カシオペア「Hearty Notes」



寒さもピークアウト。退勤時刻の夕方5時前後も随分明るくなった。少々心和む木曜の夜。リラックスモードにどうかと、こんな盤を取り出した。


202302_Casiopea_HeartyNotes.jpg


カシオペア初のアコースティックアルバム「Hearty Notes」。1994年リリース。この「Hearty Notes」そして「Anserws」「Asian_Deamer」と、カシオペアはこの年一年で三枚のアルバムを作った。80年代半ばをピークに徐々に下火になりつつあったフュージョンそしてカシオペアだったが、90年代初頭はまだ大ホールでのライヴも打ち、アルバムリリースも積極的だった。このアルバム収録時のメンバーは、野呂一生(g)、向谷実(p)、鳴瀬喜博(b)、熊谷徳明(ds)。野呂一生も向谷実もまだ三十代だった。ぼくが一周遅れでカシオペアを聴き出したのもこの頃だ。

収録された10曲すべてがアコースティック楽器(Eb除く)で演奏されている。野呂一生のギターはスチール弦のアコギ、あるいはナイロン弦のエレアコが使われている。いつもはエフェクタ全開のナルチョも、しっとりとしたベースラインで別人かと思う程だ。8曲のオリジナルに加え、すでに彼らの代表作として知られていた「Dazzring」「Magic Ray」がアコースティックヴァージョンで加えられている。夕暮れ時を思わせるジャケットデザインを眺めながら、アルバムタイトルそのままの心安らぐ42分を約束してくれる名盤だ。


この盤の音源。全10曲


この盤と同じメンバーによる「Dazzirng」アコースティック版@1993年



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)