ケニー・バレル <A Night At The Vanguard>



三連休の中日。成人式は一月十五日としかインプットされていない昭和オジサンにとっては単なる三連休かな…。相変わらずきょうも暖かな好天。これといった用件もなく在宅野暮用業務で終了。もう日付が変わる時刻だが、夜更かしモードの音盤タイム。気分を変えて、こんな盤を取り出した。


DSCN1626 (480x480)


ケニー・バレルが残したアルバムの中でも名盤の誉れ高い一枚<A Night At The Vanguard>。ケニー・バレルの盤は以前も何度か記事に書いた。1931年生まれで2000年代になってからもアルバムを出している。今夜取り出した<At Night At The Vanguard>は1959年9月、NY・ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音。この盤もだいぶ前(還暦ともなると、ちょっと前が十年前、だいぶ前は二十年前という感じ…)に御茶ノ水のディスクユニオンで手に入れた。熱心なジャズレコードコレクターでも何でもないので、買うのはごく廉価な国内プレスの再発盤辺りがほとんどだ。この盤も1976年日本フォノグラムの盤。

ジャズギターの名盤の一つに数えられる盤だそうだ。確かにライヴならではのオーディエンスノイズも加わり、興にのったケニー・バレルのプレイが楽しめる。ライヴならではの白熱した…という常套句があるが、この盤はギタートリオという編成もあってか、終始静かで落ち着いた雰囲気で進む。この盤の他にも幾多の名盤を生んだヴィレッジヴァンガードでのくつろいだ夜に思いを馳せたくなく、中々渋い一枚だ。
彼の演奏はもちろんギターという楽器の特性を生かしたブロックコードなどの奏法も織り交ぜてはいるが、基本はジャズの王道をいくメロディアスなプレイが多く、他の楽器でもそのフレーズを奏でてもそのまま通用するように感じる。ジャズギタリストの中では、タル・ファーロウと並んで好きなプレイヤーの一人だ。


<Will you still me mine ?>


お馴染みの<I'm a Fool to Want You>(恋は愚かというけれど)


世界最大級の楽器ショウ米国NAMM2004年。あるブースのゲストとして弾いていたロリー・ホフマン横に、突然見知らぬオッサンがやってきて即興セッション。弾き終えてからケニー・バレルと名乗り、びっくりしたなあもう~のひとコマ。互いの繰り出すフレーズに反応して合の手を入れつつ進む。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ArgoのLIVE盤。お目が高い。

身近なお客さんに聴いてもらうためのプレーを展開しているようで、聴いてて引き込まれ、そこに居るような感じがします。Argoというレーベルは、時にこのようなアルバムを出していたようでわかりやすいですね。ジャズ・ギター特有のポコポコしたサウンドは当時のGIBSON ES-175のP-90(ピックアップ)1発の音ですが、気分あります。ドラムのロイ・ヘインズは好きなドラマーで、手数多い気もしますがうるさくないので一役買ってますね。このアルバムは聴き疲れしません。GOOD CHOICEです。

Re: ArgoのLIVE盤。お目が高い。

すべての音楽は、とりわけジャズはLIVEでこそ。LIVEゆえのラフさ、カジュアルさは、クラシックではあまり歓迎されませんが、ジャズやポップスでは、ノリの要素として許されるように思いますね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)