カフェブロッサム 2016初夏



野暮用外出に引っ掛けて、隣県栃木山中のカフェブロッサムを再訪。先回初めて訪れたのが今年の一月末だからちょうど四ヶ月ぶり。築三十年のヴィンテージ&アンティークなログハウス周辺はまばゆいばかりの新緑。わずかに木立をゆする風と鳥たちのさえずりだけが響く。


DSCN4912 (640x480)  DSCN4910 (640x480)

DSCN4920 (640x480)  DSCN4906 (640x480)


11時半に予約をして現地着。気持ちのよいテラス席に座る。きょうは看板メニューの一つ、ローストビーフを注文。肉は朝から火を入れた暖炉ですでに程よく焼き上がり、地場産野菜とパンをシンプルに塩・胡椒とオリーブオイルで食していると、待つまでも無く供される。赤身の肉は柔らかくジューシー。野趣にあふれながらもどこか洗練もされていて美味。さっぱりとしたソースの塩梅が絶妙で、ハーフポンドは難なく腹に収まる。


DSCN4923 (640x481)  DSCN4926 (640x479)

DSCN4925 (640x480)  DSCN4913 (640x480)


貿易商を営んでいたという白い髭をたくわえた70代店主は、まるで物語から飛び出して来た様。分別臭いことは言わず、フレンドリーかつ品よく会話の相手をしてくれる。インターネット黎明期を思わせる手作り感MAXのホームページはこちら。佐野アウトレットツアー、日光散策の前後にでもどうぞ…とのこと。
アウトドア派、ログハウス好き、ターシャ・チューダー派やナチュラリストなど、関東一円在住なら一度は訪れる価値有りかと。但し、アクセスは車必須です。次回は錦秋の頃にせひまた。


店の紹介動画。

Cafe Blossom in HIKOMA from nostos-algia on Vimeo.



こちらも



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)