ウェーバー序曲集



先日の記事に書いた草津夏期音楽アカデミー.。そのオーケストラコンサートで指揮をとるアントニー・ヴィットで思い出し、きょうはこの盤を取り出した。


202307_Weber.jpg


ナクソス盤の「ウェーバー序曲集」。ナクソスに多くの録音を残しているポーランドの指揮者アントニ・ヴィット(1944-)がニュージーランド交響楽団を振った1枚。2006年録音。収録曲は以下の通り。

「オイリアンテ」序曲
「ペーター・シュモルとその隣人たち」序曲
「オベロン」序曲
「幽霊の支配者」序曲
付随音楽「トゥーランドット」のための序曲と行進曲より序曲と第2幕の行進曲
「プレチオーザ」序曲
「シルヴァーナ」序曲
「歓呼」序曲
「アブ・ハッサン」序曲
「魔弾の射手」序曲

ウェーバーの序曲というと<魔弾の射手><オベロン><オイリアンテ><アブ・ハッサン>辺りがコンサートでもCDでも、ほぼこの順番の頻度で取り上げられる。ぼくもこの盤を手にするまでの他の曲はまったく覚えがなかった。あらためて聴いてみると、やはりこれら常連組はよく出来ている。元々の歌劇そのものを聴かずして、その序曲を語る資格などないのだろうが、有名な<魔弾の射手>や、ぼく自身もっとも好きな<オベロン>などは、エンターテイメントとしてのオペラのエッセンスがドイツ音楽の伝統の中に調和する。ドイツの深い森をイメージさせるホルンや、雄弁なチェロのフレーズなど、いつ聴いても心おどる。

アントニ・ヴィット(1944-)は日本のオケにも度々客演している大ベテラン。ぼくも当地群馬交響楽団の定期で聴いたことがある。テンポは速からず遅からずで、いずれの曲も聴かせどころでは、しっかりカタルシスを感じさせてくれる指揮ぶり。80年近い歴史を持つ実力十分のニュージーランド交響楽団の好演もあって、文句なしの出来栄えだ。録音も良好。低音重視のピラミッド型音響とは異なる、すっきりと見通しのよい音で各パートの分離やバランスがとてもよい。静寂の中から立ち上がる透明感のある音響は、このオケの個性と録音会場ウェリントン・タウンホールの音響によるものだろう。カラヤン、クーベリック、サヴァリッシュといった独墺系指揮者のウェーバーとは趣きが異なるが、この盤も現代的で明快な演奏として一聴の価値有りかと。


この盤の音源で「オベロン」序曲 独墺系序曲類の中ではもっとも好きな曲の一つ。


同 「オイリアンテ」序曲


「魔弾の射手」序曲 スウィトナー指揮NHK交響楽団。徳永(弟)・山口の1stVnツートップ。チェロ徳永(兄)他、懐かしき昭和のN響。


演奏機会の少ない「歓呼」序曲 最後に英国国家がワンフレーズ入る。シノポリとこの曲ゆかりのシュターツカペレ・ドレスデン。 例によって!マークが出るので、YouTubeで見るとクリック。 それにしてもゼンパーオパー…雰囲気満点だなあ



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
06 | 2023/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)