チョイと宅録 E・プジョール「小ロマンス」



ここ二、三日寒さもピークアウトしたかと思わせる日が続いている。とはいえ、まだ春の陽気には遠く、ギターを弾くにもまずは道楽部屋を暖め、手を暖め…思い立って即練習とはいかない。まだしばらくは新しい課題に取り組むのは難しそうだし、そういえば録音も久しくしていないなあ…などど考え、このところポロポロと弾いて遊んでいたこの曲を録音してみた。


202402_Pujol.jpg


エミリオ・プジョール(1886-1980)の「小ロマンス」。
プジョールはギター弾きにはお馴染みの名前。「アルハンブラの思い出」で知られるフランシスコ・タレガ( 1852-1909)の高弟の一人として演奏・作曲そしてギター音楽全般の研究でも多くの成果を残した。ぼく自身は彼の独奏曲をほとんど弾いたことがなく、彼の編曲による二重奏を少しかじった程度の経験しかない。

この小ロマンスはわずか2分程の小品。「姪のコンチータへ(A mi sobrina CONCHITA)」と付記されていて、あどけない姪のコンチータ嬢を思いながら作られたのだろうと、イメージできそうな可憐な曲だ。ギターで効果的に響く1弦~4弦の10度音程を使って、シンプルなメロディーとロマンティックな和声をうまく響かせている。出だしのフレーズなどは師匠タレガのラグリマを思わせ、ニヤッとしてしまう。 全体としては初~中級程度のレベルかと思うが、後半に入るところにある装飾音のターンと、所々にあるアラストレが技術的なポイントだろうか。小品ながら師匠タレガを想起させる「ちょっといい曲」だ。


この作品が作られた頃の楽器ハウザー・ウィーンモデル1921年作を使い、ピッチも通常より半音程低いA=415Hzで録音。もっとロマンティックにテンポを揺らす手もあるだろうが、ひとまずインテンポで通した。楽譜には♪=108の指定がある。後半に入るところの装飾はあわて過ぎで音になっていない(スミマセン)。


ギターをモダンタイプ(ヤマハGC-30B)に変え、ピッチもA=440Hzで録音。表現にも少しだけ動きを加え、上の演奏より10秒程短くなった。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)