ゴアテックス



冬から早春、そしてまもなく春爛漫。冬のコートも脱いで、春らしく軽装で通勤といきたいところだが、朝晩はまだ時折り冷え込む。そんなときにと思って、軽めのコートを手に入れた。実はこの時期に羽織る適当なコートを持ち合わせず、不自由していたのだが、これから雨の多い時期にもなるし、レインコートと兼用できればいいなあと物色していたところ、ちょうそいいものを見つけた。 機能性素材ゴアテックスを使ったコート。マーガレットハウエル社製。ナイロン素材一枚の薄いコートだが、風よけと雨よけの機能性は十分。ステンカラーのボックススタイルもオーソドクス。色はダークネイビー。スーツでもカジュアルでもOKだ。


DSCN3347 (480x480)  DSCN3344 (480x480)

DSCN3338 (480x480)  DSCN3337 (480x480)


ゴアテックスが世に出てからすでに30年以上が経つ。ぼくが山登りをしていた20代の頃に出回り始めた。当時、貧乏学生あがりでろくな装備もなく山に登っていて、雨に見舞われるとビニール製の雨合羽を着込んだ。当然雨は防げるが、身体からの発汗がこもってびしょぬれになった。着ようが着まいが同じ状態という情けなさ。そこに登場したゴアテックス素材は、水が通さないが水蒸気は通すという画期的な機能性で、あっという間にアウトドアウェアとして定着した。その後山登りも縁遠くなり、ゴアテックスの性能を体験することもなくきたが、先に記した通り、今更ながら試してみようかなと…
実はコートの先立ち、ゴアテックス素材を使った靴を昨年から履き始めていた。こちらはすでに何度かの実戦体験があって、なるほどと感心する性能だった。コートは先週から着用しているが、まだ雨の日は無い。こうなると雨が降るのが楽しみになってくる。


ゴアテックスのプロモーションビデオ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。

■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クラリネットに

こんばんは。

ゴアテックスのコ-ト、高級品ですね。

耐久性抜群の人造皮膚としてクラリネットのバットとして究極の製品として使われてます。

本来、フィシュスキンは2、3年しかもちませんがゴアテックスに替えてからは15年くらい破れなく大丈夫です。


管楽器の微妙な設定にピッタリなんです。

Re: クラリネットに

思いもよらぬところに使われているのですね。
ゴアテックも出始めの頃は、油成分に弱い、こすれや折り曲げに弱いと言われましたが、これだけ様々な分野に浸透してということは、そうした当初の課題も多くは克服されたのでしょうね。ホント、雨の日が待ち遠しい(^^;
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)