セゴヴィア モレノ・トローバ<スペインの城>



連休後半の三連休。曇り空ながら穏やかな休日だ。昼前に野暮用を終え、朝からほとんどカロリー消費もしていないが、昼ご飯でエネルギー注入。レコード聴いてカロリー消費が出来ればなあ…と、とんちんかんなことを考えつつ、久々にセゴヴィア(1893-1987)のLPを取り出した。


segovia_201605.jpg  segovia_201605_2.jpg

この印象的なジャケットの国内ビクター盤は70年代になってからセゴヴィアの新譜として発売された。A面にダウランドやヴァイスの編曲物が6曲。B面にはモレノ・トローバ(1891-1982)の「スペインの城」とグリークの編曲物が2曲収録されている。だいぶ前にも一度記事にしていたので再掲しておく。

この盤の聴き物はもちろんトローバの「スペインの城」だ。このトローバの録音は1969年で、セゴヴィアとしてはかなり遅い時期の録音。写真の右のCDは80年代後半にセゴヴィアのMCA録音をCDで復刻した「セゴビア・コレクション」のもので、曲の構成が国内盤LPと違っている。

トローバの曲はいずれも珠玉の名品ともいうべき歌にあふれる曲で、それを作曲者トローバから献呈された同世代のセゴヴィアが美しく歌い上げている。第1曲トゥレガーノや第3曲マンサナーレス・デル・レアールでは快活なテンポの曲想にあちこちに、ときどきキメのビブラートの効いたセゴヴィア・トーンが響き渡る。第2曲トリーハ(悲歌)や第4曲モンテマヨールは、ギターの特性を生かした音形やポジショニングととりながら、終始美しいメロディーが続く。
あらためてセゴヴィアの演奏を聴いてみると、若い頃には鼻について好感が持てなかったビブラートやポルタメントなど、19世紀的ロマンティシズムに寄った語り口が、何とも心地よく響く。テンポやアーティキュレーションなど、曲の解釈もいたって中庸で安心して聴ける。この曲は中級から上級にかけてのアマチュアギター弾きには格好の曲で、以前参加したmixi仲間による発表会でも何人かがトリーハやモンテマヨールを気持ち良さそうに弾いていた。


セゴヴィア壮年期の動画があったので貼っておく。曲はトローバの<ファンダンギーリョ>。


同じく<ファンガンギーリョ>。おそらく60年代終わり、1969年録音前後、70歳後半のものを思われる。<セゴヴィアタッチ>と切れのある技巧はまだまだ健在。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

セゴビアの偉大さは、ギタリストなら説明不要ですが、ウチでセゴビアをかけると、家族が必ず「この人、うまいわけ?なんか下手~。」って言います。
で、実はときどき私も同じ印象を抱くので言い返せないことがあります。(笑)
後代の演奏家に比べると、和音がブツ切れでレガートさに欠けるからだと思うのですが。
一応、家族には「このじいさんのおかげでギターが演奏できる曲が飛躍的に増えたんだぞ!」と言ってお茶を濁しています。(^_^;

Re: タイトルなし

ご家族の感想は実に正直ですね(^^
私もその昔はセゴヴィアの演奏のどこがいいの?と思い、もっぱら正確無比なジョン・ウィリアムスに傾倒していました。近年あらためてセゴヴィアの演奏に接し、やはりこれは一世代を築いたもの、音楽表現も理にかなっていると感じるようになりました。和音にレガートさ欠けるのも、もちろん技術的問題もあるでしょうが、同時に意図的に切ることで、もともと音が持続しないというギターの特性をカバーしているという側面もあるようです。以下のハイドンのメヌエットなどはその最たるものという気がします。⇒ https://youtu.be/Nm8extdBIZg 2分7秒過ぎからのトリオ部など、実に洒脱な表現で脱帽です。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)