E・フェルナンデスのバッハ<リュート組曲>



いつもの土曜日。昼をはさんで野暮用外出。ついでに市内某所で少しあらたまった昼ご飯。予約客のみでテーブル3卓、動物性食材は一切使用せずという店。当然すべて植物性のみながら、創意と工夫でまったく不足感なしの充実した料理のあれこれに驚いた。いろいろあるものだなあ…。
さて帰宅後、薄暮の音盤タイム。久々にギターを聴こうかと、こんな盤を取り出した。


fernandez.jpg  DSCN3287 (480x480)


パラグアイ出身のギタリスト:エドゥアルド・フェルナンデスによるバッハのリュート組曲全曲。2000年10月録音。手持ちの盤は10年ほど前、海外廉価盤の雄:アルテ・ノヴァから出ていたもの。現在はソニーミュージックから継続発売されている。フェルナンデスは1952年生まれというから還暦を過ぎたベテラン。日本の福田進一とのデュオ等で日本でもお馴染みのギタリスト。中々の学究肌と聞くが、もちろん演奏家としても第一級だ。

しばらく前の記事にも書いたが、バッハのBWV995~1000番それと1006aはリュートまたはそれに類する楽器(ラウテンヴエルク等)のためのものされ、特にギターやリュートの愛好家にとって馴染みのバッハ作品だ。もちろんそれらの作品の真偽をめぐって様々な研究や議論がなされてきたが、新バッハ全集でこの7曲がひとまず認知された。この盤にはそのうち古くから<リュート組曲>と称されてきた996、997、995、1006aの4曲が入っている。

演奏はどの曲も素晴らしい。古典他様々なアレンジ等もこなすことからも分かるように、伝統的なクラシカルな音楽への様式感をしっかり持っていて、組曲を構成する各舞曲がそれぞれの性格をもって表現される。しばしばテンポを揺らしたり、フレーズの伸縮も見られるが、総じて音楽の流れが自然で品格も高い。この盤のジャケット写真では19世紀タイプのギターを手にしているが、録音自体は通常のモダンギターで弾かれている。先日あるギター弾きの知人と話した際、昨今のギター界はアクロバティックな早弾きや大音量、またそうした奏法を誇示する曲が多く、ギター本来の美しい音色やそれを有効に響かせる古くからのオリジナル曲に出会う機会が減ってきたという話になった。この盤で聴くフェルナンデスの弾きぶりは、そうした昨今の時流とは一線を画している。技巧の余裕をひけらかすことなく、音色も実に美しい。イェラン・セルシェルが11弦ギターで弾くバッハは、ギターという楽器を意識させない普遍的なバッハ演奏を聴かせてくれるが、このフェルナンデス盤はモダン6弦ギターの持つ美しい音と共に程よく<ギターらしさ>を感じさせてくれる名盤だ。


この盤の音源。全4曲。但し、オリジナルのCDに比べ音質がかなり劣化しているのが残念。



ヨハネス・モンノによるBWV997:前奏曲の美しい演奏。


同フーガはこちら


リコーダーと通奏低音編成によるBWV997。ハープシコードをギターに置き換えてトライしてみたい。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)