ジョン・リル(P) ベートーヴェン・ソナタ集



低温傾向が続いた関東地方だが、風が南風に変わり、きのうあたりから少し暑さが戻ってきた。きょうも朝夕時折り小雨まじりで蒸し暑さを覚える一日。8時少し過ぎに帰宅。軽めの夕飯を済ませて、渋茶を一杯。ひと息ついてアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


JohnLill.jpg  DSCN4067 (560x560)


ジョン・リル(英1944-)の弾くベートーヴェンのピアノソナタ全集から、ぼくの好きな第24、26番が入ったVol.8をプレイヤーにセットした。手持ちの盤は2000年頃にブリリアントレーベルから出た激安ボックスセット。当時は激安ボックスセット勃興期とでもいうべき時期で、その雄ブリリアントクラシックスからは次々と企画物ボックスセットが発売された。折からインターネットで様々な情報が飛び交い、通販も気安く出来る時代になったこともあり、ぼく自身も勢いに任せて随分と散財した。このジョン・リルのセットもそんな中のひとつだ。

当時ベートーヴェンのピアノソナタ集を持っておらず、ともかく全曲を手元に置きたいということと、安いというシンプルな理由でこの盤を手に入れた。手に入れたものの、一、二枚聴いただけで、そのままお蔵入り状態だった。なぜか…。早い話があまり感心しなかった。録音もパッとしないし、こんなものかと…。前後してグルダのアマデオ盤LPセットブレンデルのフィリップス録音の全集を手に入れたこともあって、このジョン・リルの盤はすっかり影が薄くなっていた。

ジョン・リルは1970年のチャイコフスキーコンクールの覇者で、英国内では相応の人気もあり、録音も残しているが、世界的にみると決してメジャーな存在ではないだろう。近年度々来日もしているようで、その際の評価もまちまちのようだ。数日前から久々にツマミ聴きをしているのだが、十数年前の印象と少し違っていて、どうして、中々面白く聴いている。まず音楽の構えが大きい。やや遅めのテンポ、重量感のあるタッチで、堂々とした弾きぶりだ。細かいところに聴き耳を立てると、少々怪しいところもあるのだが、そういう仔細なことをうんぬんするのもどうかなあと、この演奏を聴いていると思ってしまう。演奏はスタジオでの一発録音を思わせるもので、ライヴを聴いている感さえある。90年代のものと思われるが、音質もあらためて聴いてみると十分良好だ。

ピアニストにして文筆家の青柳いずみこ氏は、ジョン・リルを<ヴィンテージ・ピアニスト>に分類し、2014年の来日公演を絶賛している。そしてその資質からブラームスがとてもよかったと評している。まったくそうに違いない。この音色感、重量感ある弾きぶりでブラームスを聴いてみたい。


第8番ハ短調<悲愴>第1楽章。


第1番へ短調の第1楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)