クール・ストラッティン



春を感じるなどと、柄にもないことを言っていたら、先週末はすっかり冬に逆戻り。おおさむこさむの日が続いた。二月も半ば。公私とも年相応にややこしいことをかかえる日々。まあ、仕方ないッスね。
さて今夜は8時少しを回って帰宅。ひと息ついてアンプの灯を入れ、弛緩しきってこの盤を聴くことにした。


DSCN3192 (480x480)


先回に続いてジャズ。名前を挙げるのも恥ずかしいほど有名な盤<クール・ストラッティン>。ソニー・クラークのリーダーアルバムにして、おそらく日本でもっとも多くのセールスを記録した盤の一つ。1958年録音。手持ちの盤は90年代初頭の輸入盤CD。収録曲ほか以下の通り。

 1. Cool Struttin'
 2. Blue Minor
 3. Sippin' At Bells
 4. Deep Night
 5. Royal Flush
 6. Lover
  ソニー・クラーク(p)、アート・ファーマー(tp)、ジャッキー・マクリーン(as)、
  ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
  (5.6.はこの盤のみのボーナストラック)

50~60年代ジャズアルバムのジャケットデザインは、当時の気鋭デザイナーの手による力作が多い。この盤のジャケットもそうした印象的なものの一つだろう。朝のNYの街をこれから仕事に向かうのだろうか、タイトスカートとヒールで歩く女。その向こうにはコートをまとった男…。いくらでもストーリーが浮かびそうなデザイン。今更ながら、この盤がLPで手元にないのが不思議なくらいだ(今度出会ったら手に入れよう)。

ソニー・クラークは当時米国ではほとんど無名といってもいい存在だったそうだ。日本でのこの盤の売れ行きに、当のブルーノート社は驚きをもって接したという。それはともかく、この盤が日本人好みであることに間違いはない。第1曲のタイトルチューン<Cool Struttin'>のミディアム・スローでジャズの流れに身体を慣らし、その後は軽快なテンポの曲が続く。いずれもメロディーが明快でコード進行も分かり易い。難解な語法はほとんどなく、すんなり耳に入ってくる。根っから陽気という感じではなく、適度な暗さと湿度感がある。純粋に曲の成り立ちや個々のプレイに聞き耳を立てると、少々食い足らない感が無きにしもあらずだが、トータルとして万事中庸を好むマイルドな日本人気質にジャストフィットだろう。


<Deep Night>



<ジャズの100枚>と称する企画のプロモーションにこの盤が選ばれMVが作られた。起用されたのはこの人。



メイキングMV。こうなると、もう曲はどうでもいいかぁ(・_・;…



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

田中理恵さんですか

こんにちは。
「クール・ストラッティン」、1980年代、大学生のころよく聴きました。
3200円の値段がついたCD持ってます(古~)。

動画を見ても女性が誰なのかわからず、
最後にご本人が名乗ってくれてようやくわかりました。

買ってきたCD

受験が終わった中三の娘が、自分へのご褒美に今日買ってきたCD、なんと、ジャズの100枚の中の、ジム ホール、でした。ジャズ、ギター のキイワードだけで、よくわかんないけど選んだそう。

このジムホールは、ブログに載っていますか?

急に、家の中が、ジャズバーみたいな雰囲気になります。

Re: 買ってきたCD

お嬢さん受験生だったのですね。
試験が終わって、一番楽しいときかな。

このシリーズから選んできたのですか、それは偶然。
ジム・ホールの、これもジャケットが印象的なアルバムを記事にしています。
こちら ⇒ http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/blog-entry-384.html
お嬢さんが選んだのがこの盤だったら、それはもう偶然というより必然です。

Re: 田中理恵さんですか

木曽のあばら屋さん、毎度どうも。
私もわかりませんでした。名前をみて、そうかぁ!と…
衣装・髪型でアスリートの面影がない程エレガントになっていて驚きました。
音楽そっちのけで見入ってしまいましたよ(^^;
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)