渡辺範彦(G)



きょうで二月も終わりだ。ここ十年ほど、うるう年のきょう2月29日になると思い出すことがある。
かつて嘱望されたギタリスト渡辺範彦が2004年のきょう亡くなった。たまたまその翌日、あるギター業界の関係者と会う用件があり、突然の訃報に互いに驚いたのを思い出す。あれから12年かあ…と思いつつ、今夜はこの盤を取り出した。


watanabe_norihiko.jpg  watanabe_norihiko_1968LIVE.jpg


渡辺範彦(1947-2004)の1968年4月東京文化会館でのライブを収録した盤で、1981年に日本コロンビアからリリースされたもの。収録曲は以下の通り。

 1. 魔笛の主題による変奏曲(ソル)
 2. リュート組曲第2番より;プレリュードとフーガ(バッハ)
 3. アストゥーリアス(アルベニス)
 4. 組曲イ短調(ポンセ)
 5. マドローニョス(トローバ)
 6. クリオロ風ワルツ(ラウロ)

渡辺範彦といえばぼくら世代のギター愛好家には説明不要のビッグネームだ。しかしその名前の大きさと実績に比べ、彼はおよそスター性や華やかなステージだけの存在からは最も遠いところにいた孤高のギタリストといってよい。この盤はそんな彼が翌年1969年にパリ国際コンクールで日本人として初めて優勝する前年の貴重な記録。そして完璧主義と言われた彼が弾き込んだお馴染みの曲が並ぶ。

針を落とす前までかつての記憶を頼りにもっと重厚な音を予想していたが、冒頭の<魔笛>から透明感あふれる音が、愛器;河野賢作のギターから軽やかにはじけるように響く。この当時に比べ現代ではソルにも様々なアプローチがあるが、60年代の後半の演奏としては異例なほど軽やかな演奏といえる。続くバッハのBWV997はニ短調にアレンジした版を使っているようで全体に響きが高音域に寄っていて、現代の耳には少々奇異に響く。この曲のプレリュードで渡辺はちょっとしたミスをしているが、それがこの盤で唯一のミスだ。この時代のギター演奏としては格別に技巧的完成度が高い。アルベニスもポンセもいたって誠実な演奏で、その音色と合せて楷書の趣きといってよい。中でも組曲イ短調の<サラバンド>で素晴らしく豊かな歌を聴かせてくれる。トローバのマドローニョスでは切れのいいタッチを駆使して、躍動感あふれる音楽を奏でている。

80年代初頭までテレビやステージで活動を重ねていた渡辺範彦であったが、次第にファンの目に触れる機会が少なくなり、また体調を崩したとも伝えられ、やがて2004年春、突然の訃報に触れることになる。享年56歳。多くのギターファンに惜しまれた晩年であり、急逝であった。その後かつてのいくつかの演奏が発掘あるいは復刻されCD化されたが、この盤はまだ復刻再発されていない。


この盤の音源を二つ。JBL4312から出る音をビデオカメラで録画した模様。
マドローニョス(トローバ)
https://youtu.be/7ENH6A-H5R4


組曲イ短調(ポンセ)からジーグ
https://youtu.be/XytISWMEaII



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

与太さん、聞いてください!
昨日、クラシックギターおたくな牧師仲間が我が家に遊びに来てくれたんですけど、帰りに彼所有のアントニオ・ラジャ・パルドのトーレスモデルを置いていってくれました。しばらく貸してくれるって。(^-^)v 横裏がウォルナットの変わり種でローズより柔らかい音がして昨日から気分アゲアゲです。このままくれないかな~。(笑)

No title

こんばんは。
昨日が渡辺範彦さんの命日とは知りませんでした。
早速自分も1枚だけ持っているLP(1967録音)を聴きました。
ソルのエチュードなど、やはりすばらしい音色と歌です。
NHKのギター教室、生徒さんより緊張していた様子など思い起こされました。
実演一度接してみたかったものです。

No title

 バッハのカンターはは、このBWV54をはじめとして、音楽の泉の宝庫と言えますね。私はリヒターのLPで全集を所有しているのですが、まだまだ半分も聴いていません。でも聴けば、どれもが旋律の面でもハーモニーの面でも素晴らしい。まだ聴いていない曲の中にも、もっと素晴らしい曲もあるはずです。
 渡辺範彦さんは、NHKのギター教室でも何度か講師で登場していましたね。話し方からして、「本当に真面目そうな、純朴な方」という印象でした。音楽は、誠実感溢れるとても素晴らしいものでした。音色も綺麗でした。このLPには思い出があります。どうしてもほしかったので、ヤフーオークションで落札したのですが、「してやられた」と言いましょうか、かなりの高額で落札させられてしまいました。おそらく、出品者の方が二つIDを持っていて、値のつり上げをはかったのです。終了時間が昼間だったので、私は「おそらくこんな高価な値では落札されないだろう」値段を入れておいたのです。そうしたら、ほぼその値で落札する結果となったのです。

Re: タイトルなし

みっちゃんさん、こんばんは。
それは楽しみですね。アントニオのオヤジさんの方ですね。一時期、購入候補の楽器でした。少し前に都内の店で、キズが多いから安くしておくというオファーがあって、グラッとしたことがありました。トーレスモデルが弾いたことありません。どんな具合でしょう。また、インプレッション教えてください。

Re: No title

FM大野さん、こんばんは。
そうそう、NHKTVのギター教室では、流麗な演奏とは裏腹に、何とも朴訥とした様子でした。現在もこの時期になると、かつての門下生や関係者によって、メモリアルコンサートが開かれているようです。存命なら円熟の時を迎えていたことでしょうね。

Re: No title

バルビさん、こんばんは。
バッハのカンタータは最近ようやく聴き始めたような状態です。200曲余、バッハのエッセンスというには膨大ですが、これを聴かずして、なんのバッハぞ、との思いを強くしています。宗教的基盤が皆無なのですが、教会暦に合せて、ぼちぼち聴き進めようと思っています。
渡辺範彦の同じ盤を手に入れたのですね。まあオークションなので、いろいろあるのでしょう。CD復刻されていない貴重な盤。お互い大切にしていきましょう。

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)