チョイと宅録 ~続き~



きょうは先日の記事…チョイと宅録 カルカッシ<25の練習曲>から…の続編。
先週三曲をアップしたあと、少しずつ続きの録音にトライ。相変わらずろくな練習もせず、運指も場当たりの駆け付け三杯的演奏だがご容赦を。

Matteo_Carcassi.jpg


録音用のレコーダーはZOOM社の数年前のモデルQ2HDを使用。音質良好、画質はオマケというモデル。編集もせず、付属のソフトウェアが提供する安直なマスタリングとエコー付加のみ施している。残響レベルの調整も細かく出来ないので、やや過多の感があるが、まあ1万円ほどのオモチャでは文句も言えない。自分の演奏を録音してみるといろいろなことが分かってくる。弾きミスがあるのは仕方ないにしても、テンポ、強弱、フレージング等、自分では意を払っているつもりが、録音を聴くとまったく何をやっているか分からないことが多い。今回は練習曲なので、ほとんど淡々と弾き進めることだけにしようと留意。しかし聴いてみるともう少し意を払うべきだったと反省している。その前に単純な弾きミスを無くさないといけないが…

さて、きょうは以下の4曲をば。いずれも初級から中級へ向かう段階レベルのもの。さほど技巧的ではないが、イ長調・ニ長調というギターでよく使われる調性でのポジショニング、カデンツァ(和声の終止形)の確認に好適なピースかと。ギター愛好家諸氏には、以下の楽譜アーカイブを参照にトライのほどを。
(楽譜はこちら、スウェーデンのBoijeコレクションで⇒http://boije.statensmusikverk.se/ebibliotek/boije/pdf/Boije%2094.pdf


マッテオ・カルカッシ<25の練習曲>作品60
第3番イ長調


第10番ニ長調 後半の繰り返しが1回余分!(^^;  テンポも遅すぎる。


第13番イ長調


第14番ニ長調


以下は前回アップしたもの
第1番:https://youtu.be/HP5c5uVyjb0
第2番:https://youtu.be/UPSz2SrZNdQ
第12番:https://youtu.be/VFEUIGPl4vY


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お上手です。パチパチ~

年末も見据えつつ、数日前からタレガの「エンデチャとオレムス」を練習し始めました。と言っても今はまだ譜面読みと運指検討中。(汗)

本当はアラビア風奇想曲かマラッツに挑戦したいけど私の技術ではとても手に負えません。与太さんが練習曲をどんどん仕上げるのを見習って、シンプルで短いエンデチャとオレムスに取り組んでみることにした次第。
と言っても、エンデチャとオレムスでさえ難しくて弾けないんですけどね。(笑)
10年くらいかければ弾けるようになるかな~?クリスマスには間に合わないな~。

追伸:
ギターはオルディゲス?ハウザー?

Re: タイトルなし

みっちゃんさん、こんばんは。
おほめの言葉をいただき、リップサービスMAXではあってもうれしいです~ww
タレガの小品をどう弾くかは、考え出すをキリがありません。速めのテンポでサラッと弾きたいところですが、往々にしてくどい演歌になりがちですね(^^; 「エンデチャとオムレス」ぜひ聴かせて下さいな。十年は長すぎますよ。クリスマスがちょうどいいでしょう(^^

Re: タイトルなし

3番、10番、14番がオルディゲス(駒の高音弦側に白い弦止めがあります)。他はハウザーです。部屋の響き、レコーダーソフトの処理等あるので、楽器の個性はほとんどわからないと思います。ヤマハの量産ギターでも区別付かないかもしれません(^^;。そのうち音の比較を録音してみますね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)