新・田邊ギター出来!



注文していた田邊ギターが出来上がった。
少し前の大安吉日を選び工房へ出向いて受け取ってきた。酷暑を極めたこの夏の少し前から製作が本格化。いつもながらも丁寧な仕事を経て、この度完成となった(これまでの経緯はこちら→その1その2その3)。音の検分はいずれあらためてということで、きょうはその美しい姿だけ自慢げにお披露目したい。


サントス・エルナンデスを参照した、やや撫で肩の優雅なプロポーション
IMG_5090.jpg


表板はスペイン名工の重鎮:アルカンヘル・フェルナンデスから譲り受けた厳選スプルース。裏板は某国内名工遺品の柾目ハカランダ。
IMG_5095-COLLAGE.jpg


シンプルを極めた造作。
IMG_5098-COLLAGE.jpg

IMG_5091-COLLAGE.jpg


3穴仕様の駒。シンプルながら美しい貝の造作。サドルは象牙材で弦高標準・低めの2本を作成。
IMG_5092-COLLAGE.jpg


ヘッドとロゼッタのデザインは、ヴィルフィン・リースケ所有のサントス・エルナンデス1925年を参照。糸巻きはロジャースから直接取り寄せた。
IMG_5084-COLLAGE.jpg

IMG_4952-COLLAGE.jpg


実は田邊氏はこの個体とほぼ同仕様の新作をもう1台同時進行で製作していて、そちらも前後して完成。あす11月23日から東京豊洲で開かれる「イーストエンド国際ギターフェスティバル2023」に出品される。田邊氏も開催中は会場に詰めているとのことなので、実機検分とプロによる試奏会を目的に足を運ぶのも一興かと。


イーストエンド国際ギターフェスティバル2023の試奏会等に出演するプロ奏者達からのメッセージ。昨年はあのホルヘ・カバジェロが試奏した田邊ギター。今年、誰が試奏するのかは当日のお楽しみだそうだ。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)