マイスキー&アルゲリッチ イン・コンサート2003



ある筋から誘われて、今更ながらのLINEユーザーに。iPhone用アプリを入れてアカウントの登録。何気なくやっていたら、ぼくの電話帳に登録されている人すべてに<友だちへの追加許可>が送信されてしまった。もう何年も会っていない人から、どう考えても用のない人まで。送られた相手もびっくりしただろう。一旦、アカウントを削除。あらためて慎重に登録した次第。かつてはコンピュータのへヴィーユーザーを自認していた時期もあったが、今やすっかり訳の分からぬオッサンになってしまった。嗚呼
さて、週末金曜日。あすの朝は早い時間から出かける用事があるので、あまり夜更かしも出来ないのだが、ちょっとだけヨ…と、こんな盤を取り出した。


DSCN4312 (560x560)


ミーシャ・マイスキーとマルタ・アルゲリッチによる2003年ブリュッセルでのコンサートライブ。収録曲は以下の通り。

 1. バレエ「プルチネルラ」 ~イタリア組曲~ チェロとピアノのための (ストラヴィンスキー)
 2. チェロ・ソナタ ハ長調op.119 (プロコフィエフ)
 3. チェロ・ソナタ ニ短調op.40 (ショスタコーヴィチ)
 4. バレエ「石の花」op.118 ~ワルツ~ チェロとピアノのための編曲 (プロコフィエフ)

アルゲリッチとマイスキーはひと世代違う感じだが、しばらく前から共に世界のトップであることには違いはない。実は二人が初めて会ったのは70年代初頭。その後70年代後半からは度々共演するようになったとライナーノーツに記されている。随分前から、あるいはマイスキーが国際的に知られる存在になる前からデュオを組んでいたことになる。アルゲリッチはいつの頃からか、ソロ活動よりもピアノを始め他の楽器とのデュオを活動の中心におくようになった。ネルソン・フレイレ、クレーメル、そしてマイスキー等々。このうちマイスキーとのデュオがコンサート、録音とも最も活発だろうか。
マイスキーとアルゲリッチという当代トップの二人の演奏という前に、このアルバム、ロシア物でかためた選曲がまずいい。ストラヴィンスキーの<プルチネルラ>で華やかに始まり、プロコフィエフで豊かな歌が歌われ、そしてショスタコーヴィッチで深い抒情と悲劇性につつまれる。本格的にして、エンターテイメントとしても文句なしだ。もちろん、どちらが主役とはいわず、まさに双頭のデュオ。単なる伴奏にとどまらないアルゲリッチの表現意欲満々の弾きぶりで、曲もいきいきと迫ってくる。


2010年独ルールでの演奏会。はじめマイスキーとアルゲリッチでシューマンの<アダージョとアレグロ>。続いてメンバーが加わり、同じくシューマンの五重奏曲。


プロコフィエフ<チェロソナタ・ハ長調作品119>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

シューマン ピアノ五重奏曲

 こんにちわ

ご提供いただいた動画で、シューマンのピアノ五重奏曲を視聴いたしました。
アルゲリッチ、マイスキーなど豪華な顔ぶれで画像も鮮明で楽しめました。
特に第2楽章の葬送行進曲風な旋律につづく第2のテーマとでもいうのでしょうか、そこが大好きです。
私は絶対音感がありませんので、移動ド聴いています。
ミレーーミレミファレドミレーーと聴こえるところにくると、なぜか大分の昔に娘と多摩川の河川敷を一緒に歩いた光景が懐かしく思い出されます。
哀しくとも憧れに救われるシューマンの五重奏曲に感謝です。
視聴させていただき、ありがとうございます。

Re: シューマン ピアノ五重奏曲

たつさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私にとってシューマンの五重奏曲は、管弦楽ばかり聴いていた若い頃にも親しんだ、数少ない室内楽の一つです。たつさんのような、映像が浮かんでくるような思い出とはセットになっていないのが残念ですが、今もときどき聴きます。ご指摘の第二楽章の箇所、さきほどあらためて聴きながら、ああ、ここのことだろうなというのは分かりました。悲しみにくれる冒頭から一転して、穏やかで心和むフレーズが奏でられるところかと思います。たつさんが思い浮かべる光景を、私も何となく想像しながら聴きましたよ。 つたない与太記事ですが、これからもヨロシク。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)