バッハ カンタータ<イエス十二弟子を引き寄せ>



きょうは久々に頭痛にみまわれ往生した。頭ばかりか目もショボショボ。このところの睡眠不足のせいだろう。疲労度MAXで帰宅。ぬるめの風呂にゆっくりつかり、ロキソニンも一服してようやく心身ともに落ち着いたところだ。さて、これですぐに床につけばいいのだろうが、まだ時間も早い。先日から気になっている曲を、そう長くもないので聴くことにした。


DSCN4217 (560x560)  DSCN4214 (560x560)


バッハの教会カンタータ<イエス十二弟子を引き寄せ>BWV22。例によってブリリアントクラシックの激安バッハ全集ボックスの一枚。ネーデルランド・バッハ・コレギウムによる演奏。以下の5曲からなる20分弱の教会カンタータ。

 第1曲 アリオーソと合唱「イエス十二弟子を召寄せて」(Jesus nahm zu sich die Zwölfe)
 第2曲 アリア「わがイエスよ、我を導きたまえ」(Mein Jesu, ziehe mich)
 第3曲 レチタティーヴォ「わがイエスよ、我を導きたまえ」(Mein Jesu, ziehe mich)
 第4曲 アリア「わがすべての最たるもの」(Mein Alles in Allem)
 第5曲 コラール「慈しみもてわれらを死なせ」(Ertöt un durch dein Güte)

実は先日来拾い読みをしている「バッハの秘密」(淡野弓子著平凡社新書2013年刊)の教会カンタータのサンプルとして取り上げられていたもの。淡野弓子氏はハイリッヒ・シュッツ合唱団を設立し、長らく指揮者・指導者・歌手としてシュッツをはじめ、バッハの作品に関わってきた人だ。この本はその経験をもとにし、バッハ音楽のベースとなる教会音楽を中心に、その成り立ちをコンパクトに紹介している。バッハの生涯を俯瞰し、教会暦と教会カンタータについて概観、そのあと二つの大作<マタイ>と<ロ短調>を取り上げ、さらに数曲の異色のカンタータを紹介。そしてそれらの記述の中で、バッハの音楽にまつわる修辞学や構造的に組み込まれた数的要素の解き明かしもいくつか紹介されている。いずれも、もっと本格的な書籍があるのだろうが、新書一冊の手軽さもあって、2013年発売と同時に買い求めた。今夜聴いている<イエス十二弟子を引き寄せ>BWV22番は23番と共に取り上げられ、2曲はセットで作られた経緯があり、またライプツィッヒの聖トーマス教会での職を得るにあたって演奏されたと記されている。

ト短調で始まる第1曲は器楽5声部にのってオーボエが先導、テノールとバスのアリアが続く。5分ほどの曲だが、淡野弓子氏の解説により、短いフレーズやリズム、対位法の声部の一つ一つに宿る様々な暗示的な意味や歌詞との関連性が解き明かされていく。オーボエとアルト、通奏低音の3声で始まる第2曲では、バッハの音楽でしばしば語られる<神の数字三>がどのように仕組まれているか、またフラットやシャープといった調号の修辞的な意味が紹介される。

単にきれいな曲だなあと、ボーッと聴くのと違い、こうして明に暗に、バッハが楽譜に組み込んだ様々な意味合いを一つ一つ汲み取りながら聴くのは、まったく違った充実感と感興がある。同時に、この本のようにそうした仕組みを解き明かしてくれる先駆者にはまったく頭の下がる思いがするし、またそれだけの準備をして一曲一曲仕上げていくプロフェッショナルの仕事ぶりは驚愕に値する。 以前の記事にも書いたが、ぼくらギター弾きの多くがバッハに親しみ、取り組み…しかしプロアマともにバッハのベースである教会音楽、声楽曲に対して、また楽譜に込められた意味合いについてあまりに無頓着に過ぎると、あらためて感じる。以前BWV639のコラールをフルート・チェロ・ギターでやってみようということになった際、ぼくが「ギターはヘ短調では弾きにくいから、半音下げてシャープ一つのホ短調でやろう」と言ったのに対して、知人のフルート吹きから「ヘ短調、しかもフラット三つで書いて常時dにフラット付した意味合いを考え、原調で弾くべし」との意見があったのも、まったくその通りだ。素人の趣味・道楽だから何でもエエヤン…と知らん顔をせずに、やはり素直かつ謙虚にバッハの音楽全体を広く知るべしと、自戒を込めて思う。


この曲の全曲。



BWV22とセットで演奏されたBWV23<汝まことの神にしてダヴィデの子>
カール・リヒターによる演奏。やはり時代を感じさせる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はーい!私、キリスト教の牧師やってまーす!自分で賛美歌を書いたりもするので、バッハ先輩の偉大さには脱帽でーす!

合奏の時には原調にこだわるのも良いと思いますが、ギター独奏なら調を変えるのも積極的に取り組んでも良いと思います。少し響きの印象が変わっても全く聴けない(弾けない)よりは良いと思うので。

いまさらBWV995をGmで弾いてる人など見たことがありません。(笑)

Re: タイトルなし

みっちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうでしたか。それは素晴らしい。西洋音楽を少し突っ込んで聴こうという段になると、小さな賛美歌でも、ミサ曲の大作でも、あるいは宗教曲を名が付かない曲でも、宗教的背景の理解があるのとないのでは、まったく世界が違うように思います。とりわけバッハはまさに教会の人でしたからね。
調性については、とくに声を伴う曲については当然ですが、音域の問題もあるので厳格にならざるをえないでしょうね。モダンギターでバッハを弾くというのは、それ自体でオリジナルとは遠いので、調性問題は度外視されるかもしれません。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)