デニス・ブレイン(Hr)のモーツァルト



お盆過ぎから続いていた関東以北の低温傾向もようやく終息。この時期相応の気温になってきた。日中はまだまだ暑さを覚えるが、朝晩はすっかり涼しくなった。きのう金曜日は仕事を終えたあと野暮用済ませて少々帰宅が遅くなり、疲れもあって早い時間に爆睡撃沈。けさは爽やかな風と共に目覚めた。こんな朝に聴く音楽はこれに限ると、例の本に書いてあったなあと思い出し、この盤を取り出した。


dennis-brain.jpg  DSCN4080 (560x560)


デニス・ブレイン(英1921-1957)のホルン、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団によるモーツァルトのホルン協奏曲集。1953年録音。オリジナルはモノラル録音だが、手持ちの盤は電気的にステレオ化した、いわゆる擬似ステレオ盤。多くのファンにお馴染みのジャケットLP盤。ホルンが閃光を放つようなこのジャケットも一度見たら忘れないデザインだ。

デニス・ブレインはカーマニアのスピード狂で、同じく車好きのカラヤンとは仲がよかったと、ライナーノーツに記されている。しかし、皮肉にもそれが彼の命を奪ってしまった。それまでのホルンのイメージを一変させるテクニックと音楽性で嘱望される中、エジンバラ音楽祭の帰途、自動車事故で亡くなった。36歳の若さだった。

実に伸びやかで柔らかな音色のホルンだ。速いスタカートのパッセージも軽々と吹き抜け、フォルテシモでもソフトな音色は変わらず、楽しさを通り越して、典雅で高貴な印象を覚える。カラヤン指揮のフィルハーモニア管のバックも、カラヤン流のレガートなフレージングでブレインのホルンにはぴったりだ。録音当時、数年後にそんな不幸が起ころうとは誰も予想せず、若き天才ブレイン、カラヤン、オケ団員は、このあとも様々録音を重ねようと胸躍らせていたに違いない。


この盤の音源で第3番



ホルンについての解説とベートーヴェンのソナタ(確か唯一の管楽ソナタだったかな)。
ぼくはホルンのまったく不案内なので、このビデオの価値が十分に分からないのが残念。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)