コリン・デイヴィス&ACGO <春の祭典>



きょうは予報通りに気温上昇。十五度超えて、空気もすっかり緩み、春の気配濃厚な一日だった。
季節の中でいつが好きかと聞かれたら、迷わず秋・冬と答える。反対に春と夏は苦手だ。夏は物理的に、春は心理的に意気消沈する。満開の桜の下をガールフレンドと手をつないで歩いた思い出でもあればいいのだろうが、とんと縁がなかった。受験に失敗した、片思いすらまともにで出来なかった、それに反して世間は浮き立つ…そんなところが原因だろうか。春の生暖かく、どろっとした空気感と、どこか浮世離れした光景とが合わさると、どうもいけない。しかしそんな気分の春になると聴きたくなる音楽もあって、ストラヴィンスキー<春の祭典>、ドビュッシーの<牧神>などはその一つだ。春にはどこか妖しく、残酷かつエロティックな空気がある。そんなことを考えつつ、こんな盤を取り出した。


Colin_Davis.jpg  DSCN4667.jpg


コリン・デイヴィス(1927-2013)とアムステルダム(ロイヤル)コンセルトヘボウ管弦楽団(ACGO)によるストラヴィンスキー<春の祭典>。1976年録音。手持ちの盤は1978年LP初出時のもの。記憶が正しければ、十年ほど前に出張先大阪の名曲堂阪急東通り店で買い求めた。
当時70年代半ばは、盛り上がりつつあったオーディオブームと成熟期を迎えていたアナログ録音技術のピークとが重なり、オーディオ的訴求力のある曲や録音が次々と発売された。ストラヴィンスキーの<春の祭典>もそうした時流にのって、かつてのアンセルメやモントゥーの盤に代わる世代のものとして、ブーレーズ盤、メータ盤などが話題となった。そんな中、このコリン・デイヴィス&ACGOの盤はまさに真打登場のごとく迎えられ、その優秀な録音と伝統的な欧州サウンドによって、ベストセラーになったと記憶している。

久しぶりに針を落としてみたが、やはりこの盤の最大の魅力はACGOの音色と、それを見事にとらえたフィリップスの優秀な録音にある。冒頭、大地礼賛の序奏でファゴットがテーマを奏で、それに木管群が次第に絡んでいくあたり、各ソロ楽器の聴こえ方がホールでの実演に近い。前後左右の広がりが見事に再現されている。主部に入ってからの弦楽群や木管群は終始柔らかい響き、そして金管群もあまり出しゃばらない。まるて古典的な交響曲のバランス。一方、決め所で現れるグランカッサやティンパニなどが左奥方向から強烈な一撃を響かせる。特に第二部の中盤以降の打楽器群は雄弁だ。
ダイナミズムはメータ&ロスアンジェルス盤より控え目だし、精緻な構成はブーレーズ&クリーヴランド盤に譲るだろう。この盤の魅力は何といってもACGOによる伝統的なオーケストラサウンドだ。コリン・デイヴィスがあまり個性を強く押し出すタイプでないことも奏功している。初演時には大騒ぎになったこの曲だが、この演奏を聴いていると、まったくもって古典的で、ヨーロッパの伝統の中にしっかり根付いているように感じられるから不思議だ。


スコアを眺めつつ聴くと、また一興。


バレエにはとんと縁がないのだが、この曲は一度舞踏を見てみたい。第二部の終曲



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フィリップス最盛期

私も大好きなコリンの祭典ですが、LPの方が良い音してます。CDは平面的で乾いて感動も浅くなりますね..

ヘボ-とは火の鳥、コンドラシンのシエラザ-トはタンノイで寝るの忘れて聴いてました。

この頃から欧州のオケも腕上げて来ましたね

Re: フィリップス最盛期

オーケストラに関しても70年代半ばから、今で言うグローバル化が始まったように感じますね。19世紀以来のオケの地域性が薄れ、レパートリー、指揮者、団員、それらがより広範にミックスされた結果、演奏技術も向上したのでしょう。一方で、お国訛りや単一のアイデンティティーは希薄になった…。
デッカ傘下に入って、今はもう見ることが出来なくなったフィリップスレーベルの、いかにもヨーロッパのホールの響き、とりわけコンセルトヘボウのそれは、貴重かつ素晴らしいものだと思います。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)