ポール・パレー 19世紀フランス名曲集



小雨降る暖かな月曜日。週明けからせっせと仕事に精出し、先週からの仕掛り仕事を夕方までに片付けてほぼ定時に退勤と相成った。帰宅後ひと息付いて、音盤棚を眺めつつ熱めの渋茶を一杯。こんな盤が目に留まって取り出した。


<シャブリエ>
Chabrier_1.jpg  Paul_Paray_French_Music.jpg


ポール・パレー(1886-1979)と彼の手兵だったデトロイト交響楽団による19世紀のフランス名曲集。タワーレコードの企画物<ビンテージシリーズ>の中のもの。収録曲は以下の通り。50年代後半から60年代初頭にかけての録音。そういえば、だいぶ前に一度記事に取り上げた。よって本日もまたその記事の再掲。

Disk1
 (1) 交響曲変ロ長調OP.20(ショーソン)
 (2) バレエ「ナムーナ」第1組曲(ラロ)
 (3) 歌劇「イスの王様」序曲(ラロ)
 (4) 歌劇「サムソンとデリラ」~バッカナール(サン=サーンス)
Disk2
 (1) 気まぐれなブーレ(シャブリエ)
 (2) 楽しい行進曲(シャブリエ)
 (3) 狂詩曲「スペイン」(シャブリエ)
 (4) 田園組曲(シャブリエ)
 (5) 歌劇「いやいやながらの王様」~ポーランドの祭り(シャブリエ)
 (6) 歌劇「グヴァンドリーヌ」序曲(シャブリエ)
 (7) 歌劇「いやいやながらの王様」~スラヴ舞曲(シャブリエ)
 (8) 交響詩「死の舞踏」Op.40(サン=サーンス)
 (9) 英雄行進曲OP.34(サン=サーンス)
 (10) フランス軍隊行進曲OP.60-4(サン=サーンス)

大手販売店の企画物だからそこそこのセールス成績を見通してのことだろうし、それほど奇抜な秘曲・珍曲のたぐいではもちろんない。にも関わらずここにリストされた曲のうちぼくが知っている曲は三分の一ほどしかなかった。作曲者名やその代表作はみな馴染みがあるにも関わらずだ。もともと独墺系楽曲に偏重しているぼく自身の嗜好もあってフランス音楽は馴染みがないというのが大きな理由だが、ベートーヴェンやブラームスの<同曲異演>盤を何組も聴き漁る前に、まだ知らない曲に耳を傾けなくてはいけないと痛感した。

ショーソン唯一の交響曲OP.20は以前FMで聴いたことがある。そのときの記憶はもう残っておらず、この盤であらためて聴き直した。第1楽章冒頭の憂愁かつ荘重なイントロダクションが印象的だ。主部に入るとフランス物という先入観をくつがえす厚い響きと構成。どこかフランクの交響曲ニ短調に通じる響きやワグナー「ラインの黄金」に似たフレーズがあるなあと感じていたら、ショーソンはフランクに学びワグナーにも傾倒してバイロイトへもよく通ったとWikipediaに書かれていて納得した。随所に魅力的なメロディーがあふれ、もっと演奏されてもいい曲だろう。
ラロのバレエ曲や序曲はこの盤で初めて聴いた。曲を聴いているとそのまま華やかな舞台をイメージできる楽しい曲だ。シャブリエは狂詩曲「スペイン」ばかり有名だが、この盤で取り上げられている田園組曲や他の序曲・小品はいずれもリズムの扱いが巧み、かつ色彩的なオーケストレーションが印象的だ。シャブリエ作品の中心をなすピアノ曲もまとめて聴いてみたくなる。

ぼくにとっては馴染みの薄いフランス物だが、以前記事に書いたピエール・デルヴォーの盤なども忘れた頃に取り出して聴いてみると、文句なしに美しく楽しい。理詰めて建造物を構築する感のあるドイツ物とは少々異なり、知覚した印象をそのまま音のパレットに広げたようなフランス物には独自の魅力があることはよく分かる。音盤棚にあふれる独墺系の盤を少し整理して、フランス物やイタリア物あるいは古楽に触手を伸ばそうかと考えてしまう。


この盤に入っているシャブリエ<気まぐれなブーレ>を指揮するポール・パレー。
オケはORTF(現フランス国立管弦楽団)


シャブリエ<田園組曲> ネーメ・ヤルヴィ指揮スイスロマンド管による音源。


シャブリエのピアノ曲<道化の行進>


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

シャブリエのピアノ曲を再生したら、動画にルノアールの男女がダンスしている油絵が出てきましたが、この白いドレスの女性は、ユトリロの母であり画家である、バラドンが、たしかモデルになっている絵だったと思います。おフランスの曲、ということでの採用だったのかしら。バラドンが好きなので思わずコメントしてしまいました。曲もなかなか良いですね。

Re: タイトルなし

nade45さん、こんばんは。
絵の素養もお有りなのですね。素晴らしい!ちょっとググッて見たらルノアール作のこの絵、「都会のダンス」という題名のようですね。この演奏が収録されているCDの曲にダンスミュージックが多いのかもしれません。もしピアノをお弾きになるようなら、以下のURLでソロ用の楽譜が見られます。
http://imslp.nl/imglnks/usimg/3/31/IMSLP13930-Chabrier_-_Pas_Redoubl____trans._Lacome_-_piano_2_hands_.pdf
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)