ロベルト・シュトルツのウィンナワルツ名曲集



きょうから仕事復帰。連休疲れもなく、そこそこハイピッチで働き、ほぼ定時に退勤。すっかり日が長くなって、帰り道もまだまだ明るい。これからしばらくは何をするにもいい季節だ。とはいっても、もうあまりアレコレといろいろ新しいことをする気力も能力もなく、同じことの繰り返しなのだが…
さて、ぼちぼち夜更けの音盤タイム。これもまた同じことの繰り返し。今夜はこれといった理由もなく、こんな盤を取り出した。


robert_stolz_interfoto_gr.jpg  DSCN3615 (480x480)


ロベルト・シュトルツ(1880-1975)指揮によるウィンナワルツ集。オケはベルリン交響楽団とウィーン交響楽団が使われている。つい2年ほど前に手に入れた日本コロンビア:クレストシリーズの2枚組廉価盤。シュトルツが残したぼう大なウィンナワルツの録音からの抜粋。ウィンナワルツの定番曲を中心に24曲が収められている。60年代後半から70年代初頭にかけての録音。以前一度記事に取り上げた。

ウィンナワルツというと、昨今は年頭の豪華なニューイヤーコンサートのイメージが強く、洗練された貴族的な雰囲気を感じさせるのだが、一方でウィーンは地政学的にも歴史的にも東欧とのつながりが強く、また古くから交通の要所でもあったころから、多くのウィンナワルツは、洗練された曲想に中にも、どこか土の匂いが残る。先日の記事に書いたドヴォルザークのスラブ舞曲やブラームスのハンガリー舞曲がボヘミアやハンガリーの土の匂いをより直接的に感じさせる音楽としたら、一連のウィンナワルツはより洗練されてはいるだろうが、根っこはそう遠くない。
ロベルト・シュトルツはもっぱらウィンナワルツの指揮者として有名だが、元々はオペレッタやポピュラーな歌曲の作り手だった。そういう意味では、貴族的で洗練された音楽というより、より身近な、市井の感覚に寄った人だった。彼が振るウィンナワルツにはそれがよく現われていて、いずれの曲も、19世紀的といってもいいほど、大編成のオケで臆することなく情緒たっぷりに歌い上げる。今どきのニューイヤーコンサートでは聴けない味わいだ。


シュトラウス2世<南国のバラ>



レハール<金と銀>
チャーミングな序奏のあと1分25秒からたっぷりとした弦のユニゾンで主題が奏される。1分50秒過ぎから一旦ディミヌエンドして2分過ぎから主題を繰り返す。繰り返しでは弦パートは弱音で奏され、ハープのオブリガードが浮き出てくる。3分7秒からトリオ風に転調。ヴァイオリンが高音域で優しさに満ちたフレーズを奏で、3分20秒で哀切に満ちた短調となる。3分32秒、短調から一音で再び長調に戻る素晴らしさ。4分10秒から第2ワルツへ。4分17秒からのテーマでシュトルツはテンポをぐっと落としている。4分54秒からの転調で更にテンポダウン。木管群が前打音付きの刻みでワルツの裏拍を際立たせている。5分32秒からの繰り返しでは一層その演出を強調する。その後経過句を経て、6分35秒から第1ワルツが回顧される。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)