ヘッドフォンその後



昨年の今頃、ヘッドフォンを新調した。あれから一年、その後のあれこれを記しておこう。
一年前、手に入れたのはゼンハイザーHD800とシュアSE535。当時購入に際してのポイントは以下の通り。

 (1) 夜半のリスニング用としてゆったりとした音場感のあるもの
 (2) 移動時のiPhone用として遮音性のあるカナル型で高音質のもの

通常のリスニング用として従来から使っていたソニーの定番モデルCD900STは、解像度とレンジ感共に不満があったわけでなかったが、業務用モニターとしての解像度重視の性格からユニットの振動ダイアフラムが耳に近く、それゆえに音場感の表現は苦手だった。つまり細かい音までよく聴こえるが、音の横方向、前後方向の広がりはあまり感じらず、ゆったりと音楽を聴くという感じになりにくかった。そこへゼンハイザーのいくつかのモデルのうちHD800が、その辺りの表現得意と知り、それではということになった。シュアの535は、それまで使っていたソニーの3000円程のインナーイヤー型のものではさすがに低音は出ず、音の抜けも悪かったため、遮音性があって、かつそこそこの低音域まで再現できるモデルということで選択した。購入したのが昨年の一月。その後しばらくしてヘッドフォン用アンプとしてフォステクスHP-A7を導入した。


Zen_HD800.jpg  Shure535.jpg


ゼンハイザーHD800は購入時点で同社のフラグシップモデルで、解像度、前後左右の音場感の広がり、装着感など、いずれもさすがの逸品だ。低音の量感は下位モデルのHD650より控え目だが、再生レンジは十分低いところまで確保されていて、YouTubeのオーディオチェック用音源で確認すると20ヘルツの手前からブルブルと鼓膜を揺すぶるのが分かる。駆動するHP-7の性格もあって中低音は極めてタイトで、それが高音域の解像度の高さをさらに際立たせる。

シュア535も少し前までには同社のトップモデルだったもので、こちらも遮音性と音質、共に期待通りのものだった。付属のウレタンフォームは耳の形にフィットしてよく馴染む。一年間かなりの頻度で使っているが、ウレタンフォームに劣化は見られず、引き続き良好なフィット感を維持している。音質もバランスアーマチュア型らしい高解像度で、低域は以前のソニーの安直なものとはまったく次元を異にし、移動中リスニング用途としては必要十分な性能だと感じる。

解像度、解像度とうるさく唱えているが、実際解像度の高い音で音楽を聴くと、単純にメロディーやハーモニーを楽しむというものから一歩進み、演奏しているオケやメンバーの編成やステージ上での並び、録音会場での音の広がり、ハーモニーを作る際のバランスや微妙な音程など、聴く側の耳や脳も高解像度になり、演奏者の音楽表現をより仔細に汲み取れるようになる。
昨今のオーディオ市場におけるヘッドフォンの隆盛は驚くほどだが、スピーカーによるハイエンドシステムよりひと桁かふた桁少ない予算で、同等以上の望みうる最高の音質がデスクトップ上で実現するメリットは大きい。今や6桁プライスのヘッドフォンも珍しくないが、そこまでいかずとも、良質なヘッドフォンとヘッドフォンアンプとで数万円ほどの投資で十分な見返りを得られるものと思う。

少し前に、知人がちょっと個性的なヘッドフォンとヘッドフォン用アンプを手に入れた。傳田聴覚システム研究所というところの製品。傳田聴覚システム研究所は独自の理論による聴覚トレーニングを展開している会社だが、派生的にオーディオ用ヘッドフォンシステムも商品化している。まだ手に入れたばかりとのことだったが、目的としていたPCベースの音楽視聴には十分とのこと。 オーディオ業界は個性的な中小メーカーが活躍できる市場でもある。ヘッドフォン業界にもいくつかそうした会社が存在する。くだんの傳田聴覚システム研究所、あるいは本ブログにも度々コメントを寄せてくれるマイスターフォークさん愛用の城下工業製のものなど、そうしたものの中から自分の感性にあったモデルを探し出すのも、比較的なお気軽にトライできる楽しみのひとつだ。


個性的かつ高性能なヘッドフォン(イヤースピーカー)を送り出し続けているスタックス社。そのハイエンドモデルの開発夜話。2010年の動画だが、その後このモデルがSR-009として発売された。技術部長の鈴木氏。話しぶりからして同社の誠実な製品開発の姿勢がうかがわれる。十年ほど前、埼玉にある同社の本社工場へ行き、映っている試聴室にお邪魔したことがある。そのときも鈴木氏が誠実で丁寧な対応をしてくれた。 以前は同社の製品は高いなあと感じたものだが、6桁プライスのヘッドフォンが珍しくない昨今にあっては、スタックスの製品はその高性能に対して、むしろ割安感さえある。SR-009の30万超は別格だが…



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

恐縮です。

ご無沙汰してます。
アンチェルは昨年NHKでの新世界と花嫁序曲を見ましたが躍動感溢れるメリハリのはっきりした演奏で技術もあり素晴らしかったですす。



城下工業はバランス良く堅牢で使いやすく安定してます。 ヘッドフォン リスニングは管理人さんのおっしゃるとおりで以前の録音でも聴きのがしたニュアンスを感じられるのが良いし脳内定位は安定感のゆるぎのなさが私は好きです。

評論家たちは勉強不足と思いますし手軽に良い音楽を楽しめるのは素晴らしいですし、オ-トグラフ等の遍歴の末ですから...

