潮田益子のチャイコフスキー



~以下の記事、昨夜一旦アップしたものの、ちょっとした不手際で削除。あらためてアップいたします~

当地関東では年明けから暖かい日が続いていたが、少しずつ寒気が流入。きょうの朝は程々に冷え込んだ。それでも平年並み以上の気温。あすから週末にかけて次第に気温低下の予報。これから二月初旬あたりまでが寒さのピークだ。
さて、きょうは仕事のキリよく、定時少し前にフレックス退勤。いつもより一時間ほど早く帰宅した。今夜はPCのスイッチを入れずに、本を読むかギターの練習でもしようかと思っていたのだが、時間も早いのでブログ更新。先日来のジャパニーズ・ヴァイオリニストの続きで、今夜はこの盤を取り出した。


ushioda_2.jpg  ushioda_1.jpg


前橋汀子の少し先輩にあたる潮田益子が弾くチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。彼女がチャイコフスキーコンクールで第二位となった1966年の2年後、1968年に録音された盤だ。手持ちの盤は数年前にコロンビア(DENON)からミドルプライスで発売されたコロンビア・ヴィンテージ・シリーズの1枚。バルトークの2番協奏曲とのカップリング。この盤についても以前記事にしているので再掲。

1966年のチャイコフスキーコンクールでは、ヴァイオリン部門で潮田益子が第二位、そして佐藤陽子が第三位、またチェロ部門では安田謙一郎が第三位に入った。当時は今ほどにはこうしたコンクールでの活躍が一般に報じられなかったのかもしれない。ちょうどぼくの中学時代あたるが記憶にない。1966年といえばそろそろ学園紛争が社会問題なっていた時期だ。この盤が録音された1968年は東大入試が中止された年。1969年はアポロ月面着陸があり、三沢高校の太田幸司が夏の甲子園決勝で松山商の井上明投手と投げ合って18回で引き分け、翌日の再試合で敗れた。まあ、そんな時代だ。月面着陸も太田幸司もよく覚えている。

潮田益子の音色は録音のせいかやや硬質な響きだ。しかしその音色が音楽を引き締め、格調高いものにしている。音楽の運びはまだ20代前半の若者らしいきびきびとしたもので、もってまわった歌いまわしやコブシもなく好感が持てる。技巧の切れは十分で不安なところはないし、第3楽章も快速に飛ばしている。森正指揮の日本フィルハーモニーもしっかりしたサポートだ。分裂して新日本フィルと日本フィルとに別れる前のいい時期だったのかもしれないが、日本のオーケストラ水準が格段に上がった現在からみても高水準といえる。結果この演奏は、当時の日本を象徴するかのように真面目で厳しく、妙な甘さを配した格調高い演奏となった。現代ではこうした演奏はもてはやされないだろう。指揮者もオケももっとイケイケで派手に伴奏を付け、ソリストは甘く切々と、あるいは色気たっぷりの歌いまわしで媚びを売るだろう。
潮田益子はその後国内外に活動を広げ、近年はサイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団のコンサートミストレスを務めるなど活躍していたが、去る2013年5月に亡くなった。享年71歳だった。

P.S 昨年末、潮田益子の未発録音が2点リリースされたそうだ。
http://www.fontec.co.jp/blog/2015/11/new20151292.html


晩年の演奏。リャードフの小品2曲。気品と格調高さを感じる弾きぶり。


小澤征爾の指揮で1971年に録音されたブルッフの協奏曲第1番・第3楽章。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「子」の付くヴァイオリニストが続き、

なにやら昭和の香りがいたします。いいですね~。あとは、塩川悠子さんとか黒沼ユリ子さんあたりでしょうか。私はずっと若い頃に、塩川さんだけ実演で聴いております。ノイマン指揮のN響で、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でした。

Re: 「子」の付くヴァイオリニストが続き、

前橋汀子、潮田益子、塩川悠子、おっしゃる通り「…子」のつく昭和を実感しますね。平成時代の名前の読みはまったくわからないときがあります(^^; 私も塩川悠子は、もう大昔ですが聴きました。読響とのチャイコフスキーだったと記憶しています。今でも時々、シフ夫人として一緒にアンサンブルをやっているようですね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)