ディッタースドルフ 「オヴィディウスの転身物語」によるシンフォニア集



今週に入って一気に春めき、気温も20度近くまで上昇。郊外の公園では蝋梅が香り、穏やかな陽ざしが降り注ぐ。このまま春に向かうかな…。 きょうも窓から差し込む陽光を受けながらの音盤タイム。久しぶりにこの盤を取り出した。


202402_Dittersdorf_e.jpg


ウィーン古典派の重鎮ディッタースドルフの「オヴィディウスの転身物語」によるシンフォニア集。この手の落穂ひろい的レパートリーの発掘では最右翼のナクソスレーベルの一枚。演奏はハンス・ペーター・グミュール指揮ファイローニ管弦楽団。ファイローニ管はハンガリー国立歌劇場の選抜メンバーによる団体のようだ。1995年録音。

ディッタースドルフ(1739-1799)はハイドン(1732-1809)、モーツァルト(1756-1791)らと同時代にウィーンを中心に活躍した(こちらの年表参照)。何でもハイドン、モーツァルト、ヴァンハル、ディッタースドルフの4人で弦楽四重奏を弾いたという記録もあるらしい。ナクソスのこの盤にはオウィディウスの「変身物語」をテーマにした6つの交響曲(シンフォニア)のうち1番から3番が収められている。

オウィディウス「変身物語」の名こそ聞いたことはあるが、手に取った記憶がない。ましてや物語が曲のどこと関係があるのか寡聞にして不案内。そういうことをきちんと探求しようという気がなく、我ながら自堕落極まりない。まったく愛好家の風上にもおけない。が、そうややこしいことを言わずとも、ウィーン古典派の典型的な響きを楽しめばそれでよしとしよう。いずれも4楽章形式ではあるが、標題にはシンフォニアとあり、ハイドンによって完成をみる古典的な交響曲への過渡期の形式といえる。

曲はいずれも古典的な様式感に満ち、充実した響きだ。特に第1番の第1楽章ラルゲットや第2楽章アレグロ・エ・ヴィヴァーチェなどは、ハイドンもかくやと思わせるほど完成度が高い。テーマそのものが魅力的だし、その扱いも適度な緊張感を持つ。第2番は「変身物語」のイメージが盛り込まれいるのか、メルヘンチックなテーマがたびたび現れ、第1番より標題的な作りを感じさせる。一方でシンフォニックな魅力は第1番に譲る。第3番は、通常は終楽章に現れるようなロンド風の主題で開始。時折短調に転調して緊張感を感じさせるが、全体としては軽快で穏やかな曲想だ。

当時のウィーンには職業作曲家が数百人いたらしい。彼らの手になるこうした古典期作品が、山ほど作られ、演奏され、そして多くがそのまま消えて行ったのだろう。モーツァルトやベートーヴェンの天才性・革新性は素晴らしいが、ディッタースドルフ、ヴァンハル他、職業作曲家の手馴れた手法で書かれた典型的な古典様式の曲は、革新性では一歩譲るにしても、当時の響きを確実に再現してくれて、飽かずに楽しめる。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


この盤の音源。シンフォニア第1番ハ長調「世界の4つの時代」 第2楽章


同 シンフォニア第3番ト長調「鹿に変えられたアクタイオン」 第1楽章


この盤全3曲の再生リスト



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)