私はオーディオマニアではありませんが、お気に入りのヘッドフォンはKOSSのPRO-3AAというモデルです。
ヘッドフォンを使う時っていうのは録音作業とか曲アレンジする時な訳ですが、普通に音楽聴く時もヘッドフォン使う時はこれにしてます。所謂「モニター用」とか「リスニング用」とかいう違いはよく分からないのですが。(汗)
ヘッドフォンとしては比較的安い商品なのでご興味があればお小遣いで買ってみてください。(笑)

話は変わりますが、サバレズ・ニュークリスタル/カンティーガ(ノーマル)を張ってみました。ギターとの相性もあるのでしょうが、今回張ったギターとは相性バッチリ!アリアンス/コラムを主軸としつつ、気分転換で張るにはピッタリでした。
カンティーガはコラムよりパワーがある印象です。ニュークリスタルは最近何度か試したハナバッハ(黒)よりもパリッとした印象。もともとギターが持ってる音なのかもしれませんが(横裏板メイプル)、アリアンスと同じメーカーなのがよくわかるって感じがしました。
一番気に入ったのは弦が透明なところ。(笑)
与太さんの真似して良かったです。(^-^)v

Re: 恐縮です。

オートグラフあっての城下ヘッドフォンなのですね。山の頂きまで来ると、これまで登ってきたいろいろの道は周囲の景色も見えて、なるほどそうだったのかと、そんな思いになることでしょう。

Re: タイトルなし

「モニター用」とか「リスニング用」の違いって…そうですね、私なりの考えでは、よりスピーカで聴くイメージに近いのがリスニング用でしょうかね。多少の色付け、演出も有りという。私はスピーカーに関しては長らくダイヤトーンのモニター機2S-305を使っていたので、リスニング用と称した音にはずっと抵抗感がありました。ごく最近です、そういうのもいいかなと思うようになったのは。KOSSもヘッドフォンの老舗。PRO-3AAというモデルをちょっとググッてみましたが、遮音性がよく大型でゆとりのある音が出そうですね。

Re: タイトルなし

サヴァレス…それはよかった。私はハウザーに付けたハードテンションがかなり張りが強く感じて、近々ノーマルテンションに替えようかなと思っています。

> 一番気に入ったのは弦が透明なところ。

これは案外気になります(^^ オーガスチンではリーガルとインペリアルが透明、ハナバッハも透明ですね。見たとおりのピュアな音が出るように感じてしまいます。

ご参考に..

こんにちは。ヘッドフォンは、ヤマハのそこそこのAVアンプ、プリアウトから変換プラグでとってます。
城下はインピダンスが40なのでゲインは充分でコンサートホ-ルをセレクトして遊んでますしヘッドフォンジャックより良い音聴けます。

ゼンハイザ-はインピの件で辛いかもですが。

Re: ご参考に..

プリアウトから直接ヘッドフォンをドライブしているのですね。

>> ゼンハイザ-はインピの件で辛いかもですが。

ちょっと理屈をこねますが…(^^;
最近のオーディオ雑誌などでも、ハイインピーダンス(数百オーム)のヘッドフォンは駆動が大変だという記事を見かけます。先日の記事に書こうかと思ったのですが、ハイインピーダンスだから駆動が大変、音圧が取れないというのは、明らかな間違いなのです。ヘッドフォンもスピーカーも、アンプ出力段の内部インピーダンスと負荷であるスピーカーやヘッドフォンのインピーダンスが一致したときに最大の電力が供給されます(上に凸の双曲線最大値)。重要なのマッチングです。能率の良し悪しとインピーダンスも関係がありません。マイスターフォークさんのアンプのプリアウトのインピーダンスは、一般的であれば数百オームかと思います。とすると、40オームの城下機より、300オームのゼンハイザーの方がより大きな音圧が取れるものを思います。
いずれこの辺りのことは記事に書こうと思います。

インピの話しありがとうございます。
プリアウトにしてからはアッテネタ-の位置が使いやすい10時から11時くらいになり音にも良いかもです。
ジャックや自分のヘッドフォンアンプでは爆音に鳴りやすく困ってました。

Re: タイトルなし

> …アッテネタ-の位置が使いやすい10時から11時くらい

ちょうどいい感じですね。おそらく残留ノイズもより低くなったのではないかと思います。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)