ドヴォルザーク<チェコ組曲>



朝の雨が昼前には止み、続いて強風が吹き抜ける。低気圧通過で目まぐるしく天気が変わる一日。昼から外出。夕方、暗くなる前に帰宅した。先週の土曜日はインフルエンザで床に伏していたが、一週間たって、すっかり回復。さて夜更けの音盤タイム。春の宵に穏やかな管弦楽をと思い、こんな盤を取り出した。


R0012045.jpg  R0012047.jpg


以前にも一度取り上げたアンタル・ドラティ(1906-1988)指揮デトロイト交響楽団のコンビによるドヴォルザークの管弦楽曲集。1978年から1983年にかけての録音。収録曲は以下の通り。

 ・チェコ組曲 ニ長調 作品39
 ・プラハ・ワルツ
 ・弦楽のための夜想曲 ロ長調 作品40
 ・スラヴ狂詩曲 第3番 変イ長調 作品45
 ・アメリカ組曲 イ長調 作品98B

ドヴォルザークの管弦楽曲と言えば、スラヴ舞曲やいくつかの交響詩、弦楽のためのセレナーデなどが有名だ。この盤に収録されているチェコ組曲やアメリカ組曲は耳にすることは多くない。ぼくもこの盤を手に入れるまではまともに聴いたことがなかった。のだめカンタービレ(…かれこれ十年近く前のことになる)がヒットした際、劇中このチェコ組曲の中の第2曲ポルカが使われて有名になった経緯がある。そのポルカに限らず、チェコ組曲を構成する五つの曲ははいずれも親しみやすいメロディーと郷愁にあふれた曲想とを持ち、美しい。プラハ・ワルツは堂々とした立派なウィンナワルツだし、弦楽のための夜想曲も限りなく美しい。いずれも、もっと聴かれてもいいように思うがどうだろう。
オーケストラビルダーとして名高い職人指揮者:ドラティはいくつかのオーケストラの再興に尽力したが、デトロイト交響楽団もその一つ。メリハリのあるデッカの優秀録音も相まって、ロマンと郷愁に満ちたドヴォルザークを堪能できる好アルバムだ。


プラハ・ワルツ。指揮は同じドラティだが、オケはロイヤルフィル。


チェコ組曲;ポルカ


チェコ組曲全曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
私も「チェコ組曲」はTVドラマ「のだめカンタ-ビレ」で知ったクチで、
「綺麗な曲だ!」と思い、さっそくCDを買い求めました。
私が買ったのはヴィト指揮のナクソス盤です。

Re: No title

木曽のあばら屋さん、こんばんは。
チェコ組曲はずいぶん昔にFMで聴いた記憶がありましたが、再会して曲をはっきり認識したのは、私も<のだめカンタービレ>でした。折りよくドラティの録音がまとまってリリーズされ、その中にこの曲の盤を見つけて手に入れた次第です。メロディーメーカーとしてのドヴォルザークの良さが感じられる名曲ですよね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)