サックス・バトル



週末土曜日。野暮用少々で日が暮れる。日中は陽射し強く、移動中の車中はエアコンオンにするほどだったが、夜半前から北風が強まり気温が下がってきた。低気圧が北日本を通過中。西高東低の気圧配置になりつつあって、あすの朝は冷え込みそうだ。
さて、ぼちぼち日付が変わる時刻だが、週末の気安さで少々夜更かしを。何となくホットなジャズを聴きたい気分だなあと、こんな盤を取り出した。


DSCN4293 (560x560)


アルトサックスのキャノンボール・アダレイをフューチャーした<キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ>(今ならこちらで手軽に入手可能)。メンバーはキャノンボール・アダレイ(as)、ジョン・コルトレーン(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)。1959年録音。この時期のステレオ録音によくある左右振り分け録音で、左チャンネルにキャノンボール・アダレイ、右チャンネルにコルトレーンとウィントン・ケリーのピアノが配置されている(一部の曲では異なる)。収録曲は以下の通り。

 1. ライムハウス・ブルース
 2. アラバマに星墜ちて
 3. ワバッシュ
 4. グランド・セントラル
 5. ユーアー・ア・ウィーヴァー・オブ・ドリームス
 6. ザ・スリーパー

まずこのジャケットが印象的だ。コミカルでもあり、ファンキーでもあり、ホッとするデザインでもある。かつての日本のジャズ喫茶のような、眉間にシワを寄せて腕組みをして聴き入るような深刻さはイメージしない。メンバーは当時のモダンジャズの最高峰、マイルスデイビスクァルテットのサイドメンにキャノンボール・アダレイが加わる。最高の布陣といっていいだろう。第1曲「ライムハウス・ブルース」に針を落とすと、途端に気分はノリノリのシカゴのジャズクラブに飛んでいく。

テーマをワンコーラス吹いたあと、すぐにバトルの開始だ。左チャンネルからキャノンボール・アダレイが、右チャンネルからジョン・コルトレーンが、それこそ飛び出さんばかりの勢いでサックスのブローを繰り出してくる。アダレイがアップテンポを更に煽るように高速スケールでアドリブラインを吹くと、コルトレーンは例のシーツ・オブ・サウンドそのものの緊張感に満ちた圧倒的な音数のフレーズでこれでもかと迫ってくる。このサックスバトルは最高の聴き物だ。バックを固めるウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンパース(b)、ジミー・コブ(ds)も万全で、正にジャズを聴く醍醐味ここに極まれりの感がある。2曲目の「アラバマに星落ちて」、3曲目の「ワバッシュ」と軽快なスウィングでリラックスしたセッションが続く。


<ライムハウス・ブルース> 双頭サックスのバトル!


<アラバマに星堕ちて> キャノンボール・アダレイの美しいバラードプレイが堪能できる。


アルバム全曲
https://youtu.be/8UxzKg7yMPs



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)