ギターもボチボチ



風薫る五月を前にはっきりしない天気が続く。幸い陽気は暑からず寒からずでまずまずの塩梅だ。
ところで最近、ギターねたの記事からご無沙汰で、ブログタイトルの半分はいつわり有りの状況だが、半端な時間を見つけてはボチボチ楽器にも触っている。昨晩も久々に19世紀ギターを取り出して、ひとしきり楽しんだ。最近弾くのはもっぱら古典期の小さな曲を多い。


DSCN1764 (480x480)  DSCN1772 (480x480)

DSCN1770 (480x480)  DSCN1765 (480x480)


19世紀古典期のギター曲を当時のオリジナル楽器で弾く楽しみ。その響きにはモダン楽器では味わえないものがある。現代の楽器と比べると絶対的な音量、音圧はもちろん小さい。しかし、それを補って余りある響きと反応の良さ、音の広がり、和音の調和は比類がない。ソルやジュリアーニをはじめ、マティエカ、ディアベリ、フォッサ、カルカッシなどが残した曲から技巧的にあまり無理のない曲を選んでポロポロと弾いて楽しむ。弦長610~630mmが標準だった当時の楽器に、当時と同じくらいの低めの張力の弦を張る。無理なく楽器全体が鳴り響き、まことに心地いい。弦は1年以上交換しておらず、低音の巻き弦はすでに輝きを失っているが、音は適度にエッジが取れて、むしろ好ましい。モダンギターもそうだが、ぼくの場合弦の交換頻度はとても低い。新品の弦に付きもののビーンビーンというメタリックな音を(しかも暴力的なタッチで弾いた音を)聴いていると、あれは楽器の音ではなく弦の音だと感じるからだ。極端な言い方をすると、金属バットでブッ叩いて音を出しているように感じる。そんなに無理しなくても楽器は鳴るはずだし、無理せずに鳴るところで留めておくべきだと、自戒を込めて思う。

弦をはじいた瞬間に音が立ち上がり、短めの余韻で消えていく。ギターの音にサステインの長さを求めたくなる気持ちは分かるが、ピアノ同様、発音のあとは減衰しかない楽器の特性をネガティブに捕らえる必要はなく、少なくても古典期のクラシカルな作曲家もそれを考慮して音符を並べているはずだ。物理的なサステインに関して、当時は部屋の響きがその役割を負っていただろう。音を切らずつなげて弾きなさいと、かつての教科書や指導者は主張した。しかしそのために無理な左手の運指を強いられ、結局音が切れてしまう。前後の音との関係とフレージングでいくらでもレガートな演奏は可能だろうと思う。まあ、ぼく自身が範を示せるわけではないので、説得力はないのだが…

デイヴィッド・スタロビンによる19世紀ギターの演奏。大曲と格闘する前に、音符の並びから言えば技巧的にさほど無理のないこうした曲を、フレージングとアーティキュレーションでレガートに聴かせる音楽性を大事にすべきだと、この演奏が教えてくれる。ソル、モリーノ、マティエカの小品。







随分前にノートPCの貧弱なマイクで録音した演奏。ソルのワルツOp.32-6。
冴えないにもほどがあるな…。いずれまた録音し直そう。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いいですねぇ。
人に聴かせる演奏もいいけど、プロの演奏家でなければ9割がた自分で楽しむために弾くわけで、音に浸れるってのは至高のひとときですよね~。
残念ながら私は古楽器を持ってないのでモダンギターで音に浸ることにします。(笑)

Re: タイトルなし

みっちゃんさん、こんばんは。ちょっと久しぶりですかね(^^
アマチュアの特権は自由気ままさにありますが、かといって大曲、難曲ばかりつついて、弾けねぇ~!と言っているのも程度問題ですね。技術的に無理のない曲を、センスよくイイ感じで弾けるようにしたいものです。
モダンギターももちろん好きですよ。テンション低めの弦にして、ピッチをA=415Hzくらいにすると、また違った感じになると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)