ドヴォルザーク交響曲第7番ニ短調




きのうは文化の日。いつもより少し遅く起き、ゆっくりと朝の珈琲を味わう。午前中、これといった用事もなかったのでアンプの灯を入れ、先日聴いたドヴォルザークの続きで、この盤を取り出した。


202111_Szell_AD8.jpg


ジョージ・セル(1897-1970)と手兵クリーヴランド管弦楽団によるドヴォルザークの交響曲第7番ニ短調。1960年録音。手持ちの盤は数年前にセルの録音が少しまとまってリリースされたときのもので、この2枚組のアルバムには7番の他、第8番、第9番「新世界から」、「モルダウ」と歌劇「売られた花嫁」から4曲が収録されている。第7番はセル唯一の録音。

今更説明は不要だが、ドヴォルザークの第7番は人気の第8番や第9番に勝るとも劣らない名曲だ。ぼく自身は8番や9番よりもこの7番を好む。ブラームスの第3番に触発されて作られたこともあって、いわゆるボヘミア色は少し控えられ、ニ短調による渋く古典的な風合いが素晴らしい。

セルとクリーヴランドの演奏はいつもながら精緻なアンサンブルで隅々まで神経が行き届き、一切の弛緩を感じさせない。セルの気合の入り方も尋常でないのか、第1楽章から時折り力の入ったトゥッティでは、振り下ろす指揮棒に合わせて出ていると思われるセルのうなり声も聴こえてきて、聴いているこちらも思わず手に汗握る緊張MAX状態になる。第1、第2楽章の力強く構築的な雰囲気もいいが、第3楽章のフリアントによるスケルツォ、そして終楽章では内に秘めるエネルギーとその放出がスタジオセッションとは思えないライヴ感あふれる音となって表出する。録音もかつて廉価盤LPで出ていたときのネガティブな印象はなく、このときリリースされたCDでは細部までくっきり録られている。最新録音に比べるとヴァイオリン群の音にやや歪っぽさを感じるが、低域はコントラバス基音までしっかりと聴き取れ、このコンビの実力のほどを細部まで確認できる。


この盤の音源。全4楽章


南米コロンビア生まれのアンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮hr交響楽団(フランクフルト放響)による今年4月の演奏。やや小さめの編成。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)