ジョン・ウィリアムス 日本デビュー盤



暖かい雨の月曜日。冬のコートをやめて、春から秋の雨降り仕様のコートで出勤。一日だらだらと降ったようだが、退勤した6時過ぎにはようやく雨もあがっていた。 帯状疱疹の発疹は増えも減りもせずの状態だが悪化はなく、痛みも痒みもあまり感じない。仕事も日常生活も問題なしだ。もうしばらくすれば回復に向かうだろう。 心身の休養が何よりとの処方箋を無視して夜半のブログ更新。以前も一度記事にしたこの盤を取り出した。


R0012273 (480x480)  R0012268 (480x480)


1963年キングレコード発売のジョン・ウィリアムスのLP。収録曲は以下の通り。トローバとポンセという、当時の盤としては中々玄人好みの選曲だろうか。

 ソナチネ、夜想曲、カスティリャ組曲(以上、トローバ)
 ワルツ、主題と変奏・終曲、12の前奏曲(以上、ポンセ)

ジョンというとCBS(コロンビア)のイメージがあるが、CBSと契約したのは1964年で、その前の初期の録音はウェストミンスター他から出されている。ジョンのファンサイトにあるディスコグラフィによればこの盤は1961年の録音で、彼の3枚目のアルバムにあたる。つい先日リリースされたボックスセットも、コロンビア及びCBSソニーでの録音を集めたもののようで、それ以前の初期の盤は含まれていないようだ。このキング盤はおそらく日本での最初のアルバムだろう。これも数年前長野への出張帰り、駅前書店で中古レコードフェアが開かれていて数枚を買い求め、出張カバンに詰め込んで持ち帰ったものの1枚だ。このレコードが出た1963年にジョンは初来日している。

クラシックギターを始めた70年代初頭の高校生の頃、ジョンの演奏がすこぶる気に入っていた時期がある。酔っ払ったようなセゴヴィアや妙なアーティキュレーションのイエペスに馴染めなかったのだ。正確無比できっちり型に収まる演奏という印象で、何よりもその正確さが十代にぼくには魅力だった。この盤はジョンの最も初期のものの一つで、セゴヴィアからプリンス・オブ・ギターの名を冠されていた時期だ。今聴くとさぞやつまらない演奏ではないかと予想しながら針を落としたのだが、見事に裏切られた。
トローバもポンセも、無論正確でおよそミステイクなどとは無縁の弾きっぷりだが、けっして味気ないという印象はない。少なくても当時よくあったラテン系奏者の拍節感のない歌いまわしより余程好感が持てる。普遍的なヨーロッパの音楽を感じさせる弾きぶりだ。録音当時の楽器が何だったか、フレタかアグアドか。録音された音は不要なエコーも少なく、ギターの素の音が聴こえてくるのだが、低音もたっぷりとし高音は妙な甘さはなくすっきりしている。当時寵愛を受けていたセゴヴィアからの影響も随所に感じられる。フレーズが切り替わったときの音色変化、和音の弾き方、ちょっとした見得の切り方など、セゴヴィアの録音を彷彿とさせる箇所かいくつかあった。もちろん音色そのものと音楽の拍節感がまったく違うので、全体の印象は対極にあるように感じる。

70年代までのジョンの盤は手元にいくつかあるが、80年代以降はぼく自身がギターから離れていたこともあってよく知らない。どうもあまりいい評判は聞かないのだが…。YouTubeにあったこの音源も再録後のものだろう。きょう聴いた60年代のレコードとはかなり印象が異なる。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)