラルの落ち着いた音質もこうした盤には合っている。曲、演奏とも、初秋の夜半に相応しい名盤だ。


この盤の第1曲「Will you still be mine ?」


マイナーチューンの「Angel eyes」


生まれ変わったらクラシックギターなんて蹴っ飛ばしてピアノ弾き語りだね。絶対モテる!



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)