バッハ カンタータ<われらが神は堅き砦>



予報通り冬型の気圧配置となって、関東では昨夜からきょうにかけ<木枯らし1号>吹き抜ける一日となった。それでも昼間の陽射しはたっぷり。日中の室内ではポカポカと暖かく過ごした。さて、先日の記事でふれた淡野弓子著「バッハの秘密」に触発されたこともあって、きょうの日曜にちなむこの盤を取り出した。


DSCN4295 (560x560)


バッハのカンタータ<われらが神は堅き砦>BWV80。例によってブリリアントクラシックスのバッハ全集ボックスの1枚。ネーデルランド・バッハ・コレギウムによる演奏。フリーデマン・バッハが付け加えた打楽器とトランペット等は除かれた編成で演奏されている。
ルターの宗教改革記念日である1724年10月31日に際し作曲されたとされ、ルーテル派教会暦では10月31日を前にした日曜日を現在も記念日として礼拝を営むそうだ。ルーテル派のコラールとしてもっとも有名なものの一つである<われらが神は堅き砦=神はわがやぐら>が使われている。メンデルスゾーンの交響曲第5番<宗教改革>でも使われている有名なテーマだ。全8曲以下の構成。

 第1曲 合唱『われらが神は堅き砦』(Ein feste Burg ist unser Gott)
 第2曲 アリア『神より生まれし者はすべて』(Alles, was von Gott geboren)
 第3曲 レチタティーヴォ『思い見よ、神の子とせられし者よ』(Erwage doch, Kind Gottes)
 第4曲 アリア『来たれ、わが心の家に』(Komm in mein Herzenshaus)
 第5曲 コラール『悪魔が世に満ちて』(Komm in mein Herzenshaus)
 第6曲 レチタティーヴォ『さればキリストの旗の下に』(So stehe denn bei Christi blutbefarbten Fahne)
 第7曲 二重唱『幸いなるかな』(Wie selig ist der Leib)
 第8曲 コラール『世の人福音を蔑ろにせしとも』(Das Wort sie sollen lassen stahn)

第1曲冒頭からニ長調の壮大なコラールで開始される。声楽四声による大規模なカノンで、オルガンの重低音も加わって壮麗に響く。第2曲では弦楽の少しせわしない動きをバックに、ソプラノが例のコラール<神はわがやぐら>を歌い、バスがそれを支える。ソプラノにユニゾンで合わせるオーボエがなかなかよいアクセントになっている。第3曲、バスのレチタティーヴォに続き、第4曲ではロ短調に転じてオブリガート・チェロに導かれソプラノのアリアが美しく歌われる。
ぼくは特定の宗教的背景を持たないので、このカンタータの元になっている<われらが神は堅き砦>のテキストそのものにはまったく不案内であるが、全編を通して陽性の響きに貫かれ、冒頭の壮麗なコラールに加え、オーボエやオーボエダカッチャのオブリガートが美しさを引き立てる、素晴らしい曲だ。
バッハは彼が過ごしたその土地土地で、教会歴にそった毎日曜のミサのためのカンタータを作曲していった。300年をへた今、それをたどるように毎週一曲ずつ、そのときの教会暦に沿ったカンタータを聴くという試みは、多くのバッハファンがすでに行っているところだが、今更ながらぼくもその軌跡をたどってみようかと思っている。


合唱団をおかず、各声部1名による小編制。ジェズアルド・コンソート・アムステルダム(おそらく)による演奏。躍動的で小編成ながらまったく不足感はない。録音状態もいい。ヘッドフォンで聴いていてもオルガンのペダル音とコントラバスの低音がしっかりと聴こえる。 冒頭からカノン風にテーマが引き継がれ1分14秒にコントラバスとオーボエが例のコラールを提示して全声部が合体する。 2分45秒オルガン奏者がモニター用に付けているヘッドフォンはイヤーパッドにS字のイニシャル。ゼンハイザー社のものですね。19分50秒から、オーボエダカッチャのオブリガートが美しい。


ヘルヴェッヘによる演奏。フリーデマン版を使用。冒頭からトランペットも加わり、より華やかな響きだ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

バッハ先輩は天才か?気違いか?(笑)

カトリック教会の中で宗教改革を起こしたことで有名なマルチン・ルターですが、意外と知られていないのは、彼がいくつもの賛美歌を書いて、その音楽/賛美歌の力と影響力をこそカトリック教会が危険視していたという点です。
後世に残ったのはルターが信仰と神概念を新しくした、という学問的(?)なイメージですが、ある資料には「あいつの神学は大した危険は無いが、あいつの賛美歌はヤバい」というようなカトリック神父の言葉が残されています。(笑)
ちなみに我々クリスチャンはルターが書いたもの(メロディーと歌詞)を「コラール」とはあまり呼ばず単純に「賛美歌」と呼びますので、「神は我がやぐら」(という呼び名で我々は親しんでます)は「ルター派のコラール」とは呼ばず「マルチン・ルターが書いた賛美歌」と呼んでいます。おっしゃるようにルターが書いた賛美歌の中で最も知られているものかもしれませんね。

毎年12/23日には私の教会でギターコンサートをやりますが、今年はこのルターの賛美歌「神は我がやぐら」のギターアレンジ物を演奏する予定です。
もちろん練習が間に合わなければ「プログラムは予告なく変更になる可能性があります。」(笑)

Re: バッハ先輩は天才か?気違いか?(笑)

みっちゃんさん、さっそくありがとうございます。きっと何かコメントをいただけるものと思っておりました(^^;
私はまったく宗教的背景がないので、バッハの書いた音楽から逆にたどっているいるようなものですが、バッハの音楽とその背景にあるものの大きさに、いまさらながら茫然としています。バッハも大きいが、歴史はさらに大きい…まあ、当然ですけどね。
ギターアンサンブルで演奏するのですね。それは楽しみです。ぜひ録音して、聴かせて下さい!
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)