ギターで<イタリア>



降ったりやんだりの一週間。気温も少しずつ上がっているのか、曇り空の日も湿度高く、蒸し暑い。少し動くと汗がふき出す感じだ。きょうは朝から本降り。夕方にはあがったが、予報では週末も雨マークが続いている。
さて、ひとまず今週も終わり週末金曜の晩。そういえばと、先日来たびたび取り上げているメンデルスゾーンの交響曲<イタリア>で思い出したものがあった。


Boije_0551_Costa_Mendelssohn_Italia_Andante_01.jpg  Boije_0551_Costa_Mendelssohn_Italia_Andante_02.jpg


旧友Y氏から以前紹介されたもの。イタリア交響曲の第2楽章のギターソロ編曲を思い出した。19世紀イタリアのギタリスト兼作曲家:ジョゼッペ・コスタ(Giuseppe Costa 1833-1897)の作品。ギター弾きにはお馴染みのナポレオン・コスト(仏1805– 1883)ではなく、コスタ。ぼくも紹介されて初めて名を聞いた。楽譜はBoijeコレクション(このページ下部に並ぶアルファベットから作曲者の頭文字を選ぶ)にあって、5つの小品と題された曲集の最初に収められている。
PCの画面に出して拾い弾きしてみたが、中々楽しい。当たり前だが、まんま<イタリア>。出だしは初見でつまずくこともないが、曲の進行に従って次第に和音が厚く、かつハイポジションで扱われるようになるので、あちこちつまづきながら進む。ギター2本で演奏するば苦も無く弾き通せるだろうか。ちょっとした箸休めには楽しい編曲物だ。


Boijeコレクションにあるこの曲の楽譜。
http://carkiv.musikverk.se/www/boije/Boije_0551.pdf



この版による音源は見当たらず。代わりに(というほど代わりにならないが)、ピアノ連弾によるイタリア交響曲全曲を貼っておこう。第2楽章は11分過ぎから。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コスタは…

あと1曲追加され、6つの作品になっています!

6番は、華麗にして易しい練習曲でした!

Re: コスタは…

Mazaさん、どうも!

> あと1曲追加され、6つの作品になっています!
> 6番は、華麗にして易しい練習曲でした!

こちらの楽譜ですね。ヴェルディ「椿姫」からのトランスクリプションが加わって6曲に。
http://carkiv.musikverk.se/www/boije/Boije_0552.pdf
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)