メルツの二重奏曲集



久しぶりにメルツのギター二重奏を聴く。


202402_Mertz_Duo2.jpg


ヨーゼフ(ヨハン)・ガスパール・メルツ(1806-1856)のギター二重奏作品を集めたアルバム。YouTubeですっかり知られるようになったクラウディオ・マッカリとパオロ・プリエーゼという二人組みによる19世紀ギターを用いた演奏。2001年の録音。今から二十年近く前、仕事で欧州へ何度が出張した際、滞在先で手に入れた。手に入れた当時はまだギターへの本格カムバック前夜で、メルツの二重奏に特別な思い入れがあったわけではなく、従ってずっと聴くこともなく棚に埋もれていた。その後やや本格的にギターに再開してからあらためて聴き直し、楽譜も手に入れた次第。収録曲は以下の通り。メルツの二重奏曲がひと通り入っている。すべて1stギターは通常のギターより短三度音程が高いテルツギターの指定があるもの。

(1) Naenien Trauerlieder
 ・Am Grabe der Geliebten
 ・Ich Denke Dein
 ・Trauermarsch
(2) Unrühe (3) Vespergang (4) Mazurka (5) Ständchen
(6) Deutsche Weise (7) Tarantelle (8) Barcarole (9) Impromptu


202402_JKM_Duo.jpg


ちょうど19世紀前半の半世紀を生きたメルツ。作風としてはロマン派の色合い強く、情緒的な趣き深い曲を多数残した。この盤の収められている二重奏もメルツらしい穏やかなロマンティシズムとうつろうような和声感に満ちている。ドイチェ・ヴァイゼ(6)とマズルカ(4)は十年程前あるステージで隣り町高崎のギター指導者:石原昌子先生と弾いたことがある。また挽歌集(1)の3曲は旧友Y氏と合わせてmixiの発表会で弾いた。この手の曲の雰囲気を楽しみ、当時意図された響きを再現するには19世紀ギターの使用が必須と思うが、用意できなければ1stパートのテルツ指定にはカポタストで対応する。いずれも技術的ハードルはそう高くなく、中級アマチュアの楽しみにはピッタリだ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤のコンビ:クラウディオ・マッカリとパオロ・プリエーゼ(Maccari-Pugliese)による「 Unrühe」


挽歌集(Naenien Trauerlieder)の第1曲「愛する人の墓の前で(Am Grabe der Geliebten)」
深い情感に満ちた内省的な曲想が美しい。


「マズルカ」作品40



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